ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

カテゴリ: 演劇

P_20170221_204639
ひさしぶりに台本で稽古をした黒澤世莉です。

っつって、最後の公演が去年の12月30日だったから、まだ2ヶ月たってないんだけどね。去年10公演やってたから、2ヶ月空くだけで新鮮。

稽古はこちらです。

世莉さんといっしょ
https://serisanto.tumblr.com/

大阪で時間堂公演やワークショップを通じて出会った方々が、公演やりましょうって集まってくれました。6月の公演に向けて稽古してます。

わたくし東京在住ですので、月一回こつこつ稽古を重ねてます。わたしがいないときも、みんなで集まってやってくれてます。そういうときは世莉さんがいない、世莉さんといっしょです。

不在はときとして存在よりも雄弁である。

あ、いい事っぽいことを書きたかっただけです。意味はありません。

さて、稽古のことを書きましょう。世莉さんといっしょに、世莉さんいっしょしました。

作家鎌谷潤吉さんの台本を『あまりの絆のなさに』を読んだりしました。

その前には、出演者のみんなで、過去の部屋に戻ってみたりしました。

出演者が揃わなかったんですが、出演者も出演しない方も、チャーミングで楽しかったです。

過去の部屋に戻ってみたり、前回の稽古で家族のエピソードを演劇にしたりして、つくづく思います。

ありきたりの家族なんてないし、ありきたりに観える家族でも、ドラマチックで共感できるエピソードはたくさんある。

チーム全員で、そういう家族の悲喜こもごもを、客席全体と共感し合うような作品に出来るといいなあ、て思いました。

そんで、出来そうだなって思いました。

俳優さんたちのパワフルさも増していますので、6月までにシンプルでインテンシティの高い、バンバンパスが回るバルサみたいな演劇をしたいと思います。意味不明ですね。ごめんなさい。

来月も楽しみです。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ2/20,21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52397683.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170220_141932
黒澤世莉です。

2月の大阪ワークショップも3コマ無事に終了しました。一時は開催を危ぶまれましたが、みなさまの拡散のお陰で無事に開催されました。ありがとうございました。

アドバンストクラスという、俳優クラスに何回か来た方向けのクラスがあります。今回は二人での開催だったのですが「マンツーマンみたいでめっちゃお得感あった」と言っていただけたことが印象に残ってます。

人数が少ないと、少ない良さが出ますよねえ。多くて賑やかなのもうれしいですが、色んなクラスがあっていいなって思いました。

3月もtocotocoしょうとくりぃむと僕らの陰謀共催ワークショップがありますので、興味があったらお越しください。

【黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ 2017年3月大阪&公開稽古】
https://www.facebook.com/events/256338544791779/
昨年より定期的に開催してきた俳優ワークショップ。今年は作品創りにまで結びつけたくて、オーディションで選ばれたメンバーと6月に公演をさせていただくことになりました。
黒澤さんと半年かけて稽古をするに伴い1~6月の毎月ワークショップの開催と稽古の公開をいたします!
今年に入ってもう3回目。毎回初めての方が何人も参加してくれてます。今まで迷っていた方もぜひご参加ください!リピートの方も!またお会いできるのを楽しみにしています。   tocotocoしょうとくりぃむ

★公開稽古
日 時:3月21日(火)18:00〜21:00  
場 所:天王寺区民センターチャレンジスペース
定 員:10名 
費 用:500円(昨年10月のカゲキオーディションを受けた方は無料)
申 込:お名前を明記し右記のアドレスにメールを送ってください。 アドレス:tocotocodayo@gmail.com
ホームページも見てね→https://serisanto.tumblr.com/

★ワークショップ
■日 程
3月21日(火)14:00〜17:00 俳優クラス   
※俳優クラス → 俳優として舞台に立ったことのある人、もしくは俳優志望(学生参加可)
※終了時間はやや延びる可能性があります。受講後にご予定のある方はあらかじめご相談ください。

