「ハンサム部」こと旅する演出家:黒澤世莉blog

Director Seri Kuroawa's blog / 旅する演出家 黒澤世莉のblog

January 2016

14
場当たり、ゲネプロを終えた黒澤世莉です。わいわい。

時間堂レパートリーゲネプロを撮影しました。もはや映画監督状態です。そんで、ちょい見せ動画ってのをこしらえましたので、ご観劇を迷われている方はご参考に。ご観劇いただいた方は、思い出してお楽しみ用に、ご利用くださいませ。

【ちょい見せ】「言祝ぎ」(イトウワカナ作)【時間堂レパートリー】


【ちょい見せ】「熊」(チェーホフ作)【時間堂レパートリー】


くどくど文章で説明するより、見ていただいたほうが分かることが何倍も多いので、こちらお気に召されましたら、足をお運びください。

お席は売るほどございますが、1/22金23:15現在、1/23土13:00「言祝ぎ」は12名、18:00「熊」は7名となっておりますので、当日お越しいただいても十分お席にご案内できます。13:00の会はお子様連れでのご来場OKですので、子育て中のパパママのみなさまもご来場くださいませ。

時間堂レパートリーシアター【2016.1】 『言祝ぎ』/『熊』
http://handsomebu.blog.jp/archives/52359851.html
2016年1月23日(土)〜25日(月) at 十色庵


「演劇見て、お酒飲んで、おしゃべりする」っていう文化を作りたいなって思ってます。そういう場所があることが、世界をちょっと居心地良くすると思ってます。たとえ自分が足を運ばなくても、そういう場所が近所に「ある」ってことが重要で。

最近くじけがちではありますが、やれるところまでやってみようと思います。

明日は嵐だけどね。

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6】http://handsomebu.blog.jp/archives/52359648.html

【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

続きを読む

55
辛いだけであんまり美味しくないな〜って感想だったことを、買ってひとくち食べた後に思い出して黒澤世莉です。ほんとうに一口食べるまで食べたことあるって思い出せなかった。これは味覚の記憶が偉大なのか、オレの脳が腐っているのか。カネとオンナがほしい。西日本は盛大な寒波がきているそうですが、みなさんお気をつけください。物流が止まると食べ物が不足するかもなので、備蓄しておくといいようですよ。わたしは盛大なカンパを求めています。サブリミナルです。銀行口座は新生銀行上野支店普通口座とここまで書いてさすがに口座まるっと公開はやばいのか?と思ってヤメました。これがネットリテラシーです。

というわけで、心が折れました。




こういうかまってちゃんな書き込みをSNSに展開する人を眉をひそめて見つめる私ですが、自分で書いてみるのは「だってそういうこと書かずにポジティブポジティブな体でやってたってべつに状況が改善されてないじゃん」てことで習慣を変えてみようですよ。

まあ、あんま自分が好きじゃないことはやんないほうがいいとは思うんだけどね。だって、やじゃん、なんか、ネガティブなTweetとかFacebookとかさ、読むの。そっとミュートしちゃうよね。

その延長で、ひさびさに劇団Blogを書いたのですが、あらぶる魂をそのままぶつけたので、彼にも困ったものですね。

オレのやってることは全部ムダです:時間堂blog
http://blog.livedoor.jp/jtc2009/archives/2002875.html

明日から時間堂の2016年12ヶ月連続公演がはじまります。え、この流れで?それで宣伝になるの?いいんだよもうそういうのは。こういう企画のスタートって大々的に盛り上がるか信じられないくらいひっそりするかだと思うんですけど、いまんとこ後者になりそうです。1/22金9:45現在、1/23土13:00の会は予約4人です。4人の観客のためにがんばります。

時間堂レパートリーシアター【2016.1】
『言祝ぎ』/『熊』

http://handsomebu.blog.jp/archives/52359851.html

営業が下手で下手で仕方がありません、わたしも時間堂も。あんまり下手すぎてつくってるものがダメなんじゃないかと思いがちですがそのたびに「いいもんやってるよ」という声に励まされています。何を言っているのか分かりませんが情緒不安定なので許してくれとは言わないがいやなら読まなければいいじゃないかと逆ギレ気味でこの記事を終えたいと思います。

