ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

May 2016

48
黒澤世莉です。中谷弥生さんからいただいたタマゴ、双子でした。お得な気持ち。美味しい。

ああNational Thaetre Live「コリオレイナス」が観たい。〆切やらなんやらで、だめですねえ。あああ。「3月はちょっとばたばたするけど、4月5月は大丈夫」とか言ってた気がするんですが、嘘だ。もう5月が終わるなんて信じないぞ。

時間堂『ゾーヤ・ペーリツのアパート』の稽古が三回終わりました。6月からきちんと演出ノートつけようかと思っているので、お楽しみに。

さて。

筋トレ嫌いでした。ていうか、運動全般嫌いだったんですよね。子どものころ。だって人より苦手なんだもん。

でも、おとなになってから、フットサルとか自転車とか山登りとか、好きだなって思うようになりました。これは他人と比べるのをやめたからですね。

単純に、楽しい。あと、気持いい。だから、運動は好き、でした。

演出助手、田中星男くんが「気持ち良いから続くんですよね。覚えるし」て今日の稽古で言ってて、ほんとにそうだなって思います。

で、筋トレはやっぱ、いまいち良さが分からなかったんですよね。なので、ずっとやってなかったです。でも、今は好きで、ほぼ毎日やってます。朝ストレッチとヨガ、晩筋トレ、それぞれ30分から1時間くらい。

きっかけは、豊橋で小林真梨恵さんとトレーニングしてて、習慣になったことが一つ。
あとは、今年に入って時間の使い方を変えたことがひとつ。好きなことだけすると決めると、ストレスが軽減されたからか、寝起きが良くなって、一日の時間が有効に使えるようになったんですよね。

で、朝晩ストレッチヨガ筋トレすることで、どうなったか。正直体型はさほど変わってないんですけど、体重が増えました。筋肉が増えたんでしょうね。

なにより大きい収穫は、日中の事務作業の集中力が上がったことですね。モチベーションが上がりやすくなったし、集中力の切れ目が減りました。これはもっぱら、朝のヨガの効果かもしれませんが。

筋トレ自体も、関わってんじゃないかなーて気がします。

筋トレは、習慣になると、単純に気持ちいいので、続きますよね。やらないよりやったほうが気持ちいいので。

で、筋トレにはまってくると、食生活も変えたくなってきます。とりあえずいままで見向きもしなかったサラダチキンを買うようになりました。おにぎりのが安いし、て思ってたんですけどねえ。低カロリー高タンパクに目が行くようになってきました。

ま、そんなに厳格にはやってないですけどね。

あと二ヶ月弱で公演なので、それまでにシックスパックが目標です。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

16
自転車ででかけたところ、一日中雨雲になつかれた黒澤世莉です。昼には止むって言ったじゃないか予報。写真はPitymanのみなさんにいただいたアップルパイ。美味しく頂きました。

というわけで、先週まで十色庵という、時間堂が運営しているスタジオでは、Pitymanという劇団が「けいすけくん地獄」という演劇公演をしていましたよ。

Pityman
http://pityman.jimdo.com/

おはなしは、三又かけてるけいすけくんがひどい目にあう、ていうお話です。個人的にはスカッとしました。

それはさておき。

今回はABCと3チームあったのですが、3つのチームを見ていて思ったことを書きます。結論から書けば、ゲームが面白い班は公演も上手く回ってるなー、てことです。

正確に言うと、ゲームの面白がり方がチームで共有されていると、公演でも遊びと余裕が生まれて、それがいい結果に結びついている、てことです。

人様の劇団のことなので、あんまり事細かに書くことは控えますが、まあ、そんなに難しいルールではなく、俳優同士がよくやるような言葉を使った即興的なゲームですよ。ワークショップなどでも見かけます。

そういう簡単なゲームでも、取り組み方次第では、公演に活かせるんだな、て再認識できました。良かったです。

48
Pityman劇団員のみなさま。公演お疲れ様でした。

さて、こっから先はPitymanの公演とは関係がなくなります。そこで見聞きしたことではないので、ご承知おきください。

個人的には、シアターゲームとか、エクササイズと呼ばれるものがすごく好きなんですね。公演そのものより、そっちのほうが好き、ってくらい好きです。

でも、みんながそうではない。気合い入りすぎて頑張りすぎてしまう人とか。だめだめ、周りみて〜、てなる。ゲームのルールに縛られて、ルールを守るためにゲームやってるみたいになっちゃう人とか。ちょとちょと、ルールは遊ぶためにあるんだよ、縛られてどうする。