■定 員:12名(先着順)
■参加費:2,500円 
■応募方法:タイトルを「3月大阪WS」としてE-mailにてお申し込みください。
【1】参加希望コース 
【2】お名前(ふりがな)
【3】この案内を知った媒体(〇〇さんのTwitterなど)
【4】年齢【5】性別【6】電話番号【7】メールアドレス【8】住所【9】備考(演技経験、健康状態等)
 ※2016年以降、tocotoco主催WSを受講された方は、【1】【2】【3】と変更箇所のみお送りください

■応募先:ws@tocotoco.biz

◆お申し込み後、4日以上経過しても返信がない場合、通信事故が考えられますので、お手数ですが再度お問合せください。
◆応募後、「ws@tocotoco.biz」より自動返信メールがあり、参加受付となります。定員となっていた場合や、直前にご案内する事があれば「tocotocodayo@gmail.com」よりご連絡いたします。お手数ですが、両方共メール受信できるように設定お願いいたします。

■会 場:天王寺区民センターチャレンジスペース
〒543-0073 大阪市天王寺区生玉寺町7-57 
地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅下車
1号・2号出口から北へ100m
http://osakacommunity.jp/tennoji/challengespace/access.html

■問い合わせ先:info@tocotoco.biz (tocotocoしょうとくりぃむ はたみ)

★tocotocoしょうとくりぃむ
2013年より演劇ユニットとして大阪で活動。又、演劇ワークショップ、複数劇団が参加するミニ演劇祭「演劇動物演」の企画等をしています。
人と人が関わり合い舞台の上で生きるということ。この演劇の根本を学ぶ機会をもっと増やしたく、ワークショップの開催を続けきました。更に作品作りまでを一緒にすることで、成長し共に楽しみたいという思いで2017年6月に新ユニットで公演予定。
----------------------------------------------------------------
●黒澤世莉プロフィール
演出家。佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞受賞。札幌演劇祭TGR2014特別賞(作品賞)受賞。
スタニスラフスキーとサンフォード・マイズナーを学び、2009年に時間堂として活動を開始。2016年12月31日に劇団解散。劇団外部の演出も多数。
「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。
俳優指導者やファシリテーターとしても円演劇研究所やENBUゼミ、PAVLIC他で活動中。


主催:tocotocoしょうとくりぃむ  協力:黒澤世莉 ・ 鎌谷潤吉(僕らの陰謀)






____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ2/20,21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52397683.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
「コメディとかって意外です」と出演者の方に言われた黒澤世莉です。

けっこうコメディやってるんですけどねえ。土田英生さんとか、ノエル・カワードとか、岸田國士とか、チェーホフとか、ブルガーコフとか。横山拓也さんもコメディっちゃコメディですし、イトウワカナも広い意味ではそうだし。

時間堂本公演では、たしかに、あんまりやってないかもですねえ。

というわけで、ニール・サイモン「はだしで散歩」("Barefoot in the Park" by Neil Simon)の顔合わせとワークショップがはじまりました。5月に公演です。

「気が早えな」と思わるかもしれませんが、できるだけ早めに作り始めたほうが、ゆくゆくいい作品になっていくと思います。

はじめて集まったメンバーでしたが、プロデュースの吉川さんが素敵な人選をしてくれました。とてもチャーミングなみなさんで、稽古が楽しいだろなー、て思いました。

情報公開はまだ先みたいですが、お楽しみに。

コメディの会に先立ちまして、6月に大阪でやる世莉さんといっしょ(というユニット名)の稽古も始まってます。こちらはwebサイト出来ました。

https://serisanto.tumblr.com/

それで月に一回大阪に稽古に出向いてるのですが、一緒にワークショップもやっています。まだ空きがあるようなので、よかったら飛び込んでみてください。座・九条という、九条にある劇場で14:00~と18:00にやるようですよ。

