image
エアコン負けから、白湯によって復活した黒澤世莉です。夏こそ内蔵を温めるのですね。

写真は信号機。

さて、時間堂ラスト三公演のトップバッター、岸田國士『驟雨』稽古がはじまりました。去年から一年2ヶ月ぶりかな。

間は空きましたが、そして出演者も一部変わりますが、やっぱり一度つくった作品は、土台がしっかり残っているものですね。

劇団というもののいいところは、コンテクストのすり合わせが徹底できることです。演出家の要求を最初から分かっている、と言い換えてもいい。

たくさん言葉を使わなくても、やってほしいことをやってもらえる。そして何より、黒澤世莉がこだわっている「シンプルなやりとり」を、どんな状態でもやってくれる。

image
「うまい俳優」はたくさんいますけど「連携してプレーできる俳優」は、実は少ないし、やろうとするとなかなか時間がかかるので、何も言わないでもやってもらえる、というのは効率がいいし、演出としてやりたいこと、にいく時間が節約できます。

そういうのは、劇団のいいところだな、と思います。

残り三回の公演は遊び倒すというテーマで望みます。たのしいなー。

観に来てね。

____________________おしらせ____________________

【演出します】時間堂ラスト3公演はこちらです。いまからカレンダーに書き込んでおいてね
http://handsomebu.blog.jp/archives/52381543.html



【ご利用受付中】静謐な演劇空間「toiroan 十色庵」
http://toiroan.tumblr.com/


【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html