ゲームやるのが目的になってるひともいますね。いやいや作品つくろうよ、てなります。目的を見失うな。なんとなく流してやっちゃう俳優さんもいます。もーね、そゆのは見てるとすぐ分かる。だめよー手を抜いちゃ。バレバレよ。

ただ好きか嫌いかは置いておいて、演劇の現場で組まれているメニューって、なんでも公演に活かせると思うんですよね。繋げていけるというか。その繋ぎ方が、ニアリーイコール遊び心で、それはイコール想像力と呼ばれるものだったりするんだろうな、て思います。

なにげない、とるに足らないように思える練習にも、意図や意義があって、それを活かせるかどうかは、個人の意識次第なんだろうな、て思います。

でも、単純で簡単な話、遊び心があるひとは、俳優としても魅力的ですよね。公演をどうするかも大事だけど、ひとつひとつのプロセスを楽しめてるほうが、結果が出る。そういうアホみたいな単純な話なんだとお思います。

好きこそものの上手なれ、ねー。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

12
黒澤世莉です。見かけた犬。

日本酒が好きだからって、浴びるほど飲んじゃうと、翌日後悔しますよね。

だから、好きなモノを独占しようという欲は、折り合いをつけて付き合わないといけないな、て思います。

これがなかなか難しくって、一回ハマると、すごく視野が狭くなっちゃうんですよね、わたくし。たとえば、気に入ったゲームは48時間ぶっ続けでやっちゃうとか。本読んだら読み終わるまで眠らないとか。

そういうのは長く続かないんですよね。燃え尽きちゃうし。ゲームとかならいいけど、他人が絡んだりすると迷惑かけたりしますしねえ。

独占したいとか、熱中しちゃうとかは、やりすぎちゃうとあんまり良くないな―、て知ってから、そういう欲望をコントロールするようにはなりました。適度な距離感、大事です。

好きなものほど、ほどほどに。です。

そうそう、時間堂『ゾーヤ・ペーリツのアパート』お得な先行販売、おかげさまでとても好評で、ほぼ完売御礼となりました。ありがとうございました。7/29金昼だけ、まだ残ってます。よかったらご利用くださいね。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

02
あんまりしない黒澤世莉です。写真は座・高円寺の天井。好き。いい劇場だよね。

異性を挑発みたいな話じゃないです。演劇的な挑発です。それも「なんじゃそら」て話ですけどね。

なぜそんなことを考えるに至ったのかというと、『ゾーヤ・ペーリツのアパート』作家のブルガーコフが、そういうことを求めてそうだな〜って思うんですね。作家がと言うか『ゾーヤ・ペーリツのアパート』という作品が挑発を求めてる気がしています。

わたし、台本の要求を探すんです。そこから演出組み立てるんです。シンプルな俳優の居方と関係および台本の要求が、私の演出の二つの核ですね。だから、台本の要求によって、毎回演出の方針が変わる部分があり、それが毎回の違いになる感じです。

普通の

で、今回は挑発になるわけねー。いや、まだ分かりませんが、挑発がヒントになるかなって。

『ゾーヤ・ペーリツのアパート』は三幕の台本です。ブルガーコフが最初にこの台本を書いたときは四幕ものでした。ブルガーコフの意図が、検閲やクライアントの要望で歪められたんです。

そういうことを演出に取り込めたら、一段階おもしろレベルをあげられるんじゃないかな―、て考えています。

45
夜の番人、雑司が谷警備隊。

それで、演劇的な挑発に関して考えています。

挑発が安易なのはヤだなって思ってます。歌って踊って最後は脱ぐて良く書いてますが、たとえば脱ぐのは挑発じゃないと思うんですよね。それを挑発的に感じる方はいらっしゃるかもしれませんが、それ自体は挑発じゃない。

