ハンサム部ブログ

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

October 2013

おはようございます。疲労すると何が落ちるかって判断力と決断力ですよね、せめて判断力と決断力が落ちてるぞと自覚しながら周りにフォローを頼む公演前日の朝、黒澤世莉です。まわりもギリギリなんですけどね、容量が溢れそうなハードディスクに、データをあっちこっちうつしながら自転車操業で回してるみたいな感じです。

image
まちがえさがしです。おやおや、ひとり違う人がいるね、探してみよう。長瀬みなみ画伯の力作。他画伯たちが力作を展示する文化祭は11/4の時間堂「森の別の場所」の終演後ですよ。

image
看板を持つみなみ。絶賛劇場仕込中です。シアター風姿花伝は初めて使う劇場ですが、とてもいいところです。スタッフさんがとても協力的で、助かります。間違いなく作品の力になってくださっています。おすすめ劇場です。

image
照明セッティング。いつものスーパー照明家マン工藤雅弘さんと、スーパー演出助手ウーマンの野邊紗保莉さん、照明もできるスーパー演出助手。のべちゃんは森から来た動物みたいで、隣にいると癒やし波動が出ます。

image
おつかれさま、おじさんず。舞台スタッフがいない状況下、出演者で助けあっています。全員野球、頭が下がります。お疲れ様でした。出演者が手塩にかけた、シンプルかつ効果的な舞台セットをお楽しみに。

image
録音する音楽部。時間堂としてはひさしぶりに音楽を使います。その音楽も、こりゃ台本を上演するにあたって欠かせないだろう、ということで、スーパー音楽家マン後藤浩明さんと、演奏録音チームのみなさま。生でお聞かせできないのがもどかしい、すごいですよ。やっぱり生の弦楽三重奏は迫力が違うな―って演劇と全然関係ないお客さんみたいに思いました。劇場で聴いてくださいませ。

image
歌の練習をするガールズ。そう、今回は歌もあるんですよ。時間堂の歌といえば「三人姉妹」「花のゆりかご、星の雨」ですが、今回もいい歌出ますよ―。そういや「星の結び目」でも歌ってたあの人が歌うんじゃないかなあ。

image
ちょっとネタバレ。スーパー衣裳ウーマン阿部美千代さんの衣裳を着て舞台に立つ俳優たち。そういえば阿部さんは吉田小夏さんに紹介してもらったんだよなあ、とか思い出していました。こなっちゃんありがとう。人の縁とは数奇なものねえ。阿部さんの繰り出すイケメンスーツアンドドレスは19世紀南部アメリカ成金だぜ。日本語が変だけど許して。

というスーパーマンに囲まれた時間堂「森の別の場所」ですが、俳優たちもXメンばりにがんばってます。個人的には浩司がウルヴァリンで貴夫がサイクロップスみたいな感じ。原田紀行がマグニートーで美宣は外見だけアポカリプスな。

明日11/1(金)19:00初日です。初日限で、ささやかなおみやげがあります。じゃーん。
jikandogift

そして初日だけ、レセプションがあります、一緒に乾杯しましょうよ。ご予約はこちら。
http://www.quartet-online.net/ticket/moribetsu2013?m=0achddf

あと16時間、つまり10/31いっぱいで無料公開終了だよ、拙訳「森の別の場所」PDF1.3MB。リリアン・ヘルマンの名作だよ。
https://www.dropbox.com/s/92v4i3k2e73vdlc/morinobetsunobahso_x.pdf

「森の別の場所」公演情報はこちら
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/52229735.html

おまけ
40
スーパー雑司が谷警備隊マン。

今日忘れたものは水筒、鍵、傘の黒澤世莉です。その往復運動が電気になれば電力不足も解消され、原油やガスの価格の高騰による貿易赤字も解消し、日本経済も上向くのではないでしょうか。送り忘れたe-mailは忘れ物に入るのでしょうか。

image
このうつけものめ、と睨む雑司が谷警備隊。まったく恐ろしい。

image
客演さん5人が珍しく集まった図。つっても顔見えないけどね、だいたい。あと鈴木浩司も混ざってるけどね。
戦略的ディシプリンの話をしようと思ったんだけど、ネットがあまりに重いのでやめた。我が家のネットが最近重いのはauのせいかPCの問題か分からん。だがPC自体は他所のwi-fiではサクサクなのでやっぱauおよびHTC Butterfly およびAndroid周りの問題なのか。

