mixiや他のブログばっかり書いていて最近さっぱりご無沙汰の自分ブログですが、久々にここだけに書きます。

「そもそも論」ていうことを最近はよく考えます。
たくさん考えるべきことがあると、だんだん頭がこんがらがってきます。そういうとき、「そもそも一番重要なことは何か」を考えると、うまくいきやすいということです。

当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、これが難しい。私はモノゴトを難しく考える癖がついてしまっているので、問題を無駄に複雑にしてしまいがちです。

できるだけ、単純に、シンプルにしていく。
そうすれば自ずと答えは見つかるものです。あるいは、答えとは言わないまでも、その状況の中で最善のやりかたがみえてくるというか。

演劇をつくっているととか、演技をしているととか、同じです。仕事においても日常においてもそうでしょう。
「そもそもなんで演劇やってるんだっけ」とか、
「そもそもなんでこの仕事してるんだっけ」とか、
「そもそもなんでこのプロジェクト」とか、
まあ書き始めたらきりがないです。

大きな成功、成果というのは、単純化されたそもそも一番大事なことの、たんたんとした積み重ねだと思います。いきなり全部解決しようとするのではなく、そもそもなんだ、に落とし込んで、それを繰り返すのが、結局近道なんだろうなと。

おすすめです、困ったときの「そもそも論」。