劇団朋友さんのアトリエ公演の演出をやらせていただくことになりました。
http://www.gekidanforyou.com/index2.html

2008年6月。演目は「月並みなはなし」です。

ひとの縁の不思議で初演ができて、
たくさんのひとの助けで再演ができて、
つまりは、自分以外のひとの力を借りられた結果で、お誘いを頂きました。

感謝の気持ちを忘れないように。ありがとうございます。

演劇を続けていると、たぶんなにを生業としていてもそうなんだけど、
ふと空しくなることがあって、

自分はなんのために続けているんだろうとか、
こんなことがんばってどうなるんだろうとか、
どうせ誰も評価なんかしてくれないさとか、
ねじけた考えになります。

だから、「演出家」として必要とされたことが、うれしい。

お金とか、ひとの調整とか、大変なことがたくさんあっただろうに、
リスクをとって私を呼んでくれている企画者に、ありがとうございます。

自分の力で出来る限りの協力をしたいです。

よんでくれてありがとう。楽しくがんばらずに全力でやりまーす。