本題に戻る。西本泰輔さん、早川毅さん、中谷弥生さん、高橋智哉さん、原田紀行さんの客演5名チーム。客演5名って珍しくって、ていうか時間堂は半分以上客演で劇団員が少数派ってのが多かったから、逆の状況が新鮮。

とても作品に対して献身的なのです。5人が5人とも違うアプローチで献身的。そんなのって素晴らしい。俳優のことだけでなく、演劇づくりのことをやってくれるの。

でもそう考えると、客演さんには昔から恵まれていたんだね。なんだろう。チームワークがいい。やっぱり戦略的ディシプリンが高いって言葉が一番しっくり来るんだけど。このことは後日ちゃんと書きます。それが今回の作品が、ザ・時間堂といえるものになる最大の理由だと思っている。

image
中央に演出助手松岡努さんをはさむヒザイミズキと松井美宣。
松岡さんは「テヘランでロリータを読む」でも演助でついてくれて、今回2度め。なのに5日しかいられなかったの。いやこっちの都合でね。いい演助なのです。今回も世話になりました。あああー。ほんと助かった。これ一回たるかったって打ってしまってそれに気づいて本当に良かった。誤植怖い。

image
スタジオバラシが終わり、佇む渡邉守さんと松井美宣。
松井美宣は小道具担当として懸命にがんばっています。守さんはご本人もお忙しいだろうに、美宣を徹底サポートして、小道具というクレジットをあげたいほど作ってくれてます。
一番新入り劇団員の美宣は「大きなボディーに小さなハート」というキャッチコピーがぴったり来ますね。初見で何も考えないで台詞をはいてるときが本当に魅力的なので、ただいるだけでいいんだよ。ということに自負を持って、勇気を持ってなんもしないでくれると素敵だと思います。

image
阿波屋鮎美と長瀬みなみ。今年加入のお二人は白と黒、水と油だねえ。仲良くなさそうで仲良さそうで、微妙な距離感が微笑ましいです。成長曲線の描き方が全然違うから、人間やっぱ違うなって二人を見てると思います。阿波屋は分かりやすく求道者。頑固ってのは個性であって悪いことじゃない。みなみは初めて鏡の前に立ったお姫さまで、その先の分かれ道をどちらに進むのかで全然違う人間になるんだろうね。どっちがいいとか分からないけど。

二人とも3年経ったら別人になってると思うので、いい意味での不安定を味わいに来て下さい。
時間堂「森の別の場所」あと9時間で小屋入りだわ。

公演情報はこちら
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/52229735.html

ご予約はこちら。11/1初日まであと2日。初日にぜひ観てほしい。そして終演後のレセプションに参加して、一緒にお祝いして下さい。お祝いしてくれるひとがいて、はじめて演劇になります。
http://www.quartet-online.net/ticket/moribetsu2013?m=0achddf

そういや知らないかもしれないけどこの「森の別の場所」ってのは私が翻訳したんですよ。奥様。お気に入りの台詞は
「波止場でバナナを積むだけの簡単なお仕事についたっていい」
期間限定台本公開してます。PDF1.3MB。リリアン・ヘルマンの名作を、秋の夜長にお楽しみ下さい。【10/31まで】だよ。
https://www.dropbox.com/s/92v4i3k2e73vdlc/morinobetsunobahso_x.pdf

いよいよ最終稽古に臨もうという昨今、みなさまいかがお過ごしでしょうか。黒澤世莉です。

22
雑司が谷警備隊の監視の目を縫って、日々禁治産者のたまり場、稽古場に赴いています。
最近のお気に入り写真いってみよう。

36
稽古場に入る菅野貴夫。このところ雨が多かった東京ですが、今週は晴れそうでよかったです。仕込み、公演初日は晴れていてほしい。業界としては雨も縁起がいいとかいいますが、ポジティブシンキングの賜物ですね、物は言いようです。そういう考え方好きですよ。晴れろ。

32
稽古場に入った菅野貴夫、その後。3時間演劇「森の別の場所」稽古は、出演者たちの精気をガンガン奪っていきますね。やる気と体力の折り合いをどこにつけるか、日々考えてます。あ、貴夫は今回メインどころで3時間出ずっぱりですが、いい仕事するので観てやって下さい。ミスター時間堂の「オレに主役をやらせれば面白くしてやる」という発言は裏切られません。

