51
愛車SCHWINN Slickerと黒澤世莉です。ひさびさにチェーンメンテしたので、ペダルが軽い軽い。毎月やろうと思いました。

ま、やらないだろうけど。

ものぐさで困ります。自分が。

さて、表題の件です。よく「演技はリアクションだ」っていいますよね。で、そういう話のとき、熱心にふんふんってうなずいたりしてる人が多いです。

でも、ほんとに意味わかってるのかしらねー、て心配になる時があります。

たしかに、「演技はリアクションだ」という論は正しいと思います。少なくとも1つの真実だと思います。ただ、正しくその意味が理解されているかというと、けっこう誤解されてるんじゃないかな。

よくある勘違いの類型をあげましょう。

(A)反射型
変に間が早いタイプですね。相手の台詞を聞いてるようで、ただ相手の台詞終わりに自分の台詞を始めているだけ。

(B)受身型
「相手に合わせてる」風体ですが、まず相手ありきになりすぎて、自分からの発案などのリスクを犯さない臆病型。演技の幅が狭く、間が一定になるある。

(C)気使い型
相手の気分を害さないように考えて台詞を出す。それ、日常生活ではいいけど、舞台の上では相手を怒らせる必要だってあるのよ、場合によっては。気使ってどうすんの。

ほかにも色々ありますが、こういうのは全部リアクションじゃないから。

全部に共通してるのは、相手の台詞を聞かないで、自分の台詞をどう言うか考えちゃってる、みたいなことじゃないですかね。

まず、自分のセリフをどう言うか考えるのをやめて、相手の台詞をちゃんと聞くことをオススメします。そうすれば自然と、自分の身体や感情も変わります。ザッツリアクションね。

リアクションて、反射や受け身や気使いより、もっと簡単だし楽しいよ。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html


【演出します】2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】

時間堂レパートリーシアター
4月15日(金)16日(土)『人の気も知らないで』『ロミオ中止』at 十色庵

http://handsomebu.blog.jp/archives/52365685.html

時間堂レパートリーシアター
5月13日(金)14日(土)『いちごの沈黙。』他
at 十色庵
http://jikando.com/2015-10-26-05-27-33/554-rpt5.html

【次回本公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」
2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト
http://jikando.com/nextstage/534-zoykasapartment2016.html
【ご利用受付中】静謐な演劇空間「toiroan 十色庵」
http://toiroan.tumblr.com/


【ワークショップ情報】4月
http://handsomebu.blog.jp/archives/52367204.html