ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

February 2017

P_20170208_155428
大工仕事は苦手な黒澤世莉です。

「おめーなんで苦手なくせに偉そうなタイトルつけてんだよ」

て思いますよね。私も思います。ごめんなさい調子に乗って。

いままでの演劇公演も、十色庵のリノベーションも、全部人任せでした。

「こんなふーなの、ほしいなー」って言ったら、みんなが作ってくれました。

そうしたら、なんということでしょう。「自分でもできるかも」みたいな気持ちになっちゃいました。アホですね。アホっていうか、お調子者ですね。

デザインを考えるのと、実際手を動かして作るのは、違うと、あとで気づくことになるのさ。

43
こちらの下側の図面が、だいたいわたしの新居と同じ寸法です。

見てもらえれば分かると思うんですが、収納がほぼないです。

ほぼない、っていうのは、ちょっとはあるから。
(1)シャワー室隣の棚
(2)台所の上とシンク下
(3)洗面台の下と鏡の中


どうです?見た感じ、少ねえな、て思うでしょう。

少ないんですよ、収納。風呂桶がない、にならんで、数少ない今の部屋の欠点です。

で、じゃあその欠点をどうするか。なんぼ物が少ない黒澤世莉だって、それなりに服も本もありますからね。

考えた末、大きく2つはひつようだなー、て思いました。ほんとはもうちょっとコマゴマあるけど、大物は2つ。

13
(1)押入れ または クローゼット
買うと33,600円(1個)。
30
(2)オープンシェルフ または 本棚
買うと69,000円(2x2を3個)。

でまあ、買うか作るかどうするよ、て話になるわけです。

はたして、わたしはどう決断するのか?

次回へつづく。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ2/20,21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52397683.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170125_071529
京都タワー(本文とは関係ありません)と黒澤世莉です。

よくこのブログで「自分を知る」「自分と仲良くする」ことは大事だって書いてます。

それはそれで間違ってはいないんですけど、そこだけ書いちゃうと誤解を産むなーって思ったんで、自分との付き合い方について書きます。

嬉しいときとか幸せなときは、あんまり問題にならないかと思います。
が、悲しいときや怒っているとき、つらいときなんかは「自分を知る」ことに集中しちゃうと、あんまよくない場合がある。

どういうことかっていうと、自分どうしたいんだろうとか、自分はこれでいいのかとかいかんのかとか、自分に集中しすぎちゃうと苦しさを加速しちゃう場合がある。

「苦しい」みたいな部分に焦点絞れちゃうとね。苦しい100%になっちゃう。

しんどいときに冷静に自分を知ることができると楽になりやすいと思うんだけど、そもそもしんどいときは自分を見失ってる場合が多いからね。

P_20170127_092446
こちらは通天閣です。(本文とは関係ありません)

じゃあ、そういう自分に意識を持ってくと余計にだめになりそうなとき、どうしたらいいのかって話なんですけど。

自分じゃなくて、誰にフォーカスをあてればいいかって話ね。あるいは、何に、でもいい。

簡単に言っちゃえば、自分の大事な人・ものにあてればいいんじゃないかね、て思うよ。

パートナーでも親でも子どもでも。

ペットでも夢でも目標でも。

結局、外との関係なしに自分というものも成立し得ないんだし、相対的に考えることで思考の裾野を広げることが出来る。場合がある。

こっちはこっちでさ、自分の外に思考を持っていくことで、自分のことを考えずに済んじゃうサボり、が生まれる弊害はあるんで、そこだけ気をつけてね、て感じです。問題から目をそらすのに、家族とか夢とか目標は都合がよく響くからねえ。

自分の内面と外側の、調和が大事。

外側との関わり方を定めるために、内面を理解する必要がある。
内面の進む道を定めるために、外側のほしい状況を知る必要がある。

まあだから、キツーってときに自分に集中すると、ハムスターみたいにぐるぐる回って気持ち悪くなっちゃうから、そういうときは「そもそもわたしにとって誰が・何が大事なんだっけだっけ?」みたいなこと考えると、スルッと突破口が見えたりするよ、てはなしでした。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ2/20,21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52397683.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
たーきーとWさんと黒澤世莉です。

右側の男性はターキーといって、バベルというボードゲームの作者です。

BABEL
http://gamemarket.jp/game/babel/

いまやボードゲーム業界でちょっとした話題になってるようです。言語が通じないものたちが、協力して塔を立てていくゲーム。塔のパーツに工夫があって、ちょっとずつサイズや形が違うものを、適当に組み合わせないとクリアできない。一枚一枚丁寧につくられた部品も美しいゲームです。

