ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

July 2013

18
黒澤世莉は利賀村で活動をしているようです。利賀演劇人コンクール2013黒澤世莉グループ「桜の園」仕込み二日目の模様をお届けします。公演会場は岩舞台、野外劇場で、昨日は大雨に降られたってはなしでしたね。

0615 起床。くもり。
0830 朝食。mtg
0900 スタッフチームは岩舞台仕込みと、下山して買い出し。このあたりから晴れはじめる
0930 俳優チーム稽古。
1100 俳優チーム、岩舞台稽古。暑い

25

1300 昼食。mtg。スタッフチームに舞台を渡して、俳優チームは休憩。
1500 俳優チーム、舞台稽古。暑いので休憩をこまめに取りつつ1800まで
1800 一部入浴
1830 夕食

46

1900 スタッフチームは照明づくり。俳優はゲネプロに向けてスタンバイ
2045 スタンバイ完了、全員集合。雨の影響で追いついてない部分はあるけど、まあつつがなく
2100 ゲネプロ。上演規定時間内で一安心
2200 転換場当たり
2300 俳優解放。明かり作り

58

2345 作業終了
2430 俳優チーム振り返り
2530 就寝

SCOTの公開稽古で大音量の「海ゆかば」とかが聞こえてくる、愉快な稽古でしたよ。
そして晴れというのは雨に劣らず体力を奪うものだとしりました。野外劇場、奥が深い。
そしてスタッフチームはマジ大変。ほんと、お疲れ様です。ありがとうございます。
寝る前に夜空を見上げたのが本当に綺麗で、利賀村に来てよかったです。

19
宿舎にはカエルくんもいるよ。

30黒澤世莉は富山県の利賀村という、霧深い山の奥に茅葺屋根の民家が連なる、まさに日本の原風景といった趣深い山の上に来ていて、それはなぜかというと「利賀演劇人コンクール2013」というコンクールに黒澤世莉グループとして「桜の園」をひっさげて出場するためなんだね。

コンクールのリンクはこちら。
http://togaconcour.tumblr.com/

28 July 2013 Sun
52
深夜 白石蔵王で、宮城県高校演劇連盟リーダー研修会を終え、車で利賀村移動。白鳥さん運転お疲れ様でした。去年「ローザ」ツアーで移動したときは、仙台から大阪まで行ったなあ、と思うとさほど遠くも思わず。いや遠かったよ、遠かったけど。福島と新潟で花火を発見。夏やねえ。

29 July 2013 Mon
06:45 起床。雨。ロビーで岩舞台で上演した演出家さんとお近づきになり、お話を伺う
08:30 朝食。以後食事ごとmtg

01
09:00 かっぱを着て、本部集合。リフトシアターから資材を搬入し、岩舞台のガイダンスをうける。大雨の中、すこし舞台稽古。スタッフチームは仕込み。あまりの雨にトランス状態になる。
11:00 俳優チームは宿舎で稽古
13:00 昼食
15:00 舞台稽古。大雨の中シーンをつくる
17:00 入浴、書類チェック
18:30 夕食
19:35 リフトシアターへ移動、雨ようやく上がる
20:00 島貴之グループ「紙風船」観劇。時間堂「月並みなはなし」[2010]に出演してくれた金子久美が出てる。ひさびさの再会を喜ぶ
22:00 岩舞台で稽古。雨が降っていないと台詞が聞き取りやすいことに驚愕
23:00 俳優チーム作業終了。スタッフチームもまもなく作業終了
23:30 入浴、mtg
25:00 就寝

舞台監督照明兼務の黒太さんは、今年のコンクールに2作品関わっている。彼は、先に終わった村井グループ「マクベス」の搬入の時に、利賀村に雨を連れてきて、雨を連れて東京に帰り、再び我々とともに雨を連れてきたそうだ。
いわく「黒太が来ると雨が降る」
雨の中稽古するのは、猛烈に楽しいけど、前代未聞の体力消費ですね。全員最後まで、怪我なく病気せず、元気にいきたいものです。

