53
稽古が再開した黒澤世莉です、時間堂「衝突と分裂、あるいは融合」最後の東京公演に向けて。時間堂 [つながる] ツアー2014て銘打っていますが、私にとってはつながるツアーではないっていうようなことを書きます。

その前に今日やったことを書きましょうか。ツアーメンバーと東京チームの久々の再会をことほぎつつ、以下のメニューをこなしましたよ。

・各地でやったウォーミングアップ
・ツアーでめぐって感じたこと、もらった感想、質問など、みんなで共有
・リラクゼーション・リピテーション
・序幕と三幕、終幕の稽古
・一幕から六幕まで、高速台詞まわし
・今回の作品は「○の演劇」だよね、て話
・アンドロメダ通し稽古

我ながら箇条書きにするとわけが分かりませんねえ。詳しい説明はまた後日。でまあ、やっぱり、今日も「つながるツアーじゃないなあ」と思っているわけですよ。でもこれは「つながるツアー」であることを否定しているわけでも、それが嫌だと言ってるわけでもありません。ただ、私個人には、あわないなあ、てことを言ってるだけで。関係者たちがつながるツアーだな―、て思ってくれることは、むしろありがたく思ってます。

たとえば、東京サンコ尾崎冴子さんの以下のツイートをご覧ください。






感じ取り方に正解はないけど、こういうふうに受け取ってくれていることはとても豊かなことだと思ってます。一方同じ頃、仙台サンコ三船理玖さんは。


これはこれでいいよね。みんなてんでに生きている。わたしはうれしい。

ま、とにかく、つながってると実感してようが、していなかろうが、色んなひとがまきこまれて現在に至っている状態はとっても素敵だ。じゃあなんで「つながるツアー」じゃないのか、て言ったら「ひろげるツアー」であり「たたかうツアー」だ、という実感のほうがより強いからです。

53
私にとって「つながる」という言葉のは、新たに出会ってつむいでいく、という印象が強い。でも、私にとって今回のツアーは、札幌を除いて全部、もう生まれている縁を、より太くする公演なのです。すでに出会っている方々と、よく知った場所で公演する。新たに「つながる」のではなく、すでに生まれている縁を「ひろげる」ツアーなのだと。私が出会った方と他の方をつなげたり、すでに出会っていた方とご一緒に演劇をつくったり、そういう「ひろげる」行為をしているのだと、思っています。人も、場所も。

そういう意味で札幌は、はじめての場所だし、公演会場もはじめましてだったから「つながる」要素が強い気もしてます。

でまあ、なにしろ「たたかう」ツアーですよ。今回の作品づくりはたたかいです。いつも大なり小なりたたかってるとは思うのですが、今回ほど強くたたかいを意識させられることはないですね。「森の別の場所」や「テヘランでロリータを読む」のとき、やたら座組やチームをほめてた気がするんですが、今回はそういうこと一切出てないですね。で、それはチーム力が落ちたことはまったく意味してないし、作品をつくる手綱が緩まってるわけでも品質が落ちているわけでもなく、ただ「たたかい」をしている、ってことなんだと思います。たたえる気持ちより、もっともっと、という気持ちが強い。飴の気持ちより鞭の気持ちのほうが強い。どうしてそうなのかは私にも分かりませんが。そういや、「ローザ」の時も、こんなふうに戦っていた気がする。時間があるないの問題なのかしら。ツアーに出ている出ていないの問題なのかしら。

ともあれ、この「ひろげる」「たたかい」が、作品をもう一歩上の段へ押し上げているのは間違いないと実感しています。もちろんそれは、こぼれ落ちていくものがあるリスクをとっているわけですが、そこについては「このチームは大丈夫」ていう確信もある。し、リスクのないところにゲインは、ない。

今回の稽古再会一日目も、タフでハードな稽古でした。参加した俳優たちの健闘をたたえつつ、もっとすごい演劇を目指して、あしたもがんばりましょうね、と思ってます。

結局、最後には、見に来た観客との共同作業で、これがなにものなのか、俳優や私も含めて、全員が知っていくことになるんです。それまでは、ここで何が行われているかなんてことは、未知のこととして味わいつくすのが、誠実な姿勢なんです。

何度でも何度でも、同じことを繰り返して、少しずつ少しずつ、良くなっていく。辛抱はつらいけど、それを欠かさないものにだけ、特別なものが宿るのだと思います。そのための苦労は、やりましょう。うん、やだけどね、苦労は。やだけど、やります。

00
福岡イチコ篠原彩花さんと、大分のお酒。今日は東京イチコ中谷弥生さんが趣向「男子校にはいじめが少ない?」公演中で、代打イチコをやっていただきました。こういうトリッキーな代役も、こんな企画でないとが味わえません。楽しい企画だよ、ほんと。やってよかった。

もっとよくなるしね。

____________________おしらせ____________________

【4日後】極限状態での対話をめぐる科学者たちのサスペンス人間ドラマ、大阪、仙台、札幌、福岡を経て、いよいよ東京に帰ってきます。お待ちしてます。11月28日(金)19:30・29日(土)13:00/18:00・30日(日)13:00/18:0012月1日(月)16:00 at ミニシアター1010

140804_jknd_fofac_A4_omote_Tokyo
劇団時間堂次回公演全国ツアー「衝突と分裂、あるいは融合」[東京 大阪 仙台 札幌 福岡]情報はこちら
http://handsomebu.blog.jp/archives/52300693.html
大阪・仙台・札幌と東京プレビューでいただいた感想のまとめです。いい感想一杯もらいました。ありがとうございます。
http://togetter.com/li/729848

◆ご予約はこちらをクリック◆
札幌・仙台・大阪、福岡チケット予約
東京チケット予約

12月6日~17日には10回30時間でやる集中クラスもありますよ。
http://jikando.com/workshop.html

黒澤世莉 (時間堂・演出家) のプロフィールはこちら
http://jikando.com/member/seri.html

時間堂がつくった、演劇をみるつくる体験する場所「toiroan 十色庵」リノベーションの記録。気軽に遊びに来て下さい
https://note.mu/jikando