下北沢のボドゲカフェに納品に来た際にごはんたべましたね、ひさしぶりに。

Avfという、イベントやったりフリペつくったりしてたグループ一緒にやってたのはもう20年まえですかそうですか。

バベルの驚くべきことは、全部手作りというところです。すげえな。

でも、たーきーらしいなって思うわけですよ。わたしは。だって彼はゲーム作家じゃなくてペーパークラフトアーティストだから。

だから、精巧なボードゲームも、工芸品と思って何セットも作るとか、まあ、出来るんだろうな、て思います。さすがに200セット納品とか言われるとアホかと思うけどね。

お互い20年近く生きていればそりゃいろんなことがあるわけです。この日は「生きててよかったねえ」て言い合う言葉が染みました。

抱えている問題はそりゃあたくさんあるよ、生きてる年月だけね。

それでも、ごはんたべて笑える仲間がいるのは幸せなことです。

生きてるだけで丸儲け、です。

あ「バベル」面白いのでみんな買ってねー。紹介します。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ2/20,21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52397683.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

カレリスタのみなさま、こんばんは。黒澤世莉です。
個人的大阪ナンバーワンは言わずと知れた旧ヤム邸ですが、その他にも愛すべきカレー群との出会いがありましたので、ここに記します。

虹の仏
P_20170129_124619
虹の仏 [四天王寺前夕陽ケ丘]
今回出会った中で最も好きだったのが「虹の仏」です。断然一押しナンバーワン。また行きます。
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27066977/

P_20170129_123722
四天王寺参道にありますので、お参りがてら食べたらいいと思います。天王寺からも歩けるよ(ちょっと遠いけど)
出汁キーマの出汁が濃厚で印象に残ってます。店内もおしゃれ。

cafe 黒岩伽哩
P_20170128_152008
千日前駅からほどちかい「cafe 黒岩伽哩」も美味しかったです。
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27076849/

P_20170128_153441
キーマを食べたいですねえ、次は。夜23時までやってて、ランチタイム過ぎちゃってもOKなところがGOODですね。15時とかにカレー食べたい難民のみなさま、難波あたりだったらこちらへ。

メシクウタン
P_20170126_140245
「メシクウタン」は恵美須町と千日前の間くらいにあります。ノムソンカリーのご近所ですね。

プーリーついてるあたり泣かせるじゃないですか。ちゃんとしたカレーです。

ノムソンカリー
P_20170125_132324
ノムソンカリーは3回目かな。なにしろ恵美須町にあるってのが便利(超個人的な理由)。
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27086130/

しっかりとしたスパイスカレーで安心です。ただいつも混んでるのがねえ。。。昼休憩で行くと食べられず帰ることになるかもしれません(経験者談)
あとエージェントはスキャナーを持っていってください。いいことがあります。この言葉の意味がわからない人はスルーすてください。

P_20170127_134931
上等カレーBR

わたし上等カレー苦手なんですよね。甘くて濃くて、大阪のフルーティーあとから辛い系は全般苦手です(マドラス)とか。

でも、BRは豚バラ抜いてるだけあって、あっさり食べやすかったです。コストも380円からなんで、軽くカレーってときの選択肢にはなるかなー、て思いました。

以上、2017年1月のカレー行脚でした。来月もお楽しみに(やるんかい)。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ2/20,21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52397683.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
今年は今のところ大阪でだけワークショップをしている黒澤世莉です。

このまま関西が拠点になるのかしら。

というわけで「シンプルに共演者と関わる、とはなにか」をみんなで深めていきましょう。新しい経験かもしれませんが、怖くないですよ。お待ちしてます。

黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ 2017年2月大阪
https://www.facebook.com/events/1798065410516675/
(以前にワークショップを受けられた方より)
「演技をしていて生きていないと言われます。そこの根本的なことをやらせていただきました。」
「メンテナンス的にもすごくいい、新しい発見もありました。」
「不安と心配でいっぱいでしたが収穫いっぱいで、新しい扉を開きました。」

■日 程
2月20日(月)14:00〜17:00 俳優クラス 
       18:00〜21:00 アドバンストクラス
2月21日(火)14:00〜17:00 俳優クラス

※俳優クラス → 俳優として舞台に立ったことのある人、もしくは俳優志望(学生参加可)