34
出演だけでなく、小道具としてがんばる松井美宣と、衣裳としてがんばる長瀬みなみ。劇団員全員なんらかの役職を抱え、両立させたり両立できてなかったりしながらがんばってますよ。理不尽な負担だなって思うこともあると思うんですが、演劇づくりは理不尽をどう笑うかだな、って考えてます。社会のなかでの立ち位置はもっと報われていいと思ってますけどね。でもま、全員でものをつくってる感覚は、作品の成果として芽生える確信があります。

03
直江里美。最近可愛くなったと話題。20代最後の舞台を20歳の役で迎えるというのは、なかなか乙な挑戦だと思います。のろまな亀こと直江里美の出す結果をお楽しみに。

44
原田優理子。稽古場に遊びに来たときだね。劇団員ではないけど、ある意味で劇団員以上に時間堂の支えになっているひと。集団というのはどうしても内向きになるものだと思うんだけど、外部からの愛情というものがどれほど重要なものかということを教えてくれる方です。いやー、でも人間いろいろだけど、優理子みたいな人っていうのは稀有だよ。世界が優理子になればいいのに。

33
お気に入りの一枚。左から、原田紀行と、ファンの方こと中谷弥生と、キャベツことヒザイミズキ。だーはらとは5年ぶりだっけ、ひさびさに一緒にできて嬉しいよ。弥生ははじめてで、俳優としてだけでなく、クラブ深読みのママとしてがんばってくれてます。客演のみなさんが本当に座組に対して献身的で、それにたいするお返しというのはなにかあるのかなと思うのだけど、作品がよくなることに集中するしかないよね。
ヒザイミズキは今回劇団都合でギリギリの状態なんだけど、看板女優の責務をはたしていますよ。第三幕は圧巻の場面と言っても過言ではないです。お楽しみに。ただキャベツ食ってるだけじゃない。ないんだってば。

拙訳「森の別の場所」 時間堂上演台本公開してます。PDF1.3MB。リリアン・ヘルマンの名作を、秋の夜長にお楽しみ下さい。【10/31まで】だよ。
https://www.dropbox.com/s/92v4i3k2e73vdlc/morinobetsunobahso_x.pdf

公演情報はこちら
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/52229735.html

ご予約はこちら。初日まであと4日。面白いとか言わせるよりも、語る言葉を奪いたい。
http://www.quartet-online.net/ticket/moribetsu2013?m=0achddf

時間堂「森の別の場所」公演初日まであと5日である。出産を5日後に控えた妊婦の気分である、というと語弊があるだろうし、違う気がする。いまの正直な気持ちは、ワクワクするなあである。

31
IKEAで買ったランプシェード。3年を超える裸電球生活に終止符を打ちました。

劇団は他人の集まりである。他人同士が集まるというのは、つまり衝突するということである。真剣に物事に取り組めば、価値観のズレは必ず起こるので、衝突するのが普通であり健康なことだ。

でまあ、衝突の仕方というのが問題なんだと思う。かげでこそこそ喋ったり、ビール片手に本人不在でブツブツ言ったりするのは、実に日本人的だけど私は嫌いだ。思ってることがありゃ言やいいんだ。

とはいえ、思っていることを言うというのは、意外と難しい。日本人は話し合いに慣れていないというけど、そういう次元の問題なのかな、と思う。外国人なら対話が達者かって言うとそうでもないでしょ。少なくとも、私が出会ってきた中で、対話が達者な日本人も、対話が苦手な外国人もいる。自己主張と対話は違うしね、自己主張の激しい人だから対話が上手かっていったらそんなこともないわけで。だからこれは、国籍問題や人種問題ではなく、もっと人間というもの一般の問題だと思う。

対話は居酒屋の愚痴トークでもないし、奥方の昼下がりトークでもない。自分と他人の違いを認め、その上で共に生きていくためのすり合わせだと思う。同じ価値観で異なる価値観を攻撃するのは対話じゃない。価値観の違う人間同士が衝突を繰り返しながら、致命的な大失敗にならないように物事を進めていくことだ。