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6】http://handsomebu.blog.jp/archives/52359648.html

【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

続きを読む

04
気を使って串カツ屋に連れて行ってもらった黒澤世莉です。串かつ好きなんだよねえ。いまどき東京でも食べれるんだけど、大阪に行くとついつい行きたくなっちゃう。

というわけで、2016年1月大阪三日間ワークショップの最終日でした。2クラス「だれでも:演劇体験クラス」という、一般の方や俳優を目指していないみなさんのためのクラスがあって、それから演出家や劇団主宰のためのマイズナー・テクニック入門・座学と実践をしました。

だれでも:演劇体験クラスは、その名の通り、どんな方でもお楽しみいただけて、気分転換になる上に、生きていく上で欠かせないコミュニケーション能力や、自分に対する理解を、遊びながら学んでいけるクラスです。楽しかった、とか、ひさしぶりに演劇に触れてもっとやりたいと思った、とか、うれしい感想をいくつもいただきました。

13
演出家や劇団主宰のためのマイズナー・テクニック入門・座学と実践は、最終日ということもあり、ググッと成長の跡が見えるクラスになりました。もちろん、短い中で詰め込みすぎているので、消化不良な部分も多かったと思うんですが、それも折り込み済みというか、ある程度はそうなっていいかなって思ってました。

はじめての試みでしたが、演出するとか、人をまとめる主宰者になるとか、そういう方に向けて、より団体のパフォーマンスを上げるノウハウを、ある程度は伝えられたかと思います。実践の部分で、他の人がやってるのを観る時間を、もうちょっと増やす工夫を次回はしようかなと思います。

自分でも、なんとなくにしていた部分を、何となくでは伝えられないからと言語化することで、あらたな気付きや再発見があって、とても楽しかったです。またやりたいなあ。どこでも三日間の、マイズナーテクニックを使った演出家のためのクラス、受け入れてくださいよー。行きますよ、いつでも。

03
ABC3クラス合同の打ち上げには、いつものクラスに参加してくださる方が来てくださって、良かったです。東京からの参加者のもいらっしゃったのですが、その方は最後の電車で帰っていかれました。

東京にいると、東京の人とはかえって会わなかったりするんですよね。平気で2、3年会わないなんてことがある。関西に来ると、関西で必ず会う人たちっていうのがいて、その人たちには結構な頻度で会うことになる。

遠くの親戚より近くの他人、て言葉もありますけど、遠くに住んでるから移動したときは会おうとか、思えるっていうのもあるんだよなあ、とか思います。

さて、ずいぶん大阪にも着ているので、そろそろ次の動きもあるかもしれません。ご期待ください。そのときはまたブログに告知します。

今回仕切りだけでなくアシスタントもやってくださった、tocotoco しょうとくりぃむの酒井周太さん、畑見亜紀さん、サンキューでした。大阪の企画を広げていけそうですね。いつもコーディネートしてくださる謎の徳田博丸さん、ありがとうございました。新しい出会いも再会もあった参加者のみなさま、ありがとうございました。

東京来たら十色庵に遊びに来てください。そして、ワークショップか、なにか別の機会か分かりませんが、また大阪で会いましょう。

1/23土~1/25は十色庵でレパートリーが開幕します。「言祝ぎ」と「熊」の二本立て。どちらも面白いので観に来てくださいませ。

時間堂レパートリーシアター1月「言祝ぎ/熊」at 十色庵
http://handsomebu.blog.jp/archives/52359851.html

さて、開幕前はバタバタですよ、バタバタしながら、いい会にしないとなー。

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6】http://handsomebu.blog.jp/archives/52359648.html

【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

続きを読む

44
黒澤世莉です、写真は京都の聖と性の間。

「想像力には限界がある」と思います。他人の気持ちを思いやることはやっぱり難しい。さきほどのエントリ
http://handsomebu.blog.jp/archives/52360186.html

