ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

カテゴリ: らくがき

jtc17vpics01-29
黒澤世莉です。

まー、ほんと、碌なことがない日ってのはある。
誰が悪いってことでもなく、自分の感じ方だからね。クソだぜ。

でまあ、クソだぜ、てのは認めたほうがいいと思う。

「誰も悪くない。前向きに明るくいなきゃ!」みたいなことがんばると、それが強迫観念になりかねん。ポジティブな自分に、クソッタレだぜって自分が追い詰められる。

いやいや。クソがって思った時点で、もうクソがって思っちゃってるからね。思っちゃったところから聖人君子のやうに振る舞うのは無理がある。

「なんだよクソったれみたいに攻撃的にならなきゃいけないのか!?」

まあ落ち着けよボブ。そうは言ってないんだぜ。クソったれだぜって思っちゃう自分、を認めようってことね。

でね、クソったれめって思う自分をちゃんと認めてあげる。これが意外と難しい。誰かを攻撃するか、自分を責めるかして、自分と向かい合うことを避けようとするんだよね、わたしたちは。なんでか。

自分を認めることとか、自分と向かい合うってのは、習慣にしないとなかなかできないもんなんだろうね。

そいで、まずクソったれめって思っちゃう自分を認識して承認すると。その上で、そう思っちゃう自分や一日を愛せるといいよね。

生きてないと、傷つくことも怒ることも出来ない。生きてるだけで丸儲け。悲しみや怒り、辛さや痛み、孤独や寂しさ、死んだら全部無。

生きているから味わえる。

写真は時間堂『三人姉妹』ラストより。

明日はいいことあるよ。おやすみなさい。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170118_160631_BF
自力でがんばった黒澤世莉です。

基本的に、引越しは引越し屋に頼んだほうがいいと思います。前回のブログで植竹さんに頼ったことを書きましたが、今回の引越しは二人でやりました。

荷物が少ない場合、男性二人でふたりとも免許持ってるコンビなら、いいと思います。それ以外ならプロに頼むほうが無難。多少お金かかっても、何日もそれのために準備したり、素人に頼んで荷物が痛むようなことが起きるより、ずっとマシ。

友だちに頭を下げるより、一週間真面目に働いたお賃金で引越し屋さんを雇いましょう。人生にまつわる大抵の出来事は、プロに頼んだほうが効率いいものです。

とはいえ、一人で2時間とかで終わるなーとか、引越し屋を頼むには変則的だなーっていう場合は、また話が違ってきます。

「荷物が少ないってお前どんだけ少ないんだよ」というあなた。いいところに気が付きましたね。最初の写真が、私がうちから運び出した荷物の量です。車両はキャラバン。

私の持ち物にこれらは含まれません。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ、ガスコンロ、タンス、本棚、ベッド、ダイニングテーブル

こういったものが一切ないなら、業者頼まなくてもいいんじゃないかなー。

どうやって生活していたのかって? 工夫してですよ。現代なんとかなるものです。自炊しないでコインランドリー使えば、冷蔵庫ガスコンロ洗濯機電子レンジのたぐいはいらないし。とか、そういうもろもろ。割り切りです

「っていいながら冷蔵庫写ってるじゃん」

というあなた。目ざとい。めざとすぎる。これは引越しを機に譲り受けたものなんですねー。

というわけで、次回はどうやって引越のときに家具を手に入れたり処分したりしたらいいのか
、てところいきましょうか。ヒントはこちら。








物を捨てるのもお金がかかるご時世ですからねえ。ではではみなさま、また会いましょう。





____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

43
頭の中は引っ越しのことで一杯、黒澤世莉です。とあるよく晴れた日に引越し第一弾が終わりまして、どうやら新居に移る、という事象が事実として確認されました。

なんでこんなまだるっこしい書き方をしているのかというと「君に決めた!」て思っても「あれ、引っ越せない?」てことが続いたので、すっかり疑心暗鬼になっていたのですねえ。

上の図面はAdobe Illustratorで図面が引けるよね家具の配置考えるのに便利だよね、て書いた記事の画像ですが、この物件には引っ越せませんでした。

ふつう、物件が空いてて、不動産屋に希望出せば、たいてい引っ越せるもんだと思ってたからびっくりしたよ。。。しかもたぶん収入の問題ではない。だって、結局決まった物件は一番高いところだから。