なにか共同での作業、それは仕事でも過程でも子育てでも趣味でもなんでもいいんだけど、他人とは絶対に理解し合えない、と私は思う。「人の気持ちを考えて」というのは日本語でよく聞く言い回しだが、こういう言葉を選ぶ人が本当に「人の気持ちを考えて」行動しているかというと、自己保身に走っているケースが多いように思う。これは分からないから諦めろではなく、分からないからそれを認識し、承認することが重要なんだと言いたい。

たんに気分を言うだけのことは、具体的な解決策がなくて嫌だ、という意見も聞くが、またそう自分も思うことがあるが、自己保身の言い逃れではなく、自分の感じたことを率直に語る言葉は、対話にとっては非常に重要である。それはひとつに、チームメイトに対してあなたという人間を明確に伝えられるからである。あなたが気を使ってからにこもっている限り、最大のパフォーマンスが発揮できることはそうない。もう一つ、自分の言葉でシンプルに語ると、コップの水を空にするように、新しい発送や気分が芽生えるからだ。

例えば、今日の振り返りの時間で「ツカレタ」といった俳優は、それは言ったあと他の俳優のからの刺激と自分の心の変化によって、言う前より疲れに言い訳せず稽古に集中することが出来た。このことは、チーム全体にとって結局プラスに働いたと思う。

会議ばかりしている会社はダメだ、というのは本当だと思う。ただ、実務ばかりで話し合いの場がない会社もダメだと思う。要はバランスの問題だが、最適解は存在しない、その都度気分を悪くしながら、修正していくしかない。最初に言ったとおり、地球上の我々人間はそれぞれ別人であり、考え方も別ならば相手の気持も理解できないの。自分の望むものは相手にとっては無駄なものかもしれない。それでも、語ることによって「違う」ということは理解できるし、「違う人間がいる」ということを経験できる。「違う人間」で組まれたチームのほうが、より強いチームになる。たとえば、小規模でまとまったプレーしかないサッカーチームより、全員の個性がバラバラな方が面白いサッカーをする。それをまとめる監督は大変だけどね。

風通しの悪い部屋にカビが生えるように、風通しの悪い集団は内部に汚れがたまっていく。そういうグループは内向きになって、外に向かって広がっていく仕事はできない。なぜなら、ひとつの価値観に偏ったものしか認められなくなるからだ。関係に安心を求めては、精度の高い仕事はできない。仲がいいこと大いに結構、仲がいいならどんどん率直な意見をぶつけあって成長すればいい。

だから対話することや、あきらめず話すことはとても重要。少し勇気はいるけれど。あなたが話しかけないと何も変わらないし、我慢していたところでひずみは大きくなることはあっても解消はされない。

暗いと不平を言うよりも進んで明かりをつけましょう。

というわけで毎日エキサイティング・パな稽古をしております。今日のラスト公開稽古も楽しみだ。

初日にこの作品の誕生を祝福しに来てほしいわ。

公演情報はこちら
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/52229735.html

ご予約はこちら。
http://www.quartet-online.net/ticket/moribetsu2013?m=0achddf

黒澤世莉です。またまた台風が来ています。今度は27号と28号が合体しているそうです。もう少年漫画のファンだとしか思えません。誰がプロットを書いているのでしょうか。伊豆大島にも大きな被害を出しましたし、本当にいい加減にしてほしいです。

image

自然災害を憂慮する雑司が谷警備隊を尻目に、今日は食べ物のことを書きます。

02
食べ物を食べるときに、ながら食べはやめようと思いました。急に思いましたね。ファミレスやファストフードやコンビニが多いので、ていうかほとんどそういうのなので、味わって食べる必要を軽視してたんですけどね、それは違うだろうと。向かい合って食べようよ食べ物はと。突然思ったんですね。写真はよく食べるガストのモーニング、フレンチトースト。割と美味しくドリンクバー付き399円。お世話になってます。

20
近所の「風雲児」のつけそば。美味しいんだけど21時閉店で滅多に行けない。大盛無料だけどいつも普通。私は大盛無料に損した気分になるタイプの人間です。

29
セブン-イレブンのあんまん。あんまんはこれがダントツ。巨人優勝セール30円引きありがとう。ご褒美だとハーゲンダッツをよく食べるのですが、そんな贅沢しちゃいけないと思いつつ、タバコも酒もギャンブルもやらないんだからそれくらいいか、と思いましたよ。

2946
王子に出来た「ヒカリ」というネパールカレー屋。ユマ・ミーナ以来ひさびさにまともなカレー屋が出来ました。しょうえいのならびです。

食べ物と向い合う時間にスマフォも台本も見ないと、ごはんが美味しくなります。そのうえ、アタマが整理されます。騙されたと思ってやてみて下さい。

image
「草枕」のカレー、ナスチキン4番がマイ定番。西の「宝石」東の「草枕」です、みなさんぜひお立ち寄り下さい。

さて冷え込んできましたね秋も深まってきましたねということで、靴下を重ね履き、はらまきを装着し冷え込むスタジオでも万全だぜと思って家を出て、カーディガンとえりまきを忘れたことに気付く黒澤世莉です。結果防御力低下中。

56
雑司が谷警備隊も冬装備です。

時間堂「森の別の場所」稽古も絶賛追い込み中ですよ。昨日は公開稽古でしたね。すげえたくさんのご来場者にお越し頂いてありがとうでしたよ。ほんとにありがたい。ありがたい感想もたくさんいただく。それは褒め言葉じゃなくて、いやもちろん褒め言葉もうれしいんですけど、たとえばモノの扱い方だったり、気になるポイントを上げてもらったら、そこを改善できるからね。ありがたいです。また来てね。

昨日一番安心したことは、休憩込みの上演時間が3時間を切ったことです。これより長くなることはないだろう。

47
菅野貴夫(左)と直江里美(右)のシーンですね。ビスケットモグモグおいしいなー、みたいなシーンに見えるからも知れませんが、殺伐としたシーンです。てかまあ、殺伐とした演劇です。殺伐とするの好きなんです。殺伐としてて笑えるといいなーと思います。

35
はればれとした中谷弥生(左)とヒザイミズキ(右)ですね。このシーンはほんとに晴ればれとしてるんじゃないですかね、他の登場人物はどうだかわかりませんが。この二人はわりかしすっきりするシーンだと思います。巣鴨教会での稽古でしたね。ここはいいところです。ほんとに。

51
王子小劇場で、イラストレーター使用研修をやったので、仮フライヤーを二種類作ってみました。さて、あなたならどっちを選ぶかな。

演出のことをね、いろいろと書きたいと思っているんですよ。思っていることがすべて出来たら人生は味気ないんだろうね。毎日やり残したことに後ろ髪引かれながら、上手に忘れて生きています。そういう感覚はこの作品にも埋め込まれているんじゃないかと思います。上手くいかなさを味わうような。

時間堂「森の別の場所」公演情報はこちらからだよ。いろんな割引もあるからごらんよ。とくに名前に森が入っているひとはチャンスだよ。
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/52229735.html

ご予約はこちらからだよ。クリックしたっていいよ。
http://www.quartet-online.net/ticket/moribetsu2013?m=0achddf

来るたび来るたび今度のは最強だって言われても飽きてくるよと思っている黒澤世莉ですがみなさんほんと油断しないで備えあれば憂いなしですから。

image

巣鴨教会ですね。なにかとお世話になっています。

image

御会式の季節なのねえ。雑司が谷の風物詩です。町中で練習しているいなせな若い衆がたくさんいます。明日の夜からだから、晴れるといいけど。

image

御会式を前に雑司が谷警備隊も訓練に余年がありません。

image

こっちみんな。

image

トックリオアトットリー

上げた上げたと思ってすっかり忘れてた、ていうかまさか自分のBlogに上げてないなんて裏切られた気持ちにさえなっている黒澤世莉ですが、情報公開から10日も経ってから満を持してのアップとなります。待った甲斐があるかって、そりゃ、あれですよ、なんか、いいことだってありますよ。ほら、全国的に台風でPCとかスマホ弄んでる人が多いじゃないですか今日明日とか、そういう日を狙っれたんれすよ、待ってたんですよ、きっと。iPadならね。

そろそろまじめにやります。以下公演情報
****

チケット発売中
ご予約はこちら
130831_jknd_mbb_A4_omote_n_ol

シリーズ発掘01
森の別の場所

作:リリアン・ヘルマン
演出・翻訳:黒澤世莉

街中が知っている「疑惑」の家族、騙しあいの一夜。

戦争後、商売で成功した富豪として森の中に住むハバード家。
夏の音楽会の夜、森の外からの来訪者によって家族内の危ういバランスが崩されていく。
誰が嘘をつき、誰が裏切り、誰がうまく出し抜くのか。
決着は翌朝、誰の思いもよらない形でやってくる。

