IMG_20160909_213606
黒澤世莉です。写真は岸田國士「驟雨」を時間堂レパートリーで稽古している様です。

文学座アトリエの会のトークゲストでお招きいただきましたので、ご案内いたします。

オファー自体はだいぶ前に頂いていたのですが、先行きが不透明でしたのでちょっとまっていました。上演は行われるようです。対策につきましては以下を御覧ください。



新型コロナウィルスの影響は世界各地に起きています。日本でも様々なイベントが中止、延期になっています。その中で開催されるイベントについて、批判的な言説も見聞きします。

そのような中で、対策をしっかりと行った上での上演を決定をした文学座を支持します。

専門家の意見でも、早ければ3月にメドが立つかもしれないし、長ければ一年以上が流行の収束に必要と、どうなるか分かりません。そんな中で、継続可能なことがらについては日常と同じく続けていくことが、社会全体として必要だと考えます。病院やお店、会社と同じく、イベント事も手洗い、咳エチケットを徹底した上で行う。そうすることで、ウィルス対策と同じく大切な、社会の機能不全や経済へのダメージを抑えることが必要と感じています。

個人にとってのことを考えるのであれば、演劇を観ることは一部の方には不要不急に感じられるかもしれませんが、ある一部の方には人生に必要な時間です。少しくらい我慢してもいいじゃないかというご意見も理解できますが、一方で一年やそれ以上の我慢を強いられることは避けるべきです。それは、演劇やイベントに参加することが、その人にとってかけがえのない生きがいである場合、それを失うことで健康を害することだってありうるからです。

もちろん、コロナウィルスの感染力や拡大について心配されている方で、いまは公演を中止したほうがいいとお考えの方もいらっしゃると思います。その方は、現在上演するのはウィルスの感染力を甘く見積もっていると思われることでしょう。

今の時点では、どちらの意見が正しいのかは分かりません。来年になればきっと分かっているでしょう。

いまは自分が正しいと思う意見を伝え、お互い対話をする中で、よりよい思考、対応、行動に繋げていくことが何より大切かと思います。コロナウィルスよりも、それによって生まれる意見の分断の方が、より多くの人の命を奪っていく原因になりかねないなあと思っています。

さて、トークについて。

今回は上演についてや、岸田國士についてのお話をさせていただくつもりですが、ひょっとすると「いま演劇をやることの意味、意義」ということになってしまうかもしれませんね。

いずれにせよ、個人にできることなんてたかが知れていますが、それでも大切なことは行動することです。ウィルスにも不況にも負けない対応で、なるたけ多くの命が救われるように、微力ながら行動してくようにつとめます。

まじめになっちゃったなあ。。。
とりあえず高尾山で咲いてた桜のようなものを置いておこう。
IMG_20200312_152824


トークはもうちょっと楽しく喋れればと思いますので、気楽に、体調管理万全にしてお越しくださいー。お待ちしてます。

あ、岸田さんのこと全然書かなかったので一言だけ。わたしはショートコント上手だなーって思います。歳月も動員挿話もそういうんじゃないけど。

公演情報

アフタートーク★ 25日(水)19時の回終演後
黒澤世莉(演出家)×鵜山 仁
会場:信濃町 文学座アトリエ