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ2/20,21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52397683.html


「やすみたいやすみたい」と言っていますが、もう一本秋にフィンランドとの国際共同制作が待ってます。

ニール・サイモン2二時間半、期待の新人鎌谷潤吉30分、フィンランドの大人気戯曲2時間。わーバラエティ富んでるな。最初の2つは、ほぼ初顔合わせっていうのも刺激的です。

唯一の共通点は、出演者の数ですね。5~6人です。まだ決まってないのもあるからなんとも言えないけど

なんだかんだいって、現場に呼んでいただけるってのは、ありがたいことだなあ、としみじみ思いました。

演出家なんて、演出の場所を与えられなかったら、ジロジロ見て聞き耳立てて、ああしろこうしろって指図してくるただの口うるさいひとですからね。

どれも面白くなると思います、期待しててください。

image
有志で食べた鳥刺し。レバーが美味しかったです。また食べたいです。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ2/20,21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52397683.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
今年は今のところ大阪でだけワークショップをしている黒澤世莉です。

このまま関西が拠点になるのかしら。

というわけで「シンプルに共演者と関わる、とはなにか」をみんなで深めていきましょう。新しい経験かもしれませんが、怖くないですよ。お待ちしてます。

黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ 2017年2月大阪
https://www.facebook.com/events/1798065410516675/
(以前にワークショップを受けられた方より)
「演技をしていて生きていないと言われます。そこの根本的なことをやらせていただきました。」
「メンテナンス的にもすごくいい、新しい発見もありました。」
「不安と心配でいっぱいでしたが収穫いっぱいで、新しい扉を開きました。」

■日 程
2月20日(月)14:00〜17:00 俳優クラス 
       18:00〜21:00 アドバンストクラス
2月21日(火)14:00〜17:00 俳優クラス

※俳優クラス → 俳優として舞台に立ったことのある人、もしくは俳優志望(学生参加可)

※アドバンストクラス → 黒澤世莉さんのワークショップに3回以上参加したことの有る方。

※終了時間はやや延びる可能性があります。受講後にご予定のある方はあらかじめご相談ください。


■定 員:各12名(先着順)
■参加費:俳優クラス2,500円 アドバンストクラス3,000円 2クラス以上受講の方500円引
■応募方法:タイトルを「2月大阪WS」としてE-mailにてお申し込みください。
【1】参加希望コース 
【2】お名前(ふりがな)
【3】この案内を知った媒体(○○さんのTwitter など)
【4】年齢【5】性別【6】電話番号【7】メールアドレス【8】住所【9】備考(演技経験、健康状態等)
 ※2016年以降、tocotoco主催WSを受講された方は、【1】【2】【3】と変更箇所のみお送りください

■応募先:ws@tocotoco.biz

◆お申し込み後、4日以上経過しても返信がない場合、通信事故が考えられますので、お手数ですが再度お問合せください。
◆応募後、「ws@tocotoco.biz」より自動返信メールがあり、参加受付となります。定員となっていた場合や、直前にご案内する事があれば「tocotocodayo@gmail.com」よりご連絡いたします。お手数ですが、両方共メール受信できるように設定お願いいたします。

■会 場:座・九条
 大阪市西区九条1-28-20 阪神なんば線「九条」すぐ/地下鉄中央線「九条」徒歩5分
http://shihohkan.la.coocan.jp/The_Kujo/kujo_index.html

■問い合わせ先:info@tocotoco.biz (tocotocoしょうとくりぃむ はたみ)