まあそういうわけで、今一番黒澤世莉が興味関心が高い、引越し&セルフリノベに関して連載をはじめることにしました。

え、興味ない? でも書く。いつか誰かの役に立つと願って。。。

というわけで、初回。

[引越狂想曲2017:01]お気に入りの物件の上手な探し方

小学生の頃から新聞の不動産の折込広告を愛読しているマドリストこと黒澤世莉です。が、ふつうそんなに興味ないよね。。。

今回わたしが申請して通らなかった物件は

(1)30,000円:千歳烏山徒歩5分鉄筋マンション3階30平米風呂トイレ別リフォーム自由(定期借家2年)
(2)55,000円:下北沢徒歩3分鉄筋マンション1階30平米風呂トイレ同一2面採光(定期借家2年)


という愉快な物件です。まあそういう愉快な物件だから通らなかったっつうこともあるんでしょうが。ちなみに引越し元で大変気に入っている雑司が谷のおうちは

35,000円:雑司が谷徒歩3分木造アパート1階16平米トイレ・シャワー共同(かつて手塚治虫先生が住んでた)

ていうところで、鬼子母神の参道にあり、観光客が写真撮っていくようなところでした。

わたしほんとに雑司ヶ谷が好きでした。参道は空気が良いし、池袋まで歩いて行けるし、静かだし。

でも、職場の近くに住もう、てことと、生活を変えよう2016、ていう課題の一つに「住む場所を変える」てテーマがあったので、引っ越すことにしました。

演出バンバンやろうと思うと、池袋新宿渋谷にアクセス良好な雑司が谷は便利なんだけど、観劇三昧じっくり取り組むなら、下北沢がいいよね、みたいな。(自転車感覚)

さて。古くは十色庵というスタジオを見つけたのも同じ方法なので、相場より安いとか広いとかいう物件、奇妙な物件を探し出すコツを公開しましょう。

(1)時間をかける
(2)プッシュ通知にする
(3)これは!と思ったら冷やかしでも動く

(1)時間をかける

「あの、今月引っ越したいス。。。」

とか言われても協力できることは少ないです。運がよければ出会えるよ。
「引越ししようかな」くらいの気持ちの頃から「予算」「地域」「広さ」その他諸条件(駅チカとか、鉄筋とか、バストイレ別とか、2階以上とか)をイメージしておく。そして、とりあえず探してみる。探しているうちに相場観が分かってくるので「あ、これならオトクだな」とか「これはそれほどでもないや」とか知見が溜まっていく。

今回の場合、わたし去年の春先くらいから、ぼんやり探し始めました。それほど時間はなかったので、プッシュ情報を流し観るくらいでしたが、おかげでシモキタ近隣の相場観がつかめていった感じです。

もともとは、シモキタから自転車で30分圏内(これは結構な距離である)で探したんだけど、雨降ったら面倒だな、とか、どうせなら多少高くても近くしよう、とか、いろいろ考えが変わってきたところはあります。

なので、最終的に決めた物件は、やや高く、やや狭くはなりました。でも、相場より全然オトクであるという確信はあったので、決断もスムーズでした。決断のためには情報が多いほうが楽です。リサーチ
大事。

(2)プッシュ通知にする

「リサーチとか面倒いし」

ですよねー。わたし好きですけど嫌いな人多いですよね。不動産やサイトも一杯有りますしね。どれ選べばいいねん、てなりますよね。わたしは一個に絞ってます。

不動産・住宅情報サイトHOME'S>賃貸>東京都>東京都の賃貸 物件一覧
http://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/list/

なんでこれかっていうと、他使ったこと無いからです。スーモとかat homeとかあるけど、どうなんでしょうね。私はコレで事足りてます。

で、このサイトの大事なところは、自分の理想の条件を入れて、プッシュ通知が来るのを放って待つことです。

いちいち見なくていいよ。メールで教えてくれるから。

そのメールが、月に一度も来なかったら、条件を緩めましょう。値段を上げるか、広さを狭めるか。何週間かそれを繰り返せば、相場が見えてきます。そうしていると、なには妥協できてなには譲れないか、自分でみえてきます。

他のサイト使う必要はないと思うけどね。おすすめとか特徴があったら教えてください。

「え、しらべるの結構好きだよ」というかたは、こちらも使って。

東京R不動産
https://www.realtokyoestate.co.jp/

雑司が谷の家はここで見つけました。物件マニアにはたまらんサイトです。
ここもメルマガだけ読んでりゃいいと思うよ。

(3)これは!と思ったら冷やかしでも動く
で、メールで来るプッシュ通知が来ます。そしたら、まだお金溜まってないとか、時期じゃないなと思っても、とりあえず動いてみること。不動産屋が信用できるかとか、見てみたらコレジャナイ感あったとか、きっと色々あると思います。