※アドバンストクラス → 黒澤世莉さんのワークショップに3回以上参加したことの有る方。

※終了時間はやや延びる可能性があります。受講後にご予定のある方はあらかじめご相談ください。


■定 員:各12名(先着順)
■参加費:俳優クラス2,500円 アドバンストクラス3,000円 2クラス以上受講の方500円引
■応募方法:タイトルを「2月大阪WS」としてE-mailにてお申し込みください。
【1】参加希望コース 
【2】お名前(ふりがな)
【3】この案内を知った媒体(○○さんのTwitter など)
【4】年齢【5】性別【6】電話番号【7】メールアドレス【8】住所【9】備考(演技経験、健康状態等)
 ※2016年以降、tocotoco主催WSを受講された方は、【1】【2】【3】と変更箇所のみお送りください

■応募先:ws@tocotoco.biz

◆お申し込み後、4日以上経過しても返信がない場合、通信事故が考えられますので、お手数ですが再度お問合せください。
◆応募後、「ws@tocotoco.biz」より自動返信メールがあり、参加受付となります。定員となっていた場合や、直前にご案内する事があれば「tocotocodayo@gmail.com」よりご連絡いたします。お手数ですが、両方共メール受信できるように設定お願いいたします。

■会 場:座・九条
 大阪市西区九条1-28-20 阪神なんば線「九条」すぐ/地下鉄中央線「九条」徒歩5分
http://shihohkan.la.coocan.jp/The_Kujo/kujo_index.html

■問い合わせ先:info@tocotoco.biz (tocotocoしょうとくりぃむ はたみ)


★tocotocoしょうとくりぃむ
2013年より演劇ユニットとして大阪で活動。又、演劇ワークショップ、複数劇団が参加するミニ演劇祭「演劇動物演」の企画等をしています。
人と人が関わり合い舞台の上で生きるということ。この演劇の根本を学ぶ機会をもっと増やしたく、ワークショップの開催を続けきました。更に作品作りまでを一緒にすることで、成長し共に楽しみたいという思いで2017年6月に新ユニットで公演予定。
----------------------------------------------------------------
●黒澤世莉プロフィール
演出家。佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞受賞。札幌演劇祭TGR2014特別賞(作品賞)受賞。
スタニスラフスキーとサンフォード・マイズナーを学び、2009年に時間堂として活動を開始。2016年12月31日に劇団解散。劇団外部の演出も多数。
「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。
俳優指導者やファシリテーターとしても円演劇研究所やENBUゼミ、PAVLIC他で活動中。


主催:tocotocoしょうとくりぃむ  協力:黒澤世莉 ・ 鎌谷潤吉(僕らの陰謀)





____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
カレーを食べること、ではありません。黒澤世莉です。

カレーを食べながら、人生の達人たちに、パートナーがいつまでも若くいられるためには、どうしたらいいのかね?て聞きました。

達人たちは、「そんな簡単なことも分からないのかい、この愚鈍な亀め」とでも言いたげに笑いながら、教えてくれました。

「自由にすることだよ」




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170119_081930
黒澤世莉です。

前回の引越狂想曲で、こんなの持ってないって書きました。
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ、ガスコンロ、タンス、本棚、ベッド、ダイニングテーブル

ミニマリストを気取ってるわけじゃないですが、エクストリームミニマリストですよね。家が寒いともてないよとたしなめられたこともいまではいい思い出です。

持たざる生活は、朝出たら寝るまで帰ってこない、ていう時間堂時代は良かったんですが、2017からは家で過ごす時間を増やそうと思ってます。なので、持たざる生活だと、不便。

家に何もないときの節約と、家で過ごす節約は、ぜんぜん考え方が違うのです。

と、いうわけで、引越しはいいけど家電がない。わあこりゃあ一大事だ、てことで、超必殺技を発動しました。みなさまも真似してみてください。

ゆるぼです。

いままでゆるぼで手に入れてきたものは数しれません。以下箇条書き

・デロンギオイルラジエタヒーター(里子)
・シーリーセミダブルベッド
・オーブンレンジ
・洗濯機
・ティファール圧力鍋
・米30kg(美味しくいただきました)


ちなみに、ゆるぼですらないものもあります。拾ったとか、貰ったとかですね。
・ガスファンヒーター(里子)
・ちゃぶ台
・天童木工のチェア&オットマン
・アップライトピアノ(里子)
・桐箪笥(里子)
・西川羽毛布団ダブル


図々しく頼めば、いろいろ貰えるものなのです。図々しさが鍵です。

だって、処分するにもお金がかかるものだってあります。お金払うくらいなら、誰かに引き取って、元気な余生を過ごしてもらったほうがいい。お金がかからんまでも、捨てるのってけっこう罪悪感ありますからね。

