黒澤世莉ですよ。9月は余裕あるかなーなんて思っていたら、円演劇研修所37期生ワークショップやら、時間堂「森の別の場所」稽古の準備やら、なんだかんだと演劇漬けですね。ありがたい事です。ていうか「余裕あるかなー」とか言っといてあった試しがないのに、どういう動機で「余裕あるかも」とか思えるのでしょうか。

34

というわけで、空のつづきです。

40

稽古初日で一番良かったのは、全部読んでも140分くらいだったので、3時間休憩込みは可能だなって確信したことです。良かったってか安心しました。翻訳したかいがあった。

15

これ言われたら腹立つんだな、ていうことが一個明確になったんです。本気でそう思ってるならガチギレですけどね、でもまあそれを言うひとにキレても意味ないので、結果で黙らせるしかない。結果で黙らせるって言っても何やったって黙らないんだけど、なぜなら信仰しているものが違うからね、でもまあ自分たちが自信を持てる行為と結果を繰り返すことだけが、不要な雑音に振り回されないコツかしらとかね。

39

「分かったつもり」が一番ダメだな、て思いましたね。未経験より、ちょっとやったことあるくらいの方が、理解したつもりで気が緩んでしまう。やり込むと「ああ、何も分かってないな」て思えるんですよね、これは何でもそうなんだと思うけど、不思議です。「分かったつもり」のうちは危ないと自覚して注意深くなって、「ああ、何も分かってないな」と思えるまでやり込もうっと思いました。

00

「生兵法は怪我の元」って、昔のことは上手いこといいますね。



こっそり次回公演のPVも貼っておこう。こ、公演情報はこちら、とかいってみたりして。
http://jikando.com/nextstage.html