7/30の天気予報はくもりときどき雨、降水量はずいぶん少なそう。降るなとは言わないから、しめる程度にしてほしいです、山の神様。。。

あ、そうじて楽しいですよ。リーダー研修会のことも書きたいですが、ひとまずここまで。

40ソフトフォーカス長瀬みなみ、80年代アイドルっぽいでしょ。でも加工してないんだよ。あのね、大雨でスマフォのカメラに水が入り、何を撮ってもソフトフォーカスになります。ロモっぽくていいよね、いや困る。1日にたっても乾かない。。。

黒澤世莉は仙台にいます。高校生演劇部リーダー合宿に行くためです。みんなにいっぱい刺激を受けて、利賀への加速にしますよ。

21最終稽古の打ち上げ。みんなへんだね。

で、今日の本題はこれだ。

http://www.npo- pavlic.org/

【無料ワークショップだよ】
PAVLIC主催で、ふつうのかたを対象にしたワークショップの展覧会みたいなことをやります。わたくしもプログラム開発に携わっております。楽しいよ。この機会に演劇ワークショップの面白さを味わっていただけたらなーと思います。

あ、もちろん演劇人も大歓迎ですよっ。さあ続きを読むんだっ。


続きを読む

黒澤世莉です。参議院選挙も終わり、書きたいことは色々ありますが、なかなかまとまった時間がとれないのでひとつだけ。投票率を上げること、が日本社会の大きな課題だなって思います。誰に投票するかとかポピュリストがどうとか保守はああだとか、それ以前の問題だわ。議会制民主主義という、他の政治システムより大分マシな国家のしくみを、文字通り血を流して獲得してきた先輩たちに顔向け出来ない。恥ずかしいわ。

jtc23pic_ending120608ローザが見たらなんて言うだろうか。

日々としては、利賀演劇人コンクール2013黒澤世莉チーム「桜の園」の稽古をしつつ、仙台高校演劇部リーダー合宿の準備をしつつ、時間堂次回公演の準備をしつつ、朋あり遠方より来たる日々です。

15フィンランドからユハさんとアキさんだよー。

45右から、たまたま福岡からきた高崎さんと、たまたま札幌から来た小室さんととワカナさん、王子のヒゲども

はいはいはい、告知の時間だよー来月8月121314大阪に行くよーワークショップやるよー。これをお知らせします。これの準備をしてます。3日間みっちりでやりますよ。東京は10日間はこちら。
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/52211891.html

暑い中暑く演劇やって、串カツ食べましょう。

以下転載
****

演技 : 短期集中クラス[大阪][2013年8月]
http://jikando.com/workshop/335-osakaws201308.html

昨夏はじめて大阪に登場した時間堂ワークショップ「演技:オープンクラス」、今年は内容をさらに充実させた3日間バージョンでお届けします。お盆の暑い盛りに、3日連続でがっつり時間堂の演劇に浸ってみませんか。オープンクラスの内容を発展させ、時間をかけて言葉に縛られない技術を深めていきます。
時間堂ワークショップは初めて、という方も大歓迎!
あなたも「すごい、ふつうの演劇。ふつうの、すごい演劇」を体感してみませんか?

=====
演技 : 短期集中クラス[大阪]


●日程
2013年8月12日(月)~14日(水)
昼コース 14:00〜17:00 × 3コマ
夜コース 19:00〜22:00 × 3コマ

●定員 各コース12名(先着順)

●参加費
1コース(3コマ)7,500円
2コース(6コマ)12,000円
※原則として、昼夜いずれかのコースを3日間連続で参加できる方を募集いたします。
やむを得ず1〜2コマのみの受講を希望される場合は、1コマ3,000円です。

【リピーター割、U-23割】
お申し込みの際、備考として「割引」をご明記ください。
・リピーター割:時間堂WSもしくは「おやつの時間堂」に参加経験のある方
・U-23割:23歳以下の方
[受講料]
1コース(3コマ)6,000円
2コース(6コマ)10,000円




●概要
俳優に必要な能力ってなんでしょう。「大きな声ではっきり喋る」「台詞を歌うように伝える」「切れ味のいい身体で舞台を駆け巡る」そういうことが必要な場合は、お勧めしません。