★tocotocoしょうとくりぃむ
2013年より演劇ユニットとして大阪で活動。又、演劇ワークショップ、複数劇団が参加するミニ演劇祭「演劇動物演」の企画等をしています。
人と人が関わり合い舞台の上で生きるということ。この演劇の根本を学ぶ機会をもっと増やしたく、ワークショップの開催を続けきました。更に作品作りまでを一緒にすることで、成長し共に楽しみたいという思いで2017年6月に新ユニットで公演予定。
----------------------------------------------------------------
●黒澤世莉プロフィール
演出家。佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞受賞。札幌演劇祭TGR2014特別賞(作品賞)受賞。
スタニスラフスキーとサンフォード・マイズナーを学び、2009年に時間堂として活動を開始。2016年12月31日に劇団解散。劇団外部の演出も多数。
「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。
俳優指導者やファシリテーターとしても円演劇研究所やENBUゼミ、PAVLIC他で活動中。


主催:tocotocoしょうとくりぃむ  協力:黒澤世莉 ・ 鎌谷潤吉(僕らの陰謀)





____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170127_213356
こちらは前夜祭の様子、東京大阪をネットでつなぎました。IT企業っぽいねっ、黒澤世莉です。

というわけで、通称観フェスみんなよろしくね。

20170120kanfeskariflyer_qr
「世界初!(たぶん)」手のひらだけで全部が楽しめる演劇祭!

が開催になります。いよいよ明日から。

去年から仕込んできた企画が、いよいよスタートします。
ワクワクしますね。
ドキドキしますね。

こちらがメインページです。
http://kan-geki.com/lp/kan_fes2017/main.php

しかも観フェスの開催を記念して、演劇チケケット代に使ってよ5,000円あげるよキャンペーンもやります。それはこっち。
https://kan-geki.com/lp/campaign2017_02/

「で、どうしたらみれんの?」て方は、アプリをダウンロードだ。
●iPhone版アプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/kangekizanmai/id674187853?mt=8

●Android版アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.dkmobile.kangekizanmai&hl=ja

