ぎゃひー、もう一週間たったのー。
KATO企画「あの日、あの雨」が3月11日に終わって、今日はもう18日ですよ。あっというまの一週間でしたわねえ。クイックプレイバックマイ一週間。

日本演出者協会「三好十郎を読む」の、パネルディスカッションに参加してきました。
ひさびさに佐々木さんと話せて楽しかったなー。オレの知り合いインテリ四天王か七人の侍にランクインされるインテリゲンツィアで、バカ。

趣向「三月十一日の夜のはなし / わたしのお父さん」の通し稽古にパジャマでお邪魔してきた。
パジャマは来ていませんでした嘘でした。
「決して共有できない物語を、いかに手を伸ばして共有していくか。それが問題だ」という確信を得られた時間。観に行って良かった。面白いから観に行ったらいいよ。公演情報はこちら。
http://ow.ly/9IvdP

スミカ「囁く夜と飴玉のいくつか」、菅間馬鈴薯堂「春待草」、とよねん作演出「清水の次郎長」観てきた。
スミカは観に行った女子(一部男子も)が腰が砕けたようになっていた。いけない飴玉のような作品です。大切におもてなしされた感のある演劇公演を観たければどうぞどうぞ。
http://sumikasumika.seesaa.net/

菅間さんは、ファンタジーオブジャパニーズトラディショナルライフ。あいかわらずのしみったれパンク。いいかんじでした。とよねんはがんばっていた。

スミカと趣向はいい役者揃ってて、いいなーと思った。

アゴラで某新プログラムの研究会に参加。
教育プログラムの作成って超クリエイティブで楽しい。仕事だけど楽しいよ。

時間堂「ローザ」初稿を受けて、台本協力オノマリコさんと二稿に向けての会議。色々方向が見えた、ような気がする、といいなあという願望がある、のでがんばります。
KATO企画があってすこし寝かせてから再度読みなおしたんだけど、「ローザ」初稿、面白いよ。なんだこれ面白いじゃん。でもアラもあちこち目立つし、伸ばしきれてない伸びしろが多いので、もっと面白くしてやろうと思います。

資料探しで、古本屋に引き寄せられる。いい掘り出し物もあり、予算の都合で断念するものもあり。ジーンベネディティのスタニスラフスキーの本が渋谷で会ってアレが欲しい。近所の古本屋にあったチェーホフ全集はあえなく嫁に出てしまったようで悔しい。アーサー・ミラー全集の歯抜けをそろそろなんとかしたいが、そもそも貸してる奴に返して欲しいよ。

秋口に某所で某発表会をアレする打合せをしたり。これで結構なスケジュールになったぞ私ゃ、という感じです。台本選びがなー。男3~6、女4~8、総勢7~14の現代劇で、60分から90分のいい戯曲があったら教えてください。

おかげさまで黒澤世莉2012年は売り切れました。2013年はまだまだ販売中ですので、

絶賛お仕事募集中
演出 / 俳優指導 おまかせください。info@jikando.comまでお気軽にお問い合わせお待ちしております。