では、子どものいる方々にこそ演劇を見て欲しいなんて書きましたが、独身子なしの自分には、その大変さも喜びもちっとも分かってないんだと思います。

「日本語が通じることと、話が通じることは別だ。外国語でも話が通じるやつもいる」なんて文章が目に入ってきたりもします。

自分以外の他者を理解するなんてことは不可能だし、もっといえば自分自身だって理解することは無理だ。自分がしっかり理解できた状態は、きっと宗教的な悟りとよばれる境地だろう。

だから、自分を知ることや、他人を想像することに意味が無い、なんてスカしたことがいいたいんじゃない。だから、自分を知ることや、他人を想像することは、その結果ではなく過程に意味があって、その過程だけが、自分の人生を豊かにしてくれるヒントになるんじゃないかな、なんて思っている。

自分も他人も理解できないけど、よく見てよく聞いて率直に交われば、多少は息がしやすくなる、生きやすくなる、のではないか。

今年の抱負は、やりたいことだけやる、です。

〆切一個間違えて今日は夜更かしモードです。みなさん、ごむりなさらず、良い夜を。3日後、1月23日〜25日の時間堂レパートリーシアターのご予約も絶賛受付中ですよ。

時間堂レパートリーシアター【2016.1】
『言祝ぎ』/『熊』

http://handsomebu.blog.jp/archives/52359851.html

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6http://handsomebu.blog.jp/archives/52359648.html

【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

続きを読む

40
子連れで観劇できたらいいよね、の黒澤世莉です。

大阪ワークショップで、お子さんを育てながら俳優をされてる方と、稽古しながら子育てする大変さを伺ったりしました。子育て世代こそ文化や芸術に触れたほうがいいですよね、て話しました。

劇団員のヒザイミズキや、元劇団員の雨森スウともよくはなしますが、やっぱり子育て中に演劇を見に行くのは大変です。もちろん、二人以外の子育て中の友だちとも。

でも、子育て中はなにかと外の社会との接点が減ったりするし、そういうときこそ芸術作品に触れる時間が必要だったりするんじゃないかな、てはなしもしてます。

時間堂では、公演の時に託児サービスをつけたりします。もちろんあったほうがいいと思ってるんですが、とはいえそれも無料ではないですし、あずけてたって気にもなりますから、完璧な手段ではないですよね。

今年12ヶ月連続公演ということで、レパートリーシアターを赤羽の十色庵という、自分たちのスタジオでやりますが、そこでは週末13:00の公演は子連れフリーにしよう、てことになってます。十色庵は自分たちの場所なので融通もききますし、出入り口付近の客席を桟敷にして、座って見やすいようにしたり、ぐずったら外に出られるようにしておきます。

もちろん、大人の方も歓迎です。ノイズもある会になりますが、いろんなお客さまが寛容に作品を鑑賞する場って、ある意味創造環境として魅力なんじゃないかな、なんて思ったりもします。

蓋を開けてみないとどうなるか分かりませんが、子連れのかたなんてだれも居らっしゃらないかもしれませんし。でも、そういう機会を提供していきたいな、て考えてますので、やってみます。

今週末さっそくやってますので、ご利用くださいませ。お席はまだまだございます。

jtcrt201601postcard
時間堂レパートリーシアター【2016.1】
『言祝ぎ』/『熊』

http://handsomebu.blog.jp/archives/52359851.html

2016年1月23日(土)〜25日(月)
23日(土) 13:00『言祝ぎ』◎ / 18:00『熊』
24日(日) 13:00『熊』◎ / 18:00『言祝ぎ』
25日(月) 15:00『熊』 / 20:00『言祝ぎ』

◎・・・小学生以下のお子様もご入場いただけます ※保護者同伴のこと
★開場は60分前/カフェ営業あり
★演劇の上演は60〜80分、その後休憩をはさみ、アフタートークは約20分開催します。
★終演後は、ご歓談や交流の場としてしばらくの間会場を開放します。