時間堂では「そこに居て、目の前の相手ときちんと関わる」ことが俳優の基本だと考えています。頭で考えることや、どう台詞を言うか、なんてことはその次の事。そんなの当たり前のことでしょうか。当たり前のことをしっかりやるというのは、なかなか難しいことです。

このクラスでは、オープンクラスで行われていることをベースに、テキストから自由になる技術を深めます。身体と呼吸を意識しつつその場に存在し、共演者との魅力的な関係をつくることを、3日間かけて探って行きます。時間堂が公演までに行う稽古を圧縮し、ほぼ同じ過程を辿ることになります。
とっても疲れますけど、怖くないですよ。楽しい演劇の時間がモットーです。

※「時間堂がワークショップをやる理由」も、ぜひご一読ください。

〜東京開催時の参加者の声〜
・普段やらないことをする(意識してない部分を意識させる)というか、他ではあまりやってないことをしてると思うので、貴重なワークショップだなと思います。
・自分のこれからの課題を明確に知ることができました。正直であること、呼吸をするということ、今まで生きてきて染み付いた習慣、癖がいかに大きいか。
・ 毎回のワークショップで自分の課題が明確になり失敗を恐れずに試せる場所でした。課題が明確になるのは、毎回やったあとにみんなの感想を聞いてくれて、問題点やそれに対してのアドバイスを世莉さんが具体的に言ってくれ、それをみんなで共有できたからだと思います。
・今までWSでやったことを整理して、身体に叩きこむことにゆっくり時間が取れたのが良かった。

●講師 黒澤世莉
演出家。佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞受賞。スタニスラフスキーとサンフォードマイズナーを学ぶ。新国立劇場演劇研修所や円演劇研究所などで、指導者としても活動。

●参加要項
・年齢・性別・国籍不問ただし日本語での会話に不自由のない方
※本クラスは、原則として3コマ参加できる方を対象とします。
※やむを得ず遅刻、欠席を希望される方は、備考にお書き添え下さい。定員に余裕がありましたらご参加いただけます。

●会場
in→dependent theatre 2nd
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目7-22 インディペンデントシアター2nd
大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1A出口 右手(北)5分

●応募方法
下記をご記入の上、[E-mail]にて、件名を「大阪WS応募」としてお申し込み下さい。
【1】参加コース(昼・夜・両方)【2】お名前(ふりがな)【3】年齢【4】性別【5】電話番号【6】メールアドレス【7】住所【8】備考
*割引、遅刻欠席、所属劇団、事務所、最近の舞台出演等
*2009年以降に時間堂WSにご参加の方は【1】【2】と変更箇所のみお願いします 。

※大阪府外からご参加される方は、必要でしたら宿泊についてもご相談ください。

[E-mail] info@jikando.com

◆お申し込み後、4日以上経過しても返信がない場合、通信事故が考えられますので、お手数ですがお電話にてお問合せください。
◆携帯メールからお申し込みのお客様は、「 info@jikando.com 」からのメールを受信できるよう、設定してください。

●企画/運営 時間堂

黒澤世莉です。ここ数日は暑さも一段落で、さすが扇風機を買うと同時に不要になるガッカリ感に人生の妙味を感じております。いいんだ、どうせすぐ暑くなるんだから、扇風機は必要なんだ。

59

扇風機といえば、蚊に効くらしいですよ。
http://gigazine.net/news/20130717-low-tech-mosquito-deterrent/
蚊の飛行能力は時速1.5マイル(約2.4キロメートル)とかなり低いため、大きな扇風機で風を起こせば蚊はあまり寄りつかなくなるとのこと。

