2013020802
時間堂劇団員6人組フォトバイ樹香

ありがとうございました。
何がかって、時間堂「テヘランでロリータを読む」東京/仙台公演全日程無事終了しましたよってことです。重ねてありがとうございました。

振り返ればもちろん、大変なことはたくさんあったんですけど、そのたびに多くの方に支えられて、無事に幕を下ろすことができました。毎回毎回思うことですが、事件が起きるたび、手を差し伸べてくださる方がいます。この御恩はどんどん先に送っていかないとね。世界なんか恩で溢れちまえばいいんだ。

56
仙台ツアーから車両返却時、走行距離901キロ。

仙台公演は、もちろん楽しかったです。体力的に過酷な環境を強いてしまいましたが、関係者がそのなかでベストを尽くしてくれました。仙台でもたくさんの方に足を運んでいただいて、本当にありがたかったです。

17
仙台公演千秋楽の前、ウォーミングアップ

作品も、東京から一皮むけて、それが観られて、また観てもらうことが出来て良かった。
でも、そのことを語るにはまだ、もうすこしだけ、からっぽのままでいさせて。

旅公演の楽しさは前回「ローザ」のときにつくづく感じたのだけど、今回は、前回一緒じゃなかった人たちが超満喫しているのをみて、ああ、本当に良かったなあと思った。作品が喜ばれることが一番かもしれないけど、チームが喜ぶことだって大事だ。どちらもいい線いったと自負しているので、大変なこともあるけど、やってよかった。悔いはない。

42
雪の仙台、定禅寺通りを打ち上げ明けの早朝に

くやしいことは、いっぱいあるけど、ね。それはまたべつのおはなし。

時間堂にとって、厳しいことと嬉しいことの両方がパンパンに詰まった作品でした。どちらも未来に繋がってゆく切符だと思っています。厳しいことは肚の太さに、嬉しいことは集団の灯火になっていくことでしょう。愛があれば、どちらも消化できると信じています。

31
愛情のあるわたあめと、愛情に欠けるわたあめの、形状と作家の違い

さて、個人的には黒澤世莉、5月以降のひまっひまです。よく「お忙しいんでしょう」とか言われますけど、そりゃ忙しいときもありますけど、暇で暇で困るときもありますので、遠慮なくお仕事振って下さい。
お仕事募集中です。ワークショップ、演出、執筆など、ご依頼お待ちしております。
また、劇団員の鈴木浩司、菅野貴夫、直江里美、ヒザイミズキの、俳優のお仕事も募集してます。とくにヒザイは「私ほめられるけどオファーはこないのよね」とかやさぐれて困っています。なんとかしてください。

ご相談はinfo@jikando.comまで、お気軽に。

00
仙台駅から藤崎に抜けるアーケードで見つけた、気仙沼とかのグッズを扱っているお店で見かけたかわゆいものたち。

振り返る振り返る詐欺の黒澤世莉ですが、次のブログはもうちょっと作品のことをしっかり振り返ろうかなー。と思う。