で、自分も不要になったら送り出してあげればいいのです。

いままでわたし、個人でやりとりして、不快な目とか大弱りしたこと、ないですねえ。

「そんなゆるぼっていわれても、リアルにもネットにも友だちいないわよ。。。」

メイ、君にはこんなアイディアがあるぜ。

ジモティー:東京版:家具
http://jmty.jp/tokyo/sale-fur

各地域で、家具や、家電のやり取りが出来るやつ。です。

今回の引っ越しでは、ここでシーリーのセミダブルベッドと、無印の冷蔵庫をゲットしました。

ジモティーは、有料売買もあるので、基本ゼロ円で検索した方がいいでしょう。で、ゼロ円は競争が激しいので、返事が帰ってきてもめげない。今回も10件あたって1件成約、みたいな確率だった気がします。なんで、引越し前は一日二回、お昼休みと晩ごはんのあとチェックするといいと思います。

有料だと、なんか、探すの大変。まあ地域を絞ればそんなことないかもだけど。

冷蔵庫が上のリストに入ってないのは、お金出して譲ってもらったからです、1万円。

これ、重要なポイントなんですが、無料のほしくないものより、お金出してもほしいもの、がいいです。無料冷蔵庫も結構出てるんですが、古すぎたり、小さすぎたりするんですよねえ。

そんな中で、無印の冷蔵庫は、もともと欲しかったので、お金出してもいいかな、て思ってゲットしました。いまんとこ順調に動いてます。

中古家電は、それこそ壊れちゃったら一巻の終わりだからね。

だから、細々したものは買わないといけないけど、大物が一万円で済むと、だいぶ節約です。

ただし、3個気にしないといけないことがあります。

1)これらは車で運ぶのが前提。そして、一人では運べないので、屈強な男性のパートナーが必要ということです。実際今回も、ベッドや冷蔵庫は一人じゃ運べなかったです。

だから運ぶ日を一日にまとめて、なるたけレンタカー代が安上がるようにしました。これ、毎回借りちゃうと、仕事して新品買ったほうがいいんじゃないか?て気になるので、気をつけて。

2)時間がかかる。家電量販店でぱっと選んで買ったほうが時間はかかりませんね。

3)中古品である。わたし母がリサイクルショップやフリマやってたんで、中古品になんの抵抗もないんですよね。そういうひとにはおすすめです。エコだし。

ていうことが気にならないとか、むしろ好きだ、ていうひとは、いいんじゃないかなー。と思います。

次回は家具がないなら自分で作ればいいじゃない、です。お楽しみに。




____________________おしらせ____________________

ワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[2/20、21][大阪]

「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

jtc17vpics01-29
黒澤世莉です。

まー、ほんと、碌なことがない日ってのはある。
誰が悪いってことでもなく、自分の感じ方だからね。クソだぜ。

でまあ、クソだぜ、てのは認めたほうがいいと思う。

「誰も悪くない。前向きに明るくいなきゃ!」みたいなことがんばると、それが強迫観念になりかねん。ポジティブな自分に、クソッタレだぜって自分が追い詰められる。

いやいや。クソがって思った時点で、もうクソがって思っちゃってるからね。思っちゃったところから聖人君子のやうに振る舞うのは無理がある。

「なんだよクソったれみたいに攻撃的にならなきゃいけないのか!?」

まあ落ち着けよボブ。そうは言ってないんだぜ。クソったれだぜって思っちゃう自分、を認めようってことね。

でね、クソったれめって思う自分をちゃんと認めてあげる。これが意外と難しい。誰かを攻撃するか、自分を責めるかして、自分と向かい合うことを避けようとするんだよね、わたしたちは。なんでか。

自分を認めることとか、自分と向かい合うってのは、習慣にしないとなかなかできないもんなんだろうね。

そいで、まずクソったれめって思っちゃう自分を認識して承認すると。その上で、そう思っちゃう自分や一日を愛せるといいよね。

生きてないと、傷つくことも怒ることも出来ない。生きてるだけで丸儲け。悲しみや怒り、辛さや痛み、孤独や寂しさ、死んだら全部無。

生きているから味わえる。

写真は時間堂『三人姉妹』ラストより。

明日はいいことあるよ。おやすみなさい。




____________________おしらせ____________________

2017年最初のワークショップは大阪で:黒澤世莉 マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ[1/29][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52395341.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(10:00〜19:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

↑このページのトップヘ