26
ナショナル・シアター・ライブ「スカイライト」を観てきた黒澤世莉です。
http://www.ntlive.jp/

いつもどおり、安定安心、信頼のNational Theatre Live印。楽しませていただきました。

三人芝居。名優ビル・ナイは言うに及ばず、三人とも素晴らしいお仕事をされてます。「スカイライト」に限ったことではなく「欲望という名の電車」も「二十日鼠と人間」も同じです。余計なことはせず、必要なことはする。シンプルで美しい演技でした。

ネタバレはおしらせのあとで。

19
TOHOシネマズの下にある、コレド日本橋の名前の分からぬお店で美味しいもの。

____________________おしらせ____________________

ワークショップ情報
■東京
http://jikando.com/workshop.html

[特別クラス:身体と感情とテキストの融合と拡張] 発表会と振り返り
7月12日(日)14:30~ 無料

[演技:オープンクラス]
7月 13日(月) 19:00〜22:00
7月 15日(水) 19:00〜22:00
7月 20日(月) 19:00〜22:00
7月 25日(土) 13:00〜16:00
7月 27日(月) 19:00〜22:00

[演技:中級クラス]
7月 31日(金) 19:00〜22:00

黒澤世莉 (時間堂・演出家) のプロフィールはこちら
http://jikando.com/member/seri.html

【演出します】高校生と創る演劇「赤鬼」
2015/11/7~8 at 穂の国とよはし芸術劇場PLAT

時間堂がつくった、演劇をみるつくる体験する場所「toiroan 十色庵」リノベーションの記録。気軽に遊びに来て下さい
https://note.mu/jikando

「スカイライト」ネタバレ。台本読んでないので記憶頼りですが、勘違いなどあったらご勘弁を。

トムの妻アリスの存在がこのおはなしの陰の主役だなあと思いましたよ。夫の浮気相手が家族同様に可愛がってた女、という最低の経験を抱えて死ぬ、舞台に出てこない人物。彼女の痛みを思うと、舞台上の二人のやりとりも、ずいぶん自分勝手に見えるなあ、て思ってました。

「スカイライト」て良いタイトルだよね。アリスの天窓。閉じた世界の唯一の窓。どんなにきれいな風景でもくすんで見える晩年。一方で、キーラも含めた彼らの幸福な家族生活が、一瞬でも存在した、その風景こそ「スカイライト」なんだよなあ、て思ったわけです。