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6http://handsomebu.blog.jp/archives/52359648.html

【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

続きを読む

image
黒澤世莉です。

東京では時間堂主催での定期ワークショップは終了しましたが、いままで参加していただいた方とのご縁を切るのは避けたいなと思っていまして、経験者のみのクラスだけはほそぼそと継続させていただきます。

過去出演者のみなさま、ワークショップ受講者のみなさま、いつもの練習をしに来てください。

よくシンプルに関わるとか俳優同士のやりとりって言葉を使うんですが、全然分からんて方もいらっしゃるんですよね。そういうお客さまにたいして、どう働きかけるのか、というのはなかなか難儀な問だとは思うんですが、私や稽古場で見ているみなさんには間違いなくそこで起きていることとして共有できているな、て実感してるんですよね。

実感できる人、と実感できない人が別れるものって、結構あると思うんです。たとえば「出汁」。日本人の多くは出汁の味が分かる思うんですが、外国の方だとなにが旨味なのか理解できないことがあると思うんですよね。

味に例えるのは分かりやすいと思ってて、カレーのスパイスの構成とか、日本人だと食べても分からないひとが多いだろうし。フランス料理のトリュフの良さって、わたしには分かりにくいし。「旨味」って、文化の共有であったり、子供の頃からの体験から理解が促されていくことなんでしょうね。

でも、それはすべて「旨味がない」ってことではなく「旨味はあるが、それを体感できない人もいる」ってことなんだと思います。もちろん、演出家としては、他の部分の工夫で面白がってもらうようにはするんですけど、私にとってそれは付け合せの部分というか、それこそ「味付け」の部分であって、演劇作品の芯ではないわけです。

わたしは、さっき書いたとおり、俳優同士のシンプルなやり取りみたいなものこそ、演劇の核の部分だと思っています。そこに共感してくださるみなさまは、全然お越しいただければありがたいかと思います。

俳優力を高めていきましょう。続きを読む

58
東京に帰ってきた黒澤世莉です。京都大阪のみなさん、ありがとうございます。雪に負けずに帰りました。

大阪ワークショップ二日目は、俳優クラスと、演出クラスの二日目でした。

俳優のためのクラスで、適切な人数って何人くらいだと思いますか。

ケースバイケースでしょうが、わたしは八人から十二人くらいだと思います。多くても十五人。それからすると、今回の20人越えは、多すぎたなと思います。

でもこれは難しいところで、じゃあ断って減らすのも、あんまり出来ないからどうかだし、時間を伸ばすにしても、長いことがいい事ではない場合も多い。一番いいのはクラスの数を増やすことだったんだろうけど、スケジュール的に難しい場合もある。

なんで、こちらも柔軟に対応するので、なるたけ早めに申し込んでくださるとありがたいです。

ともあれ、俳優クラスはモチベーション高く望んでもらって、参加者のみなさんにいいクラスにしてもらったなと思います。ありがとうございました。

17
演出クラスは、なんだかんだと、座学が多めな二日目になりました。演出やファシリテーションについて、マイズナーテクニックとの関係を中心に話しましたよ。

実技のパートのチャレンジが実を結んだ瞬間があって、それはとても良かったです。3日でマイズナーテクニックと演出について話すとか、ほんと中途半端になったら嫌だなと思って望んだのですが、核の部分が誤解なく伝わっているといいなと思いました。

ふへー、もうっと滞在したいね大阪。3日はあっというまだなー。

明日2016年1月19日火曜は、経験者向けのアドバンストクラスです。まだ若干申し込みできますので、気が向きたらおいでください。初めての方は申し訳ないですが、受け入れを中止してますので、悪しからずご了承ください。

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52359648.html

【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

d続きを読む

image
天王寺より黒澤世莉です。三日間ワークショップのために来ております。

【大阪】1/15金~17日→だれでも/俳優/主宰と演出家:ワークショップ【参加者募集】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52359251.html