いわゆる挑発的な演出、はしたくないなーって思います。アバンギャルドっていうか。例えば、舞台上が無人とか、爆音でセリフが聞こえないとか。そういう演出そのものを批判するわけじゃなくて、そういうことを安直に選択したくないっていう意味です。

本質的に挑発したい。

それは、どういうことなんだろう、て考えている。

このブログでも何回も書いていますが、ピーター・ブルックは「演劇とは、観客が俳優をみていることだ」みたいなこと言ってます。挑発するっていうことは、この根本構造をゆるがすってことなんだよなー、て思ってます。

で、それって具体的にはどうするねん、てことですよ。脱ぐとか、爆音とか、客電つけるとか、そういうことじゃないだろう、て気はするんですが、じゃあなんだろうなー。

なんだろう。逆転したらいいんだよな。革命が起きればいいんだよな。劇場内で。観るものと演るものの関係がひっくり返ったらいいんだよな。いやいや、どうやって?

演出家っていうのは、日々こんなことばっかり考えている変態です。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

53
自転車をメンテナンスしてもらった黒澤世莉です。

ブログ読者のみなさまは、マイ自転車の後輪が無残に破壊された事件はご存知かと思います。そのときに行った新宿三丁目の有名な自転車屋さんで「ブレーキシューがそろそろなくなるので、交換したほうがいいですよ」て言われました。

なんで近所のバイシクルスサナエっていう、いきつけの自転車屋さんに持って行ったら

「まだ大丈夫でしょ。調整だけしとくね★」

て言われてそのまま走ってる黒澤世莉です。

おかげさまで快調です。

儲かってる会社は、儲ける仕組みがしっかりしてるなあ、て勉強になったなあ僕は。

07
バイシクルスサナエの周囲も厳重に警備されています。
12
たまにサボってます。

さて。

昨日のブログにて、楽しいことがいっぱいある人がうらやましいなあ、ていうことを書きました。その続きです。

わたしが実は犬派だということは知られた事実ですが、猫が嫌いなわけじゃないです。ていうか猫も好きです。でも犬のほうがもっと好き。遊んでくれるし。

でまあ、わりと動物好きなんですけど、そんなに興味があるかって言われると、そうでもないなー、って思います。たとえば動物園とか、行こうと思わないんですよね。それほど興味はない。ディズニーランドよりはマシかなーって思うけど。

というように、ディズニーにも興味が無いです。よく出来てるなー、て思うけど、ふーん、て感じです。ネズミとアヒルでしょ。ネズミなんて身近にいて困ってるわ。あと犬。犬はリアル犬のほうが好き。

わたしは興味の幅が狭いんですよね。好きなモノはかなり好きだったり、熱中したりします。が、それ以外のものには冷淡。無関心。

で、興味の幅が狭くても、好きなものに時間をかける時間が足りないな―、って思います。それなのに、興味関心が多い、好きな人や物が多いひとって、いったいどうしてるんだろう。

そんなに、多くのものを同時に愛せるものなのかしら。

って、不思議に思っています。

予想。好きなモノが多くて、かつ愛情を注げる人は
・要領がいい
・切り替えが早い
・マルチタスクが出来る
・睡眠時間が短い


このあたりの才能があるんじゃないですかね。やー、なんか、仕事できそう。うらやましい。わたし、最後の二つがてんでダメです。ひとつに集中すると切り替えられないし、たくさん寝ないと能力低下がヒドい。やっぱ向いてないですね、博愛は。

狭いところに集中して、愛情を注ぎます。私は。

多趣味だったり博愛だったりな方々、たくさん興味を持ったり、たくさん行動するコツ、あったら教えてください。

おまけ
時間堂『ゾーヤ・ペーリツのアパート』オトクな先行予約が5/29日24:00までやってますが、おかげさまで期限を待たずに完売間近です。まだ7/29金は若干残っているようなので、この機会をお見逃しなく。
http://t.livepocket.jp/t/za201607