ね、いいよね。寝てる間に扇風機かけっぱなしにしておくと、自分が死んじゃうからアレだけど。

で、夏は選挙ですよ。ほら、7月21日は参議院選挙だよ。
http://mirai.mainichi.jp/
おしゃれな選挙サイト「未来をつくろう」。

「はぁ、選挙? だりぃよバカ」

うんうん分かるよそうだよね、選挙ダルいよね私バカよねおバカさんよね。でも今夜は帰らない帰りたくない。いや選挙の話だ。

行こう。彼氏彼女がいたらそいつも行かせよう。家族も選挙権持ってるひとは全員行かせよう。誰に投票するかは問題じゃない。投票するってことが大事。

えーだってさ、かっこ悪いじゃん。200年前の先輩たちが死ぬ気で、ていうか割と死んで、死にながら手に入れた権利をさ、200年後の私たちがまったくムダにしてだせえ国造りしたら、マジかっこ悪い。いじめくらいかっこ悪い。

54雑司が谷警備隊のみなさんも「もちろん投票する」と仰っております。

あと、アイスもらえるよ。

http://benjerry-senkyo.jp/
ベン&ジェリーズ 選挙に行ってアイスをもらおう!
アイスクリームを選ぶように注意深く、アイスクリームを選ぶように前のめりで、日本の未来を選びましょう。Ben & Jerry's *このキャンぺーンは特定の政党や候補者を支援するものではありません。


私チョコミントがいいなー。

44利賀村に行ってきたよ。利賀演劇人コンクール2013に参加するからね。とってもいいところでした。

14この3人で「桜の園」をやるよ。とかいうことより、24時間で997キロ往復したことが楽しかったね。この頃には4人ともへろへろでした。どれくらい
へろへろかというと、

58こんな感じでした。でも選挙は行きますよ。だからさ、お前らも選挙行けよな。




22黒澤世莉です。暑いです。猛暑です。洗濯物が乾く前に私が乾き切ります。熱中症に気をつけて、こまめな水分補給を忘れずに。私は冷房機器というものを、冷房はおろか扇風機さえ持ちあわせていませんが、生き延びることは出来るのでしょうか。

01さてそんな暑い夏をより熱くする演劇しませんか。時間堂の基本を10日間に凝縮したワークショップを開催しますよ。スケジュールの都合もあって、年に1回くらいしかできないので、この機会にご参加下さい。スケジュールが空いている俳優さん、夏休みに何かを得たい学生さん、夏なら休める全国のみなさま、どうぞお待ちしています。

あ、稽古場は冷房かけますのでご安心下さい。

以下こっから転載
http://jikando.com/workshop/330-201308wscon.html


演技:集中クラス[2013年8月]

全10回の演技:集中クラス。
30時間みっしり濃密に、時間堂おなじみの「演技:オープンクラス」でやっていることをベースに、テキストを使い、言葉に縛られない技術を深めていきます。
時間堂ワークショップは初めて、という方も大歓迎!
「それっぽい事」ではないアプローチの仕方をお探しの方、「オープンクラス」での内容がどう繋がっていくのか体感したい方、お待ちしております!
=====

演技:集中クラス
●日程 2013年8月
16日(金)18:30~21:30
17日(土)18:30~21:30
18日(日)18:30~21:30
20日(火)18:30~21:30
21日(水)13:30~16:30
22日(木)18:30~21:30
26日(月)18:30~21:30
27日(火)18:30~21:30
28日(水)18:30~21:30
29日(木)18:30~21:30
※21日(水)のみ13時30分〜16時30分、他は全て18時30分〜21時30分

●定員 12名(先着順)

●参加費
30,000円/10回 ※原則として全回参加できる方

【リピーター割、U-23割】
お申し込みの際、備考として「割引」をご明記ください。
・リピーター割:時間堂WS参加経験のある方
・U-23割:23歳以下の方
[受講料]
30,000円→27,000円の割引価格でご参加いただけます。

●概要
俳優に必要な能力ってなんでしょう。「大きな声ではっきり喋る」「台詞を歌うように伝える」「切れ味のいい身体で舞台を駆け巡る」そういうことが必要な場合は、お勧めしません。

時間堂では「そこに居て、目の前の相手ときちんと関わる」ことが俳優の基本だと考えています。頭で考えることや、どう台詞を言うか、なんてことはその次の事。そんなの当たり前のことでしょうか。当たり前のことをしっかりやるというのは、なかなか難しいことです。