こちらのブログでも書いている通り、いつも大阪でやっている俳優:演技ベーシッククラス(B)と、だれでも:演劇体験クラス(C)だけでなく、演出家や劇団主宰のためのマイズナー・テクニック入門・座学と実践(A)という、三日間通しの新しいクラスもやっております。長いので演出クラスと書きます。今日は初日のことを書きます。

会場の「あべのスタジオ」がほんとにいい場所で、駅の目の前なのに広く綺麗でつかいやすく、最高の環境です。近くにはやまちゃんというたこ焼き屋さんもあります。通いたくなる稽古場です。またここでやりたい。

初日は演出クラスだけやりました。関東からの参加者もいてびっくりしました。先日終わった王子小劇場ディレクターズワークショップ(DWS)に近いコンセプトのクラスです。王子のDWSは、演出家として活動している人たちが本気で作品づくりをする過程で、演出の能力を研鑽する場です。こちらの演出クラスは、マイズナーテクニックについて座学と実践にもとづいて学び体験し、自分の演出やファシリテーションに活用してもらうというクラスです。前者はより競争に近く、後者は授業に近いかなと思います。

演出クラス初日は、マイズナー・テクニックの概要と、俳優向けクラスの初日にやるような実践をしてもらいました。本来細かい説明はないほうがいいと思うんですよね、実践をするには。先入観が無いほうが、自分で体験を咀嚼するので、理解が深まる。説明しちゃうとその説明の枠で「たかをくくってしまう」からね、無意識でも、人間て。でも、今回は「他人に伝える技術としてのマイズナー・テクニック」てことなので、座学もやってみました。

これが三日間でどう転がっていくのか、正直わたしも分かってないです。三日間はテクニックを学ぶにはあまりに短い時間だし。でもま、全貌は不可能でも、種は得てもらえるように、がんばります。

なんにしろ、現場の悩みは深いわけで、そこに対して少しでも役に立つ技術が共有できればなと思います。

Cのだれでもクラスは今日飛び込みでも受け付けてますので、12時にあべのスタジオに来ちゃえばばいいよ。だれでも演劇楽しめます。
【大阪】1/15金~17日→だれでも/俳優/主宰と演出家:ワークショップ【参加者募集】
http://handsomebu.blog.jp/archives/52359251.html

興味がある人は王子小劇場DWSの記事もどうぞ。

王子小劇場ディレクターズワークショップ2016初日
http://handsomebu.blog.jp/archives/52358657.html

つまらなければオレのせい:2日目
http://handsomebu.blog.jp/archives/52358763.html

アクシデントが一番面白い?:3日目
http://handsomebu.blog.jp/archives/52358870.html

結果がでるひとの共通点: #王子小劇場DWS 最終日
http://handsomebu.blog.jp/archives/52359018.html

image
大阪といえばインディペンデントシアターと相内Pということで、遊びに行ったら劇団go toの初日打ち上げに突撃になりました。福岡からツアーで来ているそうです。なぞに混ざったのに受け入れてくれてありがとう。

九州戯曲賞を受賞した女性4人芝居で、ボクシングモノだそうです。これだけでちょっと胸熱ですよね。大阪では観られないけど、これから東京なので観てみたいです。全国ツアーたいへんだけど、すごいね。

東京公演もこまばアゴラ劇場で2016年1月29日(金)〜31日(日)であるみたいです。

劇団go to タンバリン
http://lets-goto.com/gototamb/

後ろの方に写ってる坂口修一さんと岩崎正裕さんも、3月に東京で公演があるらしいので、要チェックです。

謎の動画日記。

さて、大阪ワークショップ続きもがんばりますよっ。

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6】http://handsomebu.blog.jp/archives/52359648.html

【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

続きを読む

jtcrt201601postcard
黒澤世莉 at 大阪です。ご案内したつもりでしていないのが公演案内、ということで、栄えある時間堂2016年スタートの新企画レパートリーシアター一発目のご案内をいたします。2004年の年間6本公演の倍の12ヶ月連続公演をします。アホなんですかね。そうですね、アホです。ちなみに2004年は「月並みなはなし」を含めて書き下ろしが4本ありました。20代って元気なんだね。

レパートリーシアターっていうのは、wikipediaさんによると
レパートリー・シアター(repertory theater)は、専属の劇団が一定数の演目を交互に上演する運営を行っている劇場。レパートリー制。専属の劇団がある一つの演目を上演し続けるロングラン公演や、劇場外部の劇団が上演する貸し館制とは区別される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/レパートリー・シアター
だそうです。時間堂では60分くらいの短編を2016年で7作品、交互に上演する予定です。

というわけで、1月は去年のレパートリーのワーク・イン・プログレスやプレビューから、イトウワカナ作「言祝ぎ」と、チェーホフ作「熊」を上演します。会場はもちろん、われわれが他塩にかけて育ってている十色庵です。

本公演は2〜3時間ガッツリどっしりフルコース、みたいなのが多くて、ちょっとした覚悟がいる演目もよくやってる自覚がある時間堂ですが、レパートリーでは気軽に観に行ける、かつ味わい深いビストロのようなカフェのような演劇をやります。

観るだけじゃなくて、見終わった後は軽いトークイベントをやったり、お酒やお食事をおだしますので、そこで出演者や他のお客さまと感想を話したりする、みたいなこともやります。そういう時間を含めて、時間堂のレパートリーシアターという文化がつくれたらうれしいな、と思っています。演劇をやるだけじゃなくて、やる前後のお時間も含めて、足を運んでよかったな〜って思ってもらえるようにつくりたい。そして、何度も足を運ぶことが、その方の人生を豊かにするお手伝いができたらいい。

もちろん、見終わった後はサクッと帰るのが俺流だぜ、という方は、そのようにしてください。おのおのが好きな様に楽しんでくだされば、わたくしの幸いです。

というわけで、レパートリーシアターはじめます。作品は言わずもがな面白いです。現代の対話劇のキャッチーさとポップさ、本人はパンクだけど台本はフォークっていうイトウワカナ。押しも押されもしない巨匠チェーホフが、たぶんどうでもいい気持ちで書いたんだろうなと思わせられる、精密な構成のなんでやねんコメディ。どっちも1時間弱ですが、しっかり見応ありますよ。

十色庵でお待ちしてます。

http://jikando.com/2015-10-26-05-27-33/535-rt-201601.html
抜粋
時間堂レパートリーシアター【2016.1】
『言祝ぎ』/『熊』

「文化」をつくりたいと思っています。上質で多様な作品と、観劇後のお酒とおしゃべりを楽しみたい。
そういう時間を探していた方にお越しいただいて、お互いに関係することで、私達が思いもよらない新しいなにかを産んでいく。
そんな文化を味わってもらえれば幸いです。―黒澤世莉

2016年1月23日(土)〜25日(月)
23日(土) 13:00『言祝ぎ』◎ / 18:00『熊』
24日(日) 13:00『熊』◎ / 18:00『言祝ぎ』
25日(月) 15:00『熊』 / 20:00『言祝ぎ』
◎・・・小学生以下のお子様もご入場いただけます ※保護者同伴のこと
★開場は60分前/カフェ営業あり
★演劇の上演は60〜80分、その後休憩をはさみ、アフタートークは約20分開催します。
★終演後は、ご歓談や交流の場としてしばらくの間会場を開放します。


演目
『ロミオ中止』
作:黒澤世莉
かの有名な恋愛悲劇を上演する劇場に、クレームをつけにきた客の言い分とは。
このご時世、笑ってばかりもいられない、黒澤世莉の短編ブラック・コメディ。

各回上演
★男女二人の短編作品、出演者は当日発表します

『言祝ぎ』
作:イトウワカナ
元日。長女が暮らす実家に集まる、それぞれワケありの3人きょうだい。イトウワカナがポップに描く、家族になれなかった家族たちの再生の物語。
23日(土) 13:00 
24日(日) 18:00
25日(月) 20:00
出演
菅野貴夫、直江里美、ヒザイミズキ

『熊』
作:A・チェーホフ
訳:神西清
ほんとうに貞淑なのは男か女か?!「美貌の未亡人VS借金取りの大男」が威信をかけて白熱の議論を展開する、巨匠・チェーホフの中編笑劇。
23日(土) 18:00
24日(日) 13:00
25日(月) 15:00
出演
阿波屋鮎美、松井美宣、穂積凛太朗

すべての演出
黒澤世莉

料金(ウェルカムドリンク付)
一般 2,000円
U-23 1,000円
中高生 500円

※1月23日(土)13:00、1月24日(日)13:00の回のみご入場可
小学生 500円
未就学児 無料

予約
カルテットオンライン(web予約、チケット当日精算専用)
https://www.quartet-online.net/ticket/rt201601

会場
十色庵
(東京都北区神谷2‐48‐16 カミヤホワイトハウスB1)
*JR各線赤羽駅から徒歩約12分
東京メトロ南北線志茂駅から徒歩約10分

お問い合わせ
時間堂 
http://jikando.com/
info@jikando.com
03-6454-4308

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6】
【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

続きを読む

image
京都にたどり着いた黒澤世莉です。

タカギ珈琲 高辻本店
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26005195/
7:00〜19:00やっていて、高速バスで朝早くついちゃった人でも安心。モーニングが、トーストだけとか、ホットドッグとか、400円〜800円までいろいろ選べて、コーヒーも美味しいです。雑誌もある、昔ながらの喫茶店。なぜか食べログだとカタカナ表記になってるけど、漢字のほうがカッコいいのでタイトルは漢字にしたよ。

image
Aモーニング680円。美味しかったです。トーストがバターかジャムかシナモンを選べるって書いてあった気がするのに、特に何も言わなかったらバターになって、シナモンにしときゃ良かったーっていうことが心残りです。

「まいど」「おおきに」って声が聞こえるところが、京都だよなあ、って思います。周りの人がみんな関西弁で喋ってる。大変です。

image
大阪では今日から「演出家や劇団主宰のためのマイズナー・テクニック入門・座学と実践」というクラスをやります。今回の関西行きはこれがメインです。がんばりますよ。明日の「俳優:演技ベーシッククラス」は、パンパンの満員御礼ですありがとうございます。明後日の「だれでも:演劇体験クラス1月17日(日)12:00〜14:00(演劇やったことないかた大歓迎)」は、まだ余裕がありますので、もし予定が会う方はこの機会に受けちゃってください。
会場
あべのスタジオ  JR・地下鉄天王寺駅徒歩3分 近鉄阿倍野橋駅徒歩1分
〒545-0053  大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目3−54   http://www.fantoma.info/studio/index.html

応募方法
タイトルを「1月大阪WS」としてE-mailにてお申し込みください。
【1】参加希望コース(C)
【2】お名前(ふりがな)
【3】年齢
【4】性別
【5】電話番号
【6】メールアドレス
【7】住所
【8】備考(演技経験、健康状態等)
※2009年以降に時間堂WSを受講された方は、【1】【2】と変更箇所のみお送りください

■応募先  ws@tocotoco.biz

◆携帯メールからお申し込みのお客様は、「 ws@tocotoco.biz 」からのメールを受信できるよう、設定してください。

以下のリンク先に詳しい内容も書いてありますよ。
http://handsomebu.blog.jp/archives/52356824.html

では、演出家のためのクラス、がんばってまいりますっ。

____________________おしらせ____________________


2016年の時間堂は7月の本公演とレパートリーシアターの【12ヶ月連続上演】に挑みます
【次回公演】「ゾーヤ・ペーリツのアパート」2016年7月29日(金)〜31日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト【出演者募集〆切2/6】
【時間堂ソシオ(共同運営者)募集】時間堂主催公演の全演目がご覧いただけます。ともに文化をつくりましょう。
http://jikando.com/

続きを読む

↑このページのトップヘ