一発で恋におちたら、なんか、色々頑張って突っ走ればいいよ。

引越しは時間もお金もかかるから、不用意に動かないほうがいいけど、でも結局、実際身体で体験しないとわからないこと遠いからね。

共有スペースの清潔さとか。

駅からの距離とか。

そのまちの雰囲気とか。

近隣の物音とか。

お部屋の設備とか。

30平米バストイレ別だけど、エアコンもガスコンロもない家もあれば。

28平米なのにIH+エアコン2台、でも風呂桶なしのシャワーブース、そして収納はないけどドレッサーはある、ていう奇妙な物件もありますから。まそれがわたしの新居です。

P_20170119_081930
まだ家具がない。

というわけで、次回は「家電がないなら人から貰えばいいじゃない」「収納がないなら自分で作ればいいじゃない」お楽しみにー。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

盛りだくさんの一週間の黒澤世莉です。

P_20170116_201246
月曜→時間堂最終公演『ローザ』振り返りの会
P_20170117_190545
火曜→時間堂『ゾーヤ・ペーリツのアパート』関係者による秋月準也さん祝賀会
P_20170119_081930
水曜→引越し
P_20170120_233705_BF
金曜→観劇三昧下北沢店グランドオープンイベント・懇親会

いや、なにもこんなにまとめなくていいんだよイベント
って思いました。こんだけボリューム感のある催し物、月イチだって十分大変だよ。一週間でまとめるもんじゃないよ。

それだけ、2016年、とくに12月はがんばってたってことでしょうねえ。。。みなさまご迷惑をおかけしました、たくさんのカバーリングありがとうございました。お世話になりました。楽しかったです。

この中で引越しはまあ、ごく個人的なことなので、この先は関係なくなります。

時間堂のうんぬんや、秋月さんの受賞や、下北沢店のオープンを通じて感じたことがあります。

もちろん、わたし自身もうれしいです。これらの出来事が。

でも、正直、過ぎ去ったことは、過ぎ去ったこと、になっちゃうんですよね。わたくし。だから、みんなが喜んでるほどはワーワーってなってない。

P_20170117_221201
でも、喜んでるみんなを見ているのは、とても喜ばしいことだなあ、うれしいなあ、しあわせだなあ、て思います。

だから、今週はいい夜だな、て思いました。

P_20170121_000514
こんなにしあわせなよるはそうそうない、てことが、たくさんたくさんあった今週は。

P_20170102_101853
感謝、感謝、感謝。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

IMG_20161202_142612_2
写真は福井学さん、無許可掲載の黒澤世莉です。だって「僕はパブリックドメインです」て言ってはるからさ。

半年くらい一緒にいてて、あんまり福井さんについて書いてないなと思ったので、書きます。

この写真はCCC賞をもらったときの写真です。CCC賞の細かいことはリンク先読んで。

CCC賞をもらったからすごいんじゃないんです。順番が逆です。すごいからCCC賞もらったんです。本人は「みなさんの支えがあって」とか言ってますけど、いくら支えられたって、本人がそれに応えられないことにはうまくいくものもいきません。

なんか小さいし、ニコニコしてるし、物腰やわらかだから、すごそうに見せないんですよね。

かくいう私も、最初から「学すげー」て思ってたわけじゃないです。4年前かな、大阪ツアーに行ったとき、インディペンデントシアター支配人「時間堂の本部長」こと相内唯史さんに「面白い人いるから行ってみたら? 隣だし」て言われたのがきっかけでした。

相内さんには全国ツアーのきっかけといい、ほんとにいろんな転機をいただいてるな。今度ビールおごらせてください。

で、ほんとに隣のビルに「え、こんなエログッズ売ってる雑居ビルに演劇のお店があるの?」と思いつつ、当時の観劇三昧にご挨拶に伺ったのがきっかけ。

そのときの私は「演劇の動画配信、儲からないだろうな。。。」て思いながら、福井さんのお話を伺ってました。でも、このひと信頼できそうだし、リスクはなさそうだし、動画配信してみるか、て思った。それで時間堂の作品の配信をはじめたわけです。

20年くらい演劇をやってると「演劇の力になりたいんです」っていう、一般の方のお話を伺う機会がたまーにあります。熱く語ってくださって、それはありがたいんですけど、たいてい短期間で冷めちゃうんですよね。