このクラスでは、オープンクラスで行われていることをベースに、テキストから自由になる技術を深めます。身体と呼吸を意識しつつその場に存在し、共演者との魅力的な関係をつくることを、30時間かけて探って行きます。時間堂が公演までに行う稽古を圧縮し、ほぼ同じ過程を辿ることになります。
とっても疲れますけど、怖くないですよ。楽しい演劇の時間がモットーです。

※「時間堂がワークショップをやる理由」も、ぜひご一読ください。

〜去年の参加者の声〜
・普段やらないことをする(意識してない部分を意識させる)というか、他ではあまりやってないことをしてると思うので、貴重なワークショップだなと思います。
・自分のこれからの課題を明確に知ることができました。正直であること、呼吸をするということ、今まで生きてきて染み付いた習慣、癖がいかに大きいか。
・ 毎回のワークショップで自分の課題が明確になり失敗を恐れずに試せる場所でした。課題が明確になるのは、毎回やったあとにみんなの感想を聞いてくれて、問題点やそれに対してのアドバイスを世莉さんが具体的に言ってくれ、それをみんなで共有できたからだと思います。
・今までWSでやったことを整理して、身体に叩きこむことにゆっくり時間が取れたのが良かった。

●講師 黒澤世莉
演出家。佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞受賞。スタニスラフスキーとサンフォードマイズナーを学ぶ。新国立劇場演劇研修所や円演劇研究所などで、指導者としても活動。

●参加要項
・職業俳優としての意識のある方
・年齢・性別・国籍不問ただし日本語での会話に不自由のない方
※本クラスは、原則として全回参加できる方を対象とします。
※やむを得ず遅刻、欠席を希望される方は、備考にお書き添え下さい。定員に余裕がありましたらご参加いただけます。

●会場 
豊島区、新宿区内施設(参加される方にお知らせいたします)

●応募方法
下記をご記入の上、[E-mail]にて、件名を「集中WS応募」としてお申し込み下さい。
【1】お名前(ふりがな)【2】年齢【3】性別【4】電話番号【5】メールアドレス【6】住所【7】備考 *割引、遅刻欠席、所属劇団、事務所、最近の舞台出演等
*2009年以降に時間堂WSにご参加の方は【1】と変更箇所のみお願いします 。

[E-mail] info@jikando.com

◆お申し込み後、4日以上経過しても返信がない場合、通信事故が考えられますので、お手数ですがお電話にてお問合せください。
◆携帯メールからお申し込みのお客様は、「 info@jikando.com 」からのメールを受信できるよう、設定してください。

●企画/運営 時間堂

40まってるよっ

黒澤世莉です。梅雨ですねえ。雨ですねえ。でもそろそろ明けるんじゃないかって予感がします。

01
間違い探し (A)オーディション用台本をホチキスで止めてたら、ガルボが挟まったの図

時間堂次回公演のオーディション絶賛開催中です。時間堂は劇団員公演でもない限り、毎回オーディションを開催してます。でまあ、そのへんのことをつらつら書きます。それほど読みやすく書ける気もしないので、気の向いた方だけ読んで下さい。

まず2013年7月にオーディションしてます。いまは2次選考が終わって、最終選考がもうすぐ、てところ。ここ最近の時間堂でのオーディションは

1次 書類選考 無料

2次 ワークショップオーディション 3時間 15人前後 受講料1,000円

3次 ワークショップオーディション 8時間 15人前後 無料

みたいな感じでやってます。

オーディションなんでやんのか、ていうと「開かれた劇団」ていう劇団哲学があるからです。

作家さんには「オーディションでは良い人が来ないからオファーだけにする」とかいう人もいますけど、私はそうは思わないです。いまの時間堂劇団員も、全員初めての出会いはオーディションでした。それは雨森スウ鈴木浩司菅野貴夫から、直江里美ヒザイミズキ、阿波屋鮎美長瀬みなみみんなそうです。大森晴香はプロデューサーだからそういうんじゃなかったけどね。

まだ私達の知らない、素晴らしい俳優さんが世界にはいるはずで、そういう人とのチャンネルを閉じるのはすごく勿体無いと思います。

あと、何度も挑戦してくれる人がいるのも実はとても嬉しