ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

November 2015

01
旅行大好き黒澤世莉です。

高校生と創る演劇「赤鬼」穂の国とよはし芸術劇場PLATでの公演、いよいよ今週末11月7日土曜・8日日曜に公演が迫ってまいりました。おかげさまでチケットのご予約も好評なようで、大変ありがたく思っております。当ブログ読者の方におかれましては「ちょっと、観たいかもな」て方もいらっしゃるんじゃないかと思いますし、また、google検索で「豊橋ってどう行ったらいいんだろ」というのを探す方もいらっしゃるかと思いますので、そんな方々のために一本記事を書きます。

PLATはいい演目が目白押しですし、豊橋はいいところですし、一回来たらいいと思います。
「赤鬼」公演情報はこちら。
http://www.toyohashi-at.jp/event/performance.php?id=189
2015年11月07日 (土)13:00/19:00
2015年11月08日 (日)13:00/17:00
開場は開演の30分前
※全公演終了後に演出家と出演者(各回別)によるトークあり


まず私のように「豊橋ってどこだろう」て思われた方。豊橋市は愛知県の東端、静岡県浜松市の隣りにあります。「東三河」という地域名がよく使われています。名古屋文化圏とはまた違った地域みたいです。


穂の国とよはし芸術劇場PLATは、豊橋駅から歩いて5分くらいです。駅ビルからペデストリアンデッキを通って、傘なしでたどり着ける好立地ですよ。


そういうわけで、PLATに行きたい場合は豊橋駅までたどり着けばOKです。ここから先は豊橋駅への行き方をご説明しましょう。もっぱら東京・大阪からのアクセスを書いておきます。近隣の方はわたしよりお詳しいでしょうし。駅前の公共駐車場の割引なんかもあるみたいなので、お車の方も安心ですね。

PLAT公式アクセスページ
http://www.toyohashi-at.jp/access/

あと、名古屋から豊橋まで、新幹線で当日往復2,320円(土休日、平日はもうちょっとお高い)ていうめっちゃお得なきっぷがあるみたいです。
http://railway.jr-central.co.jp/tickets/shin-toyohashi-round/
定価が片道3,570円ですから、どんだけ安いんだ、て感じです。そういや博多小倉往復もそんな新幹線あったなー、県内往復はやっぱ需要あるんでしょうね。

さて豊橋駅へのアクセスはもっぱら以下の3つでしょう。
(1)電車
(2)バス
(3)車

電車とバスについて、基本片道運賃を書いて、それぞれ見ていきたいと思います。

(1)電車
基本的に新幹線を使うプランAと、物好きのために在来線で来るプランBに分けてみます。

プランA 新幹線
東京→豊橋:新幹線ひかり指定席:8,940円
新大阪→豊橋:新幹線ひかり指定席:8,610円

豊橋には一部のひかりと全部のこだまが止まりまして、のぞみはとまりません。のぞみの乗り換えとかまぜるとまだ値段が変わるんですが、だいたいこんな感じ。往復で18,000円くらいですかね。パックツアーにすれば、おんなじ位の値段で駅前のホテルがついてくるみたいです。

時間はひかりで90分くらいなんで、意外と近いなーって感じです。日帰りするにはいい距離だと思います。最終のこだまは豊橋駅発東京行き21:02、豊橋駅発大阪行き21:45です。土曜19:00の公演を観ると、東京だとちょっとギリギリかもしれませんね。土日13:00、日曜17:00なら余裕です。

ちなみに、金券ショップで自由席を買えば、東京から7850円、新大阪から7,550円ていうのも見つけました。1,000円くらいお買い得ですね。

残念ながら、私の大好きなぷらっとこだまは設定されていません。

プランB
東京→豊橋:在来線乗換3〜4回:5,080円
新大阪→豊橋:在来線乗換1〜2回:4,750円

乗換回数は大体の目安です。東京からは6時間弱、土曜7:00の電車に乗って12:38豊橋駅到着。13:00の公演に間に合いますが、一度の乗り換えミスで一巻の終わりです。新大阪からは4時間弱。新大阪からはまだしも、東京からはあんまりオススメできないですねえ。いっそバスで来たらいいですよ。

(2)バス
新宿・豊橋エクスプレス『ほの国号』
http://www.toyotetsu.jp/tokyo/

片道4,600円、往復8,200円、4枚綴16,400円

7〜8時間で新宿から豊橋駅前まで行ける深夜高速バス。23:40新宿駅発、豊橋駅着5:40。時間が変則的だけど、新幹線の片道分で往復できるのは魅力だわね。

13:00の公演までどう時間を潰すかは、豊橋駅前の24時間やってるマンガ喫茶か、豊川駅で下車して飯田線で牛久保駅まで行って、6:00からやってる豊川コロナの湯に行くか、ですかね。豊川コロナの湯からは豊橋駅までの無料バスが出ますが、8:30過ぎないと動いてないからね。行きは自力で行って、豊橋駅までは無料バス、がいいんじゃないですかね。仮眠も出来ますよ。

コロナの湯豊川店
http://www.korona.co.jp/onsen/tok/Original/index.asp?Seq=915&SubSeq=1

京都行き高速バス『ほの国号』
http://www.toyotetsu.jp/kyoto/

片道3,500円、往復6,000円、4枚綴12,000円

これは自転車ピープルに嬉しい自転車積みこみサービスがあるので、オススメです、4時間弱。ただ京都から来るとかならず一泊するコースなので、それがつらいかもです。

こちらからは以上です。
豊橋はのんびりしたいいところなので、どうぞお楽しみください。
余力があれば、お店の情報を次に書く。余力が。。。あればね。。。

ほか豊橋情報
豊橋カフェめぐり、お気に入り順[2015]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52351644.html

39
どこまでネタバレしていいか葛藤深い黒澤世莉です。まあね、衣裳やヘアメイクはもういいんじゃないかな、と思ってさ。あとどこまでやっていいかなー。うーん。

高校生と創る演劇「赤鬼」公演まであと一週間、いよいよ小屋入りしましたよ。てか公演初日一週間前に小屋入りとか、ヨーロッパじゃ当たり前と言っても、日本じゃなかなか出来ないことです、何その贅沢、です。

というわけで小屋入りしました。一言。

超カッコいい

PLAT主ホールの空間と、原田さんの美術に演出チーム大悶絶、真梨恵「私が立ちたい」直江「いや私のほうが立ちたい」とにぎやかです。もちろん図面も仕込むモノも観てはいるんですが、実際の空間にはめ込まれると迫力が違います。市来さんの音響もさすが。囲み舞台の弱点の音の聞こえを完全にかつ自然にカバーしてます。及川さんの衣裳を着た高校生たちがまた映えます。これに榊さんの照明が入っちゃうんでしょ。もうどうなることやら。失禁覚悟です。

24
楽屋も衣裳部屋もあります。はあ、恵まれた環境。

というわけで、器はしっかり出来ましたので、中身をモリモリつくります。この日もしっかりビューティーレッスンから入りました。若い身体は、鍛えれば鍛えるほど答えてくれますからね。身体をしっかり鍛えているひとほど衣裳もバッチリ似合ってます。努力は実るもんだねえ。

そして、空間に出来るだけ慣れていきます。場所との出会いも人間との出会いと同じ、はじめましては緊張するし浮足立つものです。しっかり時間をかけて、いい部分も悪い部分も知って、深いお付き合いをしてくれれば、きっとこの空間は、みんなに力を貸してくれると思います。

自信を持って、この素敵な空間に立ってほしいなと思います。自信って上手い下手とか、実力のあるなしじゃないと思うんですよね。「自分のできることは全部やったぞ、これ以上は出来ないところまでやった、これがオレの精一杯だぜ」ていうところまでやったかどうか、時間の過ごし方とそれに対する認識なんだと思います。一日は24時間しかないし、ごはん食べて寝ないと元気に生きられない、学校行ってテスト受けるのも大事だし。その中で、自分のベストを尽くせたか。もしベストを尽くしたのなら、堂々とすりゃいいんですよ。だって、それ以上はないんだもん。それが自分のマックスなんだもん。成功しようが失敗しようが、堂々としてりゃいいんです。

自信持って舞台に立てれば、それだけで素敵なんですから。

https://www.facebook.com/PLATtoyohashi/videos/985859294804369/">
https://www.facebook.com/PLATtoyohashi/videos/985859294804369/">

【高校生と創る演劇『赤鬼』ティーズ特番ドキュメンタリー】本日18:45より、ティーズにて「高校生と創る演劇『赤鬼』ができるまで」が放映されます!お見逃しなく!http://www.tees.ne.jp/tees/そして、現在交流スクエアで放映中のCMがこちら。

Posted by 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT on 2015年10月29日
試しにかっこいいPVを埋め込んでみた。上手く表示されるかな。されなかったらPLATのFbページ観てよ、リンク貼っとくからさ。かっこいいよ。
https://www.facebook.com/PLATtoyohashi/videos/985859294804369/?permPage=1

01
演出チームで毎日、短い打合せをして翌日のプランを決めています。思い通りにいかないことは当たり前で、いろんな変更や、予想以上にうまくいったことや、機能しなくて捨てたプランもあります。でも、我々の仕事は結局、サッカーの監督やコーチと同じなんですよね。土台作りであって、成果を出すのは選手たち。畑を耕し種をまくのは私たちでも、芽を出し伸びるのは彼らです。

俳優たちが求めるものが、この舞台に生まれて観客に届くもの。

俳優たちが、大人にやらされてるんじゃなくて、自分が本当に欲しいものを求めること。

彼らが貪欲であれば貪欲であるほど「赤鬼」は遠くへ行けると思います。

そのために、何が必要か。一人ひとりがしっかり考えて、決めて、行動してくれればいいです。

あー、公演が楽しみだなあ。そのまえに稽古をしこたま味わいつくしたいと思います。

____________________おしらせ____________________

静謐な演劇空間「toiroan 十色庵」一般貸出スタート
http://toiroan.tumblr.com/


黒澤世莉 (時間堂・演出家) のプロフィールはこちら:2016年のお仕事募集中
http://jikando.com/member/seri.html ご連絡は info@jikando.com まで続きを読む

↑このページのトップヘ