冷めちゃう理由はいろいろあると思うんです。よく冗談めかして儲からないからねえ、とか言いますけど、儲かる儲からないじゃない部分の要因も結構根深くある、と思ってます。

私が最初に「福井さん、実はすごいんじゃないか」て思ったのは、演劇に関わって三年経って、冷めるどころか会社を大きくしていた、て実績を聞いたときです。

あんまりそういう話を聞いたことがなかったので、正直驚きました。「どうやらすごいひとなんだろうな」て思って、それでまあ、なんか、いつのまにか福井さんの会社にお世話になることになった。

そうなるなんて4年前の私は想像もしてなかったよ。

演劇人と演劇好きの社長から、社員と社長の立場になって半年経ちました。そこで認識が変わっていったわけです。「どうやらすごいひとなんだろうな」から「すげえな福井さん」に。

頭がいいとか、情報を得て、それを読む力があるとか、お金を生む仕組みが作れるとか、そういう色々な部分があるんですけど。一番すげえなって感じるのは、「このひと演劇すげえ好きだな」てとこです。

正直な話、私は今、演劇に対して疲れちゃっているので、福井さんの情熱がまぶしいなって思いながら働いてます。でも、すこやかですよ、一緒に働いてて、へんなおためごかしがなくって、理念に向かって一直線だから。企業理念に向かって経営者自信が一心不乱に邁進してる会社って、実は少ないと思うので。

「表現者の未来をつくる」って、本気で思ってんだな福井さん、すげえな。そんで、それをやるために情熱を継続してる、てのが、なによりすげえなポイントです。

いくらわたしが書いたって、実際会ってみないとわかんないと思うので、機会があったら福井学と会ってみてください。探すと結構、色んな所にいるので。

直近だと、明日1/20金、観劇三昧下北沢店の、オープニングレセブションで喋ります。同じく熱い男、アマヤドリの広田淳一さんとトークします。イベント自体は色々企画があるんですけど、わたしはここで、福井さんが何を喋るのか、それに広田さんがどう応えるのかを、一番楽しみにしてます。

参加費無料で、予約もいりません。お酒もジュースも出ます。遊びに来てください。

観劇三昧というサービスはピンとこないなー、ていうひとにこそ、福井さんがどんな人物なのか、その目で見てほしいなって思うよ。

いつもは社内の人間は敬称略で書きますが、今回はあえて社員と経営者ではなく、同じ人間として書きました。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170116_232148
チキンティッカマサラと黒澤世莉です。

もう一度、世界を信じてみようと思った話を書きます。

自分を愛さないといけないなとか、自分を信じないといけないなとか、他人と対等にしたいなとか、思ってたんですけど。

そういうことの前、というか前提に、世界を信じていないとな、て思いました。

世界はどうせ過酷で、残酷で、いいことばかりじゃない。

それはそれで事実だし真実だけど、その面ばかりに焦点を絞ってしまいがち、だったんじゃないかなと思って。

いいことばかりじゃないけど、わるいことばかりでもない。

バイ・ブルーハーツ。

世界は優しさで出来ている、て言ったら言い過ぎだけど。

クソッタレな世界でも、信じてみようと思った。

信じるに足る、と思った。

信じるに足る、と思えて、良かった。

ていう、最近思ったことの、お話。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170110_144056
黒澤世莉です。

この記事が気になったのでブログを書きます。

相手の「事実」が間違っている時に争いを起こさず平和的に納得させるポイント
http://gigazine.net/news/20170112-how-to-convince-someone-fact-fail/

タイトル通りの趣旨としては
例え本当に誤っていることであっても誰かが信じる「事実」を否定する時は、「指摘が世界観を脅かすものではない」ということを示す必要があります。このことと自身の経験から、シェルマー氏は相手の間違いを指摘する時の以下の6つのポイントを挙げています。
てことを書いています。

わたしが興味を持ったのは、どうしたら間違った事実を訂正できるか、て部分よりも、人間は「自分の世界観が脅かされている」と感じることがとても嫌なんだ、てことです。

もちろん自分も心当たりがあります。自分の好きな情報にばかり接しているというバイアスはあります。自分の意見に合う意見ばかりに出会っている自覚もあります。

先日、ロミロミマッサージをやってくれたNさん(ちなみにモニター募集中ですよ、修行中なので無料でやってくれます、興味ある人はメッセージください、紹介します)が、笑い話でこんなことを聞かせてくれました。