南北戦争後の南部アメリカを舞台としたリリアン・ヘルマンの骨太かつ滑稽な家族劇を、黒澤世莉が鮮烈に新訳、時間堂の軽やかな演技体で走り抜く。

時間堂の新シリーズ[発掘]、始動。
すべての事実はその聖書に書いてある。

2013年11月1日(金)〜11日(月)【東京】シアター風姿花伝
2013年11月30日(土)〜12月1日(日)【大阪】in→dependent theatre 1st


■出演
鈴木浩司 Koji SUZUKI
菅野貴夫 Takao KANNO
直江里美 Satomi NAOE
ヒザイミズキ Mizuki HIZAI
阿波屋鮎美 Ayumi AWAYA
長瀬みなみ Minami NAGASE
松井美宣 Minori MATSUI(以上、時間堂)

盒驚匣函Tomoya TAKAHASHI
中谷弥生 Yayoi NAKATANI
西本泰輔 Taisuke NISHIMOTO
早川毅 Takeshi HAYAKAWA
原田紀行 Noriyuki HARADA

130831_jknd_mbb_A4_ura_n_ol

【タイムテーブル、チケット情報はつづきをチェック】
続きを読む

大阪2日目の朝、黒澤世莉です。おはようございます。10月10日なのに暑いです。なんなんですか。一番最後の写真はサービスショットになってますので見逃さないでね。
28

では食べたものを貼っていきましょう。
04
大阪といえばこれ、餃子の王将です。ご存知ですか、大阪の王将は餃子が200円、東京より20円安いのです。東京は大阪より10%も餃子が高いということです。なんということでしょうか。
後ろのガールズは、ワークショップ参加者のみなさん&長瀬みなみですね。再会も初対面も、嬉しいものですね。

32
今食べたモーニングです。通天閣の下にあるその名も喫茶通天閣。380円。大阪は朝早くからモーニングやってる喫茶店が多くて嬉しいですね。

41
シャカリキカレー。結構美味しかったよ。食べログではいまいち評価っぽいけども。大阪はインディアンカレーとか福島上等カレーとか、甘口コクある系が多い感じがするけど、こちらはさらさらスパイシー系でした。わたしはこういうほうが好きです。
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27075245/

今回どっかでカレー宝石行きたいなあ。行けるかなあ。

08
堂島のジュンク堂は、演劇書籍がすげー充実してましたね。気になる二冊を激写。
びっくりしたのは快快のDVDがやたら売ってたこと。すげーなー、置くジュンク堂も置かれる快快も。

26
その充実っぷりは堀奈津美ことなっちゃんの写真集が置かれていることからも分かる。モデルは相内P。

38
新世界は秋の空ですよ。台風心配してたけど避けてくれてサンキュー、ま、きのうはずぶ濡れだったけどそれは忘れる。

今日はイベント目白押しだよ、タイトルは間違えだね。
まず時間堂「森の別の場所」前売開始10:00だよ。
BUY1GET1という超お得チケットをゲットするには今しかないよ、売り切れるからね。実質1,600円のチケットだよ。このマンガを読むんだ、そしたら分かるさ。

ご予約はこちらからだよ
http://www.quartet-online.net/ticket/moribetsu2013?m=0achddf

b1g1comic1
b1g1comic2

そして19:00からはシアターバー時間堂オーサカだよ。映像上映を見ながら黒澤世莉と長瀬みなみと少人数でまったり喋ろうよっていうイベントだよ。時間があったらおいでよ、待ってます。インディペンデントシアター1st 3階でやってるよ。
http://jikando.com

13
サービスショットは長瀬みなみの寝顔でした。こわいね。

大阪に到着→台風きてないじゃーん→ラジウム温泉で朝湯→大雨→ずぶ濡れ→ピーカン、黒澤世莉です。
image


相内さんと長瀬みなみと、大阪でプロモーション活動をしております。たくさん足を運んでもらえるといいな。

image

宇宙的な車。大阪はこれがスタンダードです。

image

これから19:00にスペシャルワークショップ、明日は19:00からシアターバー時間堂オーサカ、どちらもご予約、飛び入り、お待ちしてます。
http://jikando.com/nextstage/350-jtc25pre.html

↑このページのトップヘ