参加劇団はこちらだぜ81劇団。いっぱい。
● アガリスクエンターテイメント(東京)
 『ナイゲン(全国版)』

● 赤星マサノリ×坂口修一二人芝居(大阪)
 『Equal−イコール-』

● アトミック☆グース(愛知)
 『SPAMリマインダー』

● アマヤドリ(東京)
 『ロクな死にかた』

● ALTERNAITproduce(大阪)
 『Evergreen online/EDIT』

● 池シタアツ子の美カモト響(大阪)
 『久しぶりのはじめまして』

● いしだくみ子ひとり芝居(大阪)
 『女郎蜘蛛』

● intro(北海道)
 『蒸発』

● うわの空・藤志郎一座(東京)
 『 「ただいま!」2016年』

● VOGA(京都)
 『Social walk』

● X-QUEST(東京)
 『神芝居 〜アリス・イン・ギガニッポンノワンダーランド〜』

● 演劇ユニット スイス銀行(大阪)
 『おっぱい博士』

● 演劇集団よろずや(大阪)
 『炎のストッパー津田恒美物語 バイバイ』

● オパンポン創造社(大阪)
 『オパンポン☆ナイトvol3〜曖昧模糊〜』

● お座敷コブラ(神奈川)
 『RUN』

●おぼんろ(東京)
 『パダラマ・ジュグラマ』

● 階(大阪)
 『話すのなら、今ここにないもののことを話したかった。 今ここにないものの話ばかりしようと思った。』

● 柿喰う客(東京)
 『天邪鬼』

● カスガイ(東京)
 『リビング』

● かのうとおっさん(大阪)
 『うっかり婚活スターウォーズ』

● カプセル兵団(東京)
 『ココロコロガシ』

●カムカムミニキーナ(東京)
 『クママーク』

● カン劇cockpit(大阪)
 『変調・夏祭浪花鑑2015』

● 空晴(大阪)
 『こっからの、距離』

● 極東退屈道場(大阪)
 『ガベコレ -garbage collection』

● くによし組(東京)
 『アキラ君は老け顔』

● 劇想からまわりえっちゃん(東京)
 『僕らをみて』

● ゲキバカ(東京)
 『0号(Ver.2014)』

● 劇団壱劇屋(大阪)
 『SQUARE AREA』

● 劇団ヴィジュアル系バンド(大阪)
 『BEST of G×V×B』

● 劇団925(大阪)
 『福喜多さんちの三兄弟』

● 劇団銀河(大阪)
 『記憶は時空(そら)を超えて』

● 劇団5454(東京)
 『ト音(再演)』

● 激団しろっとそん(大阪)
 『チョコレートタウンとトラブルカカオ』

● 劇団☆世界一団(大阪)
 『空飛ぶ遊園地』

● 劇団ZTON(京都)
 『ティル・ナ・ノーグ 〜太陽の系譜〜』

●劇団なのぐらむ
 『スローペイン』

● 劇団冷凍うさぎ(大阪)
 『ペチカとエトランジェ』

●五反田団
 『生きてるものはいないのか』

● 小松利昌一人芝居(大阪)
 『コマツマツリ2015』

● 坂口修一(大阪)
 『身体からいろんなモノを出す男』

● THE ROB CARLTON(京都)
 『THE ROB CARLTON 12F 「CREATIVE DIRECTOR」』

● THE 黒帯(東京)
 『TRUCE』

● Theatrical Magic Project(東京)
 『COLOR NOTE ii』

● 時間堂(東京)
 『ゾーヤ・ペーリツのアパート』

● 深夜ガタンゴトン(東京)
 『つきまとう教室』

● 彗星マジック(大阪)
 『ポストグラフ』

● スクエア(大阪)
 『湿原ラジオ』

● STAND FLOWER(大阪)
 『よぶ』

● STAR☆JACKS(大阪)
 『act#009「桜舞う夜、君想ふ」』

● ステージタイガー(大阪)
 『アップ・ダディ・ダウン』

● チャコールモンキー(東京)
 『チャコールモンキー第一回旗揚げ公演「ちゃこもん」』

● 超人予備校(大阪)
 『ほとんど人参』

● TipTap(東京)
 『Play a Life』

● 天体望遠鏡(岩手)
 『ヒーローのテーマ』

● 東京サムライガンズ(東京)
 『THE FAMILIAR』

●東京ハートブレイカーズ(東京)
 『コルトガバメンツ』

● 東洋企画(大阪)
 『BALL』

● 匿名劇壇(大阪)
 『2時間に及ぶ交渉の末』

● 中野劇団(京都)
 『10分間2010』

● baghdad cafe’(大阪)
 『会いたくて会えなさすぎるあなたたちへ』

● パノラマ党(大阪)
 『怪人坂の少女と、少女館の怪人』

● 万能グローブガラパゴスダイナモス(福岡)
 『西のメリーゴーランド』

● Pityman(東京)
 『けいすけくん地獄』

● 浮遊許可証(大阪)
 『リーンカーネーション・ティーパーティー』

● Project UZU(大阪)
 『Project UZU組曲「PANDORA Op.2 炎の章」』

● プロデュースユニットななめ45°(大阪)
 『for スマイル』

● プロトテアトル(大阪)
 『ノクターン』

● ポップンマッシュルームチキン野郎(東京)
 『 うちの犬はサイコロを振るのをやめた』

● Micro To Macro(大阪)
 『真夜中すべての白を』

● 宮川サキ一人芝居(大阪)
 『モダンtimes』

● May(大阪)
 『夜にだって月はあるから』

● 妄烈キネマレコード(愛知)
 『非!リア王』

● モンゴルズシアターカンパニー(大阪)
 『鼠ー2016ー』

● 山尾企画(大阪)
 『はんかい電車』

● らまのだ(東京)
 『明後日まで内緒にしておく』

● リジッター企画(東京)
 『もしも、シ〜とある日の反射〜 陽チーム』

● reset-N(東京)
 『reset-N 再起動公演“knob”』

● yhs(北海道)
 『四谷美談』

● waqu:iraz(神奈川)
 『わたしたちのからだは星でできている』

● 笑の内閣(京都)
 『名誉男性鈴子』





____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
2017年初のワークショップを終えた黒澤世莉です。

今年は6月まで、大阪で月イチのペースでワークショップに呼んでいただいてます。ありがたいことです。tocotocoしょうとくりぃむのみなさま、ありがとうございます。

黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ 2017年1月大阪
https://www.facebook.com/events/1036996553073691/

2月は20月21火にあるそうです。情報は。。。見つけられなかったので、なんか、見つけたらここに書きます。いまから予定をチェックしておいてください。

見つけたコレだ
https://www.facebook.com/events/1798065410516675/?notif_t=plan_user_invited¬if_id=1485701983832867



image
こちらは夜の様子。

去年まで毎日ワークショップや稽古を重ねていて、12/30までやりつづけてました。ワークショップも人生で本当に久しぶりに1ヶ月空いた状態でやって、こんな疲れるもんだっけ、て思いました。

でも、やっぱり楽しいですね、演劇。この前の『世莉さんといっしょ』の稽古でも思いましたけど。

演劇は楽しいです。

東京からも参加者の方が来てくださってね、ありがたいことです。なにか持って帰ってもらえてるといいな。

では大阪の皆さん、来月も会いましょう。再会を楽しみにしています。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
黒澤世莉です。

大阪のみなさんが呼んでくださって、大阪で稽古して、大阪で6月に共同演出の公演をやります。

そのユニット名が『世莉さんといっしょ』いやオレがリーダーぽいけど、ただただ共同演出なので。

でも、面白いメンバーに恵まれて、面白い作品になりそうです。

月に一回、大阪で稽古します。個人的には「面白いことだけやる」ていうテーマが徹底できて良かったです。来月も楽しみだなー。みなさま、作品をお楽しみに。

image
西宮の稽古場、天井が好き。新代田の音楽室にを思い出す。

稽古は、作品を一本作りました。

私が来る前に大阪チームで2回稽古をしていたので、どんな感じだったか聞いたり。公演の形態が独特(主催者はいるけど、引っ張る感じではない)なので、そのへんのとらえどころのなさを共有して、いい形で進んでいけるように考え方を共有したり。

・シンプルに関わる演劇をやる
・思い込みを破る
・主体的に行動する


ていう価値観を共有する、てことをしていて、これはとってもいいことだな、て思いました。

で、見学の方も交えて、家族の思い出を2作品作りました。どちらもとても面白かったです。犬嫌いの娘に動く犬のおもちゃを無理やり抱かせる親と号泣する娘、とか。

自由と規律のある場似できた、と思います。

それを公演が終わるまで、しっかりと維持したいですね。全員ががんばれば、出来ると思います。

来月の稽古も楽しみです。

やっぱ演劇楽しいわ。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170122_183247
作演出の越寛生さんと、観客の五十嵐優さんと『ゾーヤ・ペーリツのアパート』組です。

P_20170122_183135
ヤリナゲ『モニカの話』を観てきた黒澤世莉です。

千秋楽も終わったということで、いきなりネタバレです。

ほかのみんなは荷物を置いたまま消えます。ヤナギだけは、荷物と一緒にいなくなります。

最後のシーンが、カツキの現実だとするならば、あんまり問題ないでしょう。でも、最後のシーンこそカツキの夢なのだとしたら、そして私はその案をとりますが、それはヤナギとカツキの別れを示唆してるように見えました。