「陰謀論にハマっちゃってた時期は、陰謀論ばっかり引いてくるんだよねー」

認知バイアスのない人間、てのはいない。そうなったたとき、他人にどう接するかってことより、自分自身のこの認知バイアス、「自分の世界観が脅かされている」て思っちゃう病、とどう付き合うのか、てのに興味が湧いたわけです。

つまるところ、自分をフラットに保つ、とか、自分を危険で不安定な場所に置く、みたいな考え方なんだろうな、と思います。

具体的に、どう行動や生活に落とし込むと、そうあれるのか、はぼんやりしてるんですけども。

そうなっちゃう他人にどう働きかけるか、より、そうなっちゃう自分はどうそうならないように出来るか、に興味が湧いたよ、てはなしでした。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

20
引越しに夢中な黒澤世莉です。

画像は、インターネット回線を申し込もうと入力しているときのエラー。「全角で入力してください」という場所に全角で数字、ハイフンを記入しているの図

え、なにがエラーなの?

不満その1
全角で入力してる。ハイフンが長音やアンダーバーになっていないか、余計なスペースが無いか、数字は全部全角か確認したよ

不満その2
そもそもフォーム入力はオートレフィルにしなさい。半角を全角に直すとかマジ時間泥棒

というわけで大いに不満だし契約できないし、困りましたね。ブロードバンド回線の開通を電話でするとか、マジナンセンスだと思います。

さて。今日書きたいことはそういうシステム上の不備に対する不満ではないです。知らない人は損をするなあ、て思った話。

世の中の買い物全部、知ってりゃ払わないで済む余計なお金ってものがあるな、て思った話。

意味のある高級品、てのもあると思います。安い高速バスと、新幹線のグリーン車じゃ、同じ距離の移動でも値段分の差異はあるでしょう。それはまっとうです。

また、同じ品物を買うんでも、百貨店で商品知識の豊富な店員さんにくわしく聞いて買うものと、同じ品物でもノーサポートでAmazonで買う。ここの価格差はね、意味があると思います。

でもねえ。ケータイ電話とかインターネットとかって、同じ品質のものが、情報のある無しでスゲー差がでる。まさにぼったくり状態。

無知だからぼったくられても仕方ないよね、ていう商売はねえ。やってる側もくたびれるんじゃないかと思うんだがねえ。どうだろうか。

わたしたぶん、平均的な日本人よりそういうことの知識がちょっとあるので、結構オトクに生きてると思います。でも、他のことではぼったくられてんだろうな、とも思います。

し、そんなことで損をしないようにいろいろ調べる、てのが、もう人生の時間の無駄。そういう時間を溝に捨てるような真似をしないような、人生のコンシェルジュサービスがあったら儲かるんじゃないだろうか。

あ、それがIT革命か。

先月、携帯電話をauからsoftbank+MVNOの楽天モバイルに変えたら、電話料金がカケホーダイで9,000円から3,000円になりました。スマホをDSDS(ディアルシムデュアルスタンバイ)にしたり、ソフトバンクのガラスマnano simのプランを選んだり、とか、いろいろ知ってないとできないことがあるので、誰にでもオススメできる作戦じゃない。でも知ってれば月6,000円、年間72,000円得する。海外旅行行ける、

ひどいなーと思ったのが、家のインターネット。まず、定価で契約するやつはバカシステムになってる。ちょっと調べると、キャッシュバックやら割引やらが出てくるけど、表玄関から契約すると、全く同じ品質の回線が年間で何万円も割高になる。

しかも、お年寄りだったら、あれよあれよと余分な追加サービスを進められて、ほいほいOKしちゃうんだろうと思う。やれセキュリティだやれサポートだやれタブレットだ。いらないもののオンパレード。

ひでえなー、て思いました。

一方で、世の中の商売半分くらいそんなアコギなもんなだうなー、て思います。

薄利多売でヒーヒーいってるとこもあれば、濡れ手に粟で大儲けしてる連中もいる。金融商品とか保険とかもね。

でも多分、ダメな稼ぎ方は自分自身を幸せにしないと思う。商売は相手の幸せがないと、いい流れに乗れないと思う。一瞬は儲かっても、その儲けはあぶく銭として消えていくんだと思う。

だから、目先の金に惑わされてアコギな商売するみたいな短期的なものの考え方をさせずに、相手を幸せにしたら、自然と自分の商売も上向くだろ、ていう世界の仕組みを広めたい。

