消極的無印派、黒澤世莉です。

「わーいせり、無印良品大好き★」みたいなことはまったくないです。ただ、なんだかんだで100均よりかわいくて、他のお店より安い場合が多いので、重宝しております。

なかでもこちらのものは気に入ってます。

P_20170115_083850
アルミ角型ハンガー:無印良品
http://www.muji.net/store/campaign/detail/C12082401

物干しハンガーって100均でも売ってます(よね?)けど、当たり前だけどバラバラな質感ですよね。無印のアルミ角型ハンガーは、統一感があります。

で、現行モデルではできなくなってるんですが、私の持ってるモデルは大>中>小でスタッキングできるんですよね。スタッキングっていうか、ハンギング? 使ってないときは省スペースになる、ところも気に入っています。今のモデルは洗濯ばさみは増えたけど、ハンギング?出来ない仕様なので、前のモデルを長持ちさせようと思います。

前のモデルも現行と同じくらいしたと思うけど、6年使っていまだに現役なので、コスパは全然悪くないとおもいます。

なにより、出しっぱなしでもなんとなく格好付いている(気がする)のがいいよね。

で、本題。

写真の左側に写ってる部品、あるでしょ。これ、アルミ角型ハンガーの変えの部品なんです。小型をよく落とすからか、洗濯ばさみとアルミの間のパーツが壊れちゃうんだけど、それ無印もわかってるらしく、変えのパーツ売ってます。

で、初めてつかってみました。

気をつけていただきたいのは、変えのパーツをつけるために、壊れたパーツを外すために、ニッパーが必要なこと。プラスチック切れればニッパーじゃなくても可。

で、外したら、変えのパーツをはめ込む。アルミ部分に溝が入っているのでらくちん。はめ込んだ変えパーツに元気な洗濯ばさみを戻したら、作業完了。

2洗濯バサミが復活して、とても使いやすくなりました。

実は4洗濯バサミ死んでいたので、あと2ヶ所死んでるんですが、そこは元気な洗濯ばさみが無いので、後回し。

100均で買って、壊れたら捨てる、のほうが安いかもしれないけど、物を捨てる罪悪感という意味では心に良くないです。仕上げの良いアルミだから、プラスチックと違ってあんま劣化しないんだよねー。

ので、わたしは壊れるまでは、このアルミ角型ハンガーを愛用していこうかなーと思います。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html