キコ「Live forever」
明日19:00初日の幕を開けます。明日の予約もできるし当日券も出ると思うので、興味のある方はぜひお越しください。お待ちしております。

公演情報はこちらから。
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/52026091.html


某日
小屋入り。サイスタジオ大山に。これから6日間お世話になります、よろしくお願いします。

あるとき、小栗さんが「キコは合うはずのない物質同士を無理矢理混ぜ合わすようなことをしているよね、いっつも」と言っていた。本当にそうだと思う。そういう時ものすっごく大変なのは、主宰の彼はもちろん、演出家つまりわたしと、制作と舞台監督。まとめ役の負荷が上がる。負荷が上がるのは望む所で、それで作品が良くなるならなんぼでも上がったらいいよ。

マヨネーズもね、決して混ざり合わない物質同士を混ぜあわせたら出来るわけで。原子爆弾なんかもそうだね、反応しにくい物質同士を無理矢理反応させると大爆発、条件が合わないと何も起きないっていう。

今回に関しては、成功してる。

スタッフワークがヤバイ。荒船さんの映像マジでヤバかった。あれでまだ未完成だと。。。みどりさんの音響熱い、「爆音で。」しか言わない小栗さんのオーダーに馬鹿正直に答えてる。。。南の照明が職人技、この舞台美術と映像と小屋環境の三重苦をまったく感じさせない美しさ。松本の美術が秀逸、見えそうで見えなそうで見えるギリギリの線を突いてくる。縁の下の演助チームが細やかにかつ長時間気を抜かずにザルからこぼれた部品を丁寧に掬い上げてくれている。

俳優陣はもう言うまでもないです。いい仕事します。

仕込み場当たりと、当然山あり谷ありなわけですが、作品のためと方向が一致しているので、踏ん張りがきいてます。

明日が楽しみだ。早くお客さまと出会いたいです。大山でお待ちしてます。