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

16
レモンソーダと黒澤世莉です。十色庵のとなり、ガトーココで飲めますので、Pityman『けいすけくん地獄』ご観劇の前後に、いかがでしょうか。400円。

最近は一日に二つ以上の予定が入ると、おっくうになってきました。年ですね。黒澤世莉です。

一日一タスクで生きていきたいものです。

さて、最近話題のものにイマイチのれてなくて、やはり私の感覚は世間とズレているのねー、と思っています。

そもそも、私は昔から、興味の幅が狭かった。好きなものは熱中するけど、多数派の人が好きになるものには興味がわかなかった。いまだにテレビとかアイドルとか、分かりませんけど、子どもの頃からなので根深いです。

でねー、別にそれでもいいやー、て思ってるんですけどね。自分の感じ方は変えられないし。

ただ、色々なことに興味を持ってる、好奇心旺盛な方とか。様々なものを好きって言って、実際にお金と時間を使ってる方とか。

うらやましいです。だって、魅力的ですからね、何かを楽しんでる状態の人間って。

興味関心の幅が狭い私としては、せめて人から紹介されたものは、食わず嫌いしないで味わってみます。

好きなものはめっちゃ好き、ですけどね。

あと、私みたいなへそ曲がりは私以外にもきっといて、そういうヘンクツなやつらの胸を打つような作品が作りたいです。

58
ピクニックとハイキングの違い、長年の疑問が氷解しました。ありがとうシアターガイド、においてあったカレンダー。

実はこういう趣旨のこと去年にも書いた気がするんですが、改めて身近に楽しめる才能があるひとを見て、しみじみ思ったので書きました。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

omote_jtc201606rtflyer0525ol
黒澤世莉です。

『ゾーヤ・ペーリツのアパート』一色かと思いきや、ぜんぜんそんなことない日々を送っていますよ。同時並行して何本作れるか、もはや何チャレンジか分からなくなってきたよ。しかも生まれて初めて真山青果を演出するよ。もちろん『玄朴と長英』もはじめてさ。無謀だね―。

だって、面白いんだもん。この台本。じゃあ、仕方ないよね。

出演の、岩尾祥太朗さんと、西本泰輔さんは、どちらも時間堂のワークショップに定期的に通ってきてくださる俳優さんです。ワークショップは、初心者が技術を学ぶだけでなく、キャリアのある俳優が、己の技能を向上させるためもあるのだ、ということを、この作品がとっても面白くって、時間堂らしい仕上がりになることで、証明しようと言う野心があります。

おはなしは、幕末の蘭学医、伊藤玄朴と高野長英の、自分の尊厳をかけた戦いです。いやー、男臭い。こんな男臭い話、レパートリーではやってないですね。こういうのやりたかったので、わーいわーいです。マリオ・フラッティの『橋』とか、マイケル・フレインの『コペンハーゲン』とか、恋愛のかけらが微塵もない物語、もっとやりたいです。

面白い本と、素敵な俳優が揃ってるんですから、そりゃ、面白いですよね。当然。

十色庵でお待ちしています。

時間堂レパートリーシアター【2016.6】『玄朴と長英』他
http://jikando.com/2015-10-26-05-27-33.html
【ネタバレ注意】時間堂レパートリーシアター感想まとめ
http://togetter.com/li/951600

毎月、十色庵で演劇を上演する「時間堂レパートリーシアター」、折り返しの半年です。今月は客演二人で、真山青果『玄朴と長英』を上演いたします。今年のレパートリー唯一の初演です。ご期待ください。続きを読む

52
紫陽花と黒澤世莉です。もうすぐ6月だもんなー、って思いました。

私の忙しさバロメーターは、未読メールの数です。メインとメーリングリスト以外の未読が3ケタ越えると、けっこうやばいなー、て感じですが、いま449通です。まあ広告とかですから。

しかしバロメーターって、よう言わんな、最近。初めて書いたかもしれない。

というわけで、時間堂『ゾーヤ・ペーリツのアパート』稽古初日、からの、時間堂ワークショップ演技:アドバンストクラス、あわせて10:00から22:00まで、無事乗り越えました。

いやー、なんだかんだしっかり12時間演劇しちゃいましたね。

31
美しい女性出演者のランチタイム。

準備が十分か、すげえ心配してたんですけど、ワタワタしたりすったもんだしたり、したわりに、か、したおかげで、かは分かりませんが、いい稽古初日だったんじゃないかと思います。

