IMG_20161207_212516
黒澤世莉です。30回の稽古も、あっといまに20回ですねえ。月日は百代の過客にして、ですね。

さて、時間堂は十色庵というスタジオを持っているのですが、この稽古のあとは外部の団体に貸出をしておりました。ですから、時間堂は外の稽古場にうつります。で、来週帰ってきたらもう仕込みなので、いままでふんわりしていた舞台美術を決めたりしました。

ちゃくちゃくと出来上がっていきますね。夢みたいなことが言えなくなってきます。でも、出来上がっていくと、それはそれで思いもよらない可能性が生まれたりするもんです。

だから、決めていくのは、全然楽しいことです。

そのあとに、前回の通し稽古を観た、大森プロデューサーから感想がありました。いいところと、分からないところがあったよ、ていう話でした。

それを聞いた出演者から「そんな構えて言わなくても、いつでも気軽に言って。うち、そういう劇団じゃん」ていってて、そうそう、そうよね、て思いました。

時間堂は風通しを良くしたい、と思っています。それが常に上手くいってるかは別として。

いい意見を共有することも大事。自分たちの良さに無自覚なことって、あんまり素敵じゃないと思う。

そして、もっと大事なことは、ネガティブな意見を共有すること。いい作品にするために集まってるんだから。「いまいちだな」て思うところがあったら、まな板の上に上げて、みんなで料理したほうがいい。

公演直前に言われても「い、いまさら。。。」てなっちゃうかもしれないからね。

そういう、褒めることも、ダメだと思うことを言うことも、前向きにその場のために言える、行動できる、言ったり聞いたりする態度を全員が持ってる、ていうのを「風通しがいい」て言ってます。

というわけで「ああ、そこは分かりにくいよね。。。」て思ってる部分が案の定分からないってことになりました。さて、簡単にするか、止めるか、もっと面倒なことをするか。質を上げるか、方法を変えるか。

いまより良くなるように、考えたり積み重ねたり捨てたり、すていきます。

ところで、松本一歩さんという、制作助手をやってくれている方がいます。彼が劇団員ロングインタビューというのを書いてくれました。

中の人からしても「このひとこんなこと考えてたのねえ」て思います。時間堂っていう劇団が、どんなところで、どんなひとがいるのかなー、どんな作り方してるのかなー、ていうのに興味があったら、面白いと思います。良かったらお読みください。

ロングインタビューvol.1 國松卓
http://blog.livedoor.jp/jtc2009/archives/2036923.html

ロングインタビューvol.2 尾崎冴子
http://blog.livedoor.jp/jtc2009/archives/2037312.html

毎日稽古は楽しいです。




____________________おしらせ____________________

●演出作品 Plays
花束で抱きしめるような体験を、あなたのために
時間堂 最終公演 『ローザ』 [12/21~30] at 十色庵 [赤羽]
http://handsomebu.blog.jp/archives/52390095.html


【ご利用受付中】静謐な演劇空間「toiroan 十色庵」
http://toiroan.tumblr.com/


【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html