そういう、お金との付き合い方を学ぶ、みたいなことはこどものころからやったほうがいいんだろうなー。

全ての情報にたいして強者になることは不可能だ、よほどそういう調査が好きな変わった人を除いては。だから、お金は信用できるひとに使ったほうがいい、て単純なことを思った。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

43
なんだかんだで20年くらい使ってる黒澤世莉です。

引越しのとき便利だという話を書きます。Adobe Illustratorが。

その一:入居申込書類を書くとき
いまどき、不動産屋さんも、お願いすればPDFで申し込み書類をくれますね。
で、それをプリントアウトしてスキャンして返す、でもいける。けど、イラレがあればPDFそのまま編集できちゃう。プリントレス。紙不要。地球にやさしいね。

実は手書きのほうが早い疑惑もあるにはあるんだが、PC一台で完結出来るのはやっぱり便利よね。

その二:間取りを考えたいとき
引越しも旅行も、それを考えてる、計画しているときが一番ウキウキワクワクだったりしますよね。

ベッドを大きくしよう、とか
コルビジェのソファ置こう、とか
あんな家具置こうこんな家具置こう、とか。

で、実際はいんの? そんな豪邸じゃないよ? て場合がままあると思うのですが、そんなあなた、イラレで間取り図作っちゃいなよ。

間取り図を描くのに便利なaiデータをご用意いたしました!!!:NORI-BEN
http://nori-ben.hatenablog.com/entry/2014/01/28/234506

こんな神様みたいなデータを作ってくださる方もいらっしゃいます。これならメジャーで図った寸法を、5で割ってpxにすればいいから楽勝ですね。

これで、ダブルベッド買ったものの入らない、とか、そんな悲劇とはおさらばです。さらに、オブジェクトを動かすことで、間取りをあーでもない、こーでもないと考えることが出来ます。

審査が通って荷物を運ぶまでのひととき、イラレで楽しく引越し準備しちゃいましょう。




____________________おしらせ____________________

「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170105_094419
眠いか眠くないかで言ったら眠い黒澤世莉です。

新居を探しています。
昨年11月に見つけた、千歳烏山3万円リノベーション可のマンションは音信不通になりました。

物件と管理会社さんと不動産屋さんを晒し上げしてやろうかとも思いましたが、ま、いいです。得にもならないので。レビューサイトで辛口な点でもつけておくに留めておきます。怒ってないから、これからいい仕事してほしいものです。

2016年は、観劇三昧下北沢店のプレオープンに向けても、紆余曲折がありました。そういう年だったんでしょうね。2017年は、不動産運のいい年でありますように。

おみくじは凶でした。ぞうさくよろしからずや。やうつりに言及はないから、まあいいかな。

というわけでふりだしに戻るです。

P_20170106_152312
よさそうな物件を探し回る日々。できれば安く抑えたいけど、ねえ。

Illustratorが大活躍してます。
・PDF書類に記入→PDF化して返送
・図面作成→家具をオブジェクト化して配置。

などなど。エロくない意味で大人のおもちゃです。

今住んでいる雑司が谷は大変気に入ってます。よほどの理由がない限り離れなくていいなと思っています。でも、下北沢徒歩20分自転車5分に、あらためてなかなかいい物件が見つかったので、やっぱり引っ越そうかなとも思ってます。

3万円とか破格じゃないです。むしろ今より家賃が倍になります。

去年から収入が倍になったわけじゃないから、そんなとこに引っ越すのはどうなんだ、て思わないでもない。お金節約しないとどうすんだと。ただ、ここで一個の考え方の角度を変えてみた。

雑司が谷から下北沢までは、電車でも自転車でも40分くらいかかります。往復で80分。
これが引っ越せば、自転車で往復20分くらいになります。

月に20回出勤するとしたら、20時間の節約になります。

一ヶ月に20時間得るために、いくらまで支払えるのか、て考えました。1時間2,000円なら4万円。3,000円なら6万円。

さらに、今の家より、広くなって設備が良いのなら、それは今の倍の家賃を払う価値があるんじゃないかな、て思ったです。

また決まったら改めてどんなところかお伝えしますわ。

ちなみに、このブログに掲載した図面は、いいなーって思ったけどスルーした物件です。もっといいところを見つけたのだよ。

「え、わたし40平米のワンルーム下北沢徒歩10分に持ってるけど、5万円でいいわよ」ていう親切な方がいらっしゃったら手のひら返してひれ伏しますので、ご連絡くださーい。




____________________おしらせ____________________

「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

↑このページのトップヘ