いよいよはじまりました。

やー、ほんと、出演者がみんな面白い。すごいなー。どこを観ても見どころ。必ずなんかやってる。これ成立すんのかな、ていうことも、ちゃんと成立させてくれる。

『ゾーヤ』に気合入ってるな―自分、て思った後に、いやそんなことないや、て思い直した。別に時間堂の公演全部気合入ってるよ。全部大事な子ども。もちろん、『ゾーヤ』もね。

あと2ヶ月で公演です。面白くなるのは当然として、その先にどう持っていくか。演出家の責任は重大ですね。明るく楽しく舵取りしようと思います。

その前に、まず時間堂レパートリーシアター『玄朴と長英』がありますけどね。こちらもお楽しみに。真山青果と相性いいと思いますよ、わたし。へへえ。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

image
黒澤世莉です。

おかげさまで時間堂『ゾーヤ・ペーリツのアパート』先行予約がご好評をいただいています。7/30土13:30は予定枚数を終了してしまいました。みなさまありがとうございます。他、29夜30夜は比較的余裕ありみたいなので、よかったらご検討くださいね。






さて。

自分でもすっかり記憶になかったことが、あるきっかけで突然思い出されることがあります。脳ではなく、身体が覚えてるんですよね。

たとえば、お父さんのポマードの匂いとか。

たとえば、元カレのマフラーの手触りとか。

たとえば、子供のころ毎日見ていた景色とか。

なんでもいいんですけど、なにかふとした具体的なきっかけで、自分でもすっかり忘れていた、歓びとか、悲しみとか、悔しさとか、そういう感情にアクセスしちゃうことってあるんですよねえ。

忘れたようで、しっかり覚えているのが、人間の身体みたいです。

なるたけ優しくしてあげましょう、身体に。

明日はいよいよゾーヤ・ペーリツのアパート、稽古初日。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

26
最後のプレ稽古を終えた黒澤世莉です。時間堂『ゾーヤ・ペーリツのアパート』の話です。

8回もあったんですよ、プレ稽古。4月頭から、最初はユハさんもいて、スピーチテクニックなんかもやりました。それから顔合わせやスタッフ会議があって、スタッフ会議はセクションごとにそこそこ回数をやってます。合間にロシア勉強会もやって、縁遠い1920年代ソビエト政権下のモスクワに、にじりよってます。

演出家なんてものは準備がすべてです。このブログでも何回も書いていますが「作品の質は稽古初日には決まっている」すなわち、稽古が始まるまでにどれだけ準備できるか、が勝負なんです。

でも、いっくらやっても、やってないことの方に焦点がいっちゃいますね。これは私の悪い癖です。もともと想像力を悪い方に働かせる傾向があるんですよねえ。

完全に冷静に公平に、というのは無理ですが。こと作品に関して言えば、虚心坦懐に言って、ここまでは、プロダクション全体として良い準備ができているんじゃないでしょうか。

振り返ればあっという間でしたが、この8回に、そうとう情熱を注いだつもりです。いや、でも、あっという間だったようで、長かったなあ。

私の能力がヘボくても、イカれた俳優19名と、腕利きスタッフがみっちり顔を揃えてますからね。私もヘボくないですし。いい作品になると思います。

すっごく過剰で絢爛な演劇に見えて、美の本質は削ぎ落とされた奥にある、みたいなやつにします。

あ、分かりにくいよね。歌って踊って最後は脱ぐ、笑えるブラックコメディです。スタイリッシュでお下品な音楽劇です。

いよいよ始まります。そして、始まれば一瞬で終わり。

お楽しみに。

今日の10:00から、めっちゃオトクな先行予約がスタートしました。7/30土13:30がいきなり売り切れたりして、増席させてもらったり、ありがたい話です。劇団公式Twitterがこまごま説明してるんで、転載しますね。5/27日24:00まで。














細切れにされた世界で、ブルガーコフはどんな気持ちで生きていたんだろう。

____________________おしらせ____________________

【キャンペーン】黒澤世莉を2万円で売ります【先着5名様】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52361098.html続きを読む

↑このページのトップヘ