53
4回めの通し稽古に向けて、チームで立てた目標と黒澤世莉です。

公演初日まで2週間を切ったこの日、スタッフさんがほぼ全員集まる通し稽古がありました。予め入っていた音響:市来邦比古さん、衣裳:及川千春さんに加えて、舞台美術:原田愛さんそして、満を持して照明:榊美香さんが豊橋入り。演出チームが困っているところは「ここは美香さんの素敵な照明でなんとかしてもらおっ」という無理難題になっていてごめんなさい。もちろんPLAT技術部:鈴木輝さん、平野景彩さんも一緒。加藤仲葉さんはじめ制作チームも観てくださってます。アーンド、出演者のご学友ご家族など関係者も来てくださって、4週間の総決算を発表するのにふさわしい環境でしたね。

通し稽古が終わり、見てくださったみなさまのありがたいご感想をたくさんいただきました。ほとんどがお褒めの言葉でありがたかったですね。とくに出演者のみんなは、普段演出チームから「え、もっとできるでしょ?」という扱いを受けているので、素直な評価はしっかり響いてるし、自信になると思います。

舞台に立つには自信、とっても大事ですから。自信があれば、下手でも素敵に見えたりするんです。不思議です。

37
稽古後に音具の扱いを伝える市来さん。おじいちゃんと孫たち。

枠組みが褒められたなあ

て思ったんですね。いまのところ、野田秀樹さんの「赤鬼」を、黒澤世莉の演出、小林真梨恵のムーブメント、及川千春の衣裳、原田愛の美術、市来邦比古の音、が素敵だね、と。出演者はオマケとは言わないまでも、そのなかでがんばってたね、と。

われわれスタッフチームはそんなの全然本意じゃないです。プロなんで、仕事ができて当たり前です。わたしたちはお皿なので、その上のケーキを褒めてほしい。美しい演劇の枠組みの上で、それを忘れさせるくらい思い切り良く生き抜く俳優たちと彼らが運ぶ物語が、観客の中に直接に届いてほしい。

わたしにとってよい演出とは「演出が良かったとか悪かったとか、言われない演出」ですから。

というわけで、残り2週間、お皿は出来たので、いよいよケーキ本体を美味しくしますよと。演出の枠組みは出来たので、俳優の密度を濃くしていく時間です。フリーザ様で言うと最初の変身を終えたくらいですから。ワンピースで言うと新世界入ったくらいですから。まだまだここからもうふた化けはしますよ、最低でもね。楽しみだなあ。

28
及川さんの仕事グッズ。プロの仕事グッズってなんでかっこいいんでしょうかね。

____________________おしらせ____________________

静謐な演劇空間「toiroan 十色庵」一般貸出スタート
http://toiroan.tumblr.com/


黒澤世莉 (時間堂・演出家) のプロフィールはこちら:2016年のお仕事募集中
http://jikando.com/member/seri.html ご連絡は info@jikando.com まで


【演出します】高校生と創る演劇「赤鬼」
2015/11/7~8 at 穂の国とよはし芸術劇場PLAT
http://www.toyohashi-at.jp/event/performance.php?id=189



ワークショップ情報
http://jikando.com/workshop.html
[演技:ベーシッククラス]
11月17日(火) 19:00〜22:00
19日(木) 19:00〜22:00
23日(月・祝) 13:00〜16:00
25日(水) 19:00〜22:00
27日(金) 19:00〜22:00
30日(月) 19:00〜22:00


[演技:アドバンストクラス]
11月28日(土)19:00〜22:00

王子小劇場ディレクターズワークショップ参加者募集
http://en-geki.blogspot.jp/2015/09/4.html



【演出します】時間堂レパートリーシアター・ワークインプログレス

2015年末 at toiroan 十色庵