でもそれは、悲しいかもしれないけど、新しいスタートでもある。だから、前向きな話なんだなと思いました。

構造もいいけど、やっぱり越さんは台詞がいいなと思います。普通のことが分からない、という感覚、大事にしてほしい。

俳優さんたちも素敵です。みんないいですが、ひとり挙げるなら澤原さんは愉快でした。ヤリナゲにあっていると思います。

次の作品も楽しみです。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

2013-06-16-22-09-59-1
戯曲賞には縁のない黒澤世莉です。写真一番左が趣向のオノマリコさんです。すげー昔の劇作家女子会。のときのお写真ですね。






ほかにも瀬戸山さん、長田さんがノミネートされていて、おめでとうございます。市原さん本田さん平塚さん山縣さんも、面識はないですがおめでとうございます。

さて。

岸田賞ノミネートが発表されると、こういう言葉を目にします。

「〇〇さんの受賞はコレじゃない気がする」

分かります。

とても良く分かります。

コレジャナイ感、半端ないですよね。

でも、仕方がないです。演劇賞というものの性質上「まさにこのタイミングでこの作品だよねええ」てのは、不可能とは言わないまでも、困難だと思います。

岸田戯曲賞の審査の仕組みを全て知っているわけではないですが、基本的には審査員または審査員補の推薦があって、審査員全員が作品を読むんだと思います。

多くの演劇賞も、似たような形で、ある作品がまず「候補の方として選ばれて」その中から候補として選別されます。

もちろん、TGRや佐藤佐吉賞のように、「この演劇祭に参加していれば」「この劇場で上演すれば」賞の候補になる、て場合は別です。でも、そういう「こちらが能動的にエントリーできる」賞というのはあまり多くない。

あ、戯曲賞の場合は、岸田賞みたいな形式は珍しいですよね。たいてい応募形式ですから。

まあ、そういうわけで、まずは審査員に見てもらう推薦までいかないといけない。この時点で結構無理ゲーです。だって「推薦しよう」て思ってもらった次が、またいい作品になるとは限らない。し、すごくいい作品を作っても、それが100や200の観客に理解してもらえるとは限らない。

99人がついていけなくても、演劇としては価値がある上演、ていうのは、この世界にいくらもあるのだともいます。そして、それが必要な人に届けられず、ふさわしい評価を得ることもなく消えていくこともまた多いのだと思います。

じゃあ、これは改善できるのかというと、おそらく不可能です。構造的に改善しようがない。100や200の観客を相手に、小さい空間で上演している演劇のなかで賞に値する作品を探すのは、砂漠に落ちた砂金を探すより難しい。

だから、そういうゴールドラッシュをめざす荒くれ者みたいな観客、というか推薦者補、みたいな存在はとても重要なんですよね。勝手に年に200も300も演劇を観て、できの良いものを評価の俎上に上げていく。

いまこれ、好事家だけがやってますけど、ほんとはもっと、公共のひともやったほうがいいんだろうな。

し、王子小劇場やこまばアゴラ劇場は、そういう金鉱の役割を果たしているので、とっても価値があるなあ、て思いますよ。もしドバイの石油王がこれを読んでいたら、各劇場に年間1億円寄付してあげてください。10年で日本の演劇界がひっくり返りますから。

というわけで「コレジャナイ感」と岸田賞は表裏です。たしかにその作品ではないかもしtれない。

でも、その人が作家を続けていく上で、その作品を生み出した、ということに価値があるのだと思います。作品そのものに対して出ている賞であってそれがコレジャナイ感漂ったとしても、大目に見てほしいなあと思います。

きっとまたもっといい本書いてくれますよ。

なんか、戯曲賞についてよく聞く文言を小耳に挟んで、思ったことを書きました。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
めずらしくスタッフたちと地鶏、黒澤世莉です。幸せそうな顔で、私もうれしいです。

おかげさまで、観劇三昧下北沢店、無事にグランドオープンしました。

明日から11:00~20:00(水曜定休日)で営業します。私も週5回はいます。でも外にでもするから、来るときは連絡頂戴ませ。

観劇三昧下北沢店・日本橋店
東京都世田谷区北沢2-9-2 ZIP155ビル 2F


http://kan-geki.com/lp/nippombashi.html

お待ちしてますよー。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

↑このページのトップヘ