時間堂「テヘランでロリータを読む」東京公演無事に終演いたしました。ありがとうございました。13公演あっという間でしたね。毎日楽しく新しい作品の日々でした。

仙台公演に向けて準備の日々ですが、ひとまず感謝の気持ちを込めまして、蔵出し写真をおおくりします。無作為に並んでいるのでテキトーに好きなとこから眺めてください。

00
集合写真、つじこ抜き
お仕事の都合で参加できなかった辻村優子さん以外のメンバー。

20
辻村優子とケーキ
お誕生日サプライズの直後ですね。なんだか可愛く写っています。オノマリコさんに呼ばれて演出した「解体されゆくアントニン・レーモンド建築旧体育館の話」でもご一緒しましたね。そもそもの出会いは某研修所でしたね。ナスリーンという困ったちゃんをエネルギーいっぱいにやってくださってます。

33
長瀬みなみ
おやすみモードですね。関東大会出ちゃうスポーツ女子で、元気生命体みたいにしてますがそれだけじゃないんですよ。時間堂はバルサを目指しているのに、菅野貴夫にイングランドバリのキックアンドラッシュだねと言われてそれならジェラードになりたいというくらいにはサッカー好きですが、もうこの下りが興味のない人には呪文ですよね。

55
菊池佳南と、まいまいこと石井舞
時間堂には味方という制度があって、まあつまりお手伝いさんなんですけど、そんな佳南さんと、味方ではないですが、超手伝ってくれたまいまい。ふたりとも俳優で参加して欲しいなー。佳南はまだ原西さんが仙台にいて稽古に合流する前に、仙台で全部の女子の代役をやってくれました。まだ本役が誰も絡んでないのに。いやあの時は助かったです。

39
猿田モンキーと木内コギト
時間堂3回目コンビですが、ふたりとも出演作かぶってないので初共演です。モンキーさんは舞台の上では素敵なのに飲み会では最低ですね。コギトさんはシャドーという相性で親しまれていました。シャドー演出家って意味ですね。時間堂ではみんなで意見を出しあって作品作るんですが、そのとき演出目線の鋭い意見が多いのでシャドー演出家と呼ばれ、いつしか演出家が消えシャドーだけが残りました。見た目と悪っぽさのギャップがいいんでしょうね。

40
平佐喜子と阿波屋鮎美
おねむなおふたり。二人の共通点は何よりビールを愛しているところです。平さんとはあまり会話をしたことがないのでどんな人だかわかりませんが、綺麗ですよねというと体を震わせて「このひとはどんな悪い企みを持ってこんなお世辞を言うんだろう」という反応をします。あと男前な声が出ます。阿波屋さんはなまるところが素晴らしいですね、動画日記でも見られるので見てください。ずっとなまっていて欲しいです。寝相が男前です。

10
井坂俊と菅野貴夫
井坂さんがあきらかに嫌がっているのが手に取るように分かっていい写真ですね。体は大きく気は小さい料理上手という、漫画に出てくる典型的な男がリアルに存在するものなんですね。舞台上ではあんなに怖いのに。貴夫は言わずと知れた時間堂の排水口です。今回の座組ではみなみがいちばんのお気に入りなようですが、本人の名誉のためにオフレコにしてあげてください。

21
打ち上げ半ばでおもむろに歯を磨き出す 原西忠佑
仙台から東京にお呼びしてほんとに良かったですね。ド変態野郎をやってもらいましたがご本人もエロい人でした。まあ別に舞台上でド変態ならプライベートはエロくなくても良かったんですけど。熱い男です。

45
渡邊亮、手創り市を徘徊する
打ち上げで撮らなかったので昔の写真でお茶を濁すシリーズです。王子とのあだ名が付いていて確かに男前だなーと思って見てましたが、いじめるとリスみたいになるのが可愛いです。いつも遠くから石を投げてくるような感じなので、無理やりインファイトさせてみたいですね。何の話か自分でもわかりません。

44
とあるシーンの稽古中のヒザイミズキ
お茶を濁すシリーズです。公演中でも使っているシーンですが、どこだかわかるでしょうか。分かったらすげえ記憶力ですね。あと角度にもよりますね、どの席に座っているかで全然見えなかったりしますから。テーマは風を感じながら、だったかな。風を感じているようです。

37
顔ケーキ直後の樹香
お茶を濁します。なかなか顔ケーキをする機会はないと思うんですが、日暮里のイラン料理屋さんで顔ケーキされるという珍しい経験をしましたね。そんな目に遭いながらこんだけ嬉しそうに出来るのは樹香の人徳だと思います。いいやつです。あとは言われたとおりに動けるようになるだけだね。

36
鈴木浩司と直江里美
お茶を濁しますね。劇団員コンビです。直江はめずらしくものを食べていない写真があったのでこれにしました。浩司は何をしているんでしょうか、携帯を観ているのでしょうか。私はなぜこんな写真をとったのでしょうか。窪田優卒業式の時の一枚だと思われます。

28
大森晴香と森忠治
プロデューサーズですね。仙台のオシャレカフェで打ち合わせしているところを激写しました。おしゃれカフェ多いんですよねー仙台。仙台公演もよろしくおねがいします。

18
オノマリコと黒澤世莉
最後は、よーく見ると写っている、本公演の劇作家オノマリコと、わたくし黒澤世莉の誰かが書いた似顔絵です。彼女が書かなきゃこの公演はありませんでした。ありがとうございました。岸田とるんですかね。早く取ればいいです。オノマリコと長瀬みなみは、顔の下半分がとても似ていると思います。

以上、ゆかいな仲間たちです。仙台公演もよろしくね。

時間堂「テヘランでロリータを読む」仙台は2月6日(水)19:15、7日(木)14:00/19:15 。絶賛ご予約受付中。
3,000円で足元ひっくり返す演劇体験を。【ペア割】【学割】【リピ割】【時間割】あります。

公演情報/ご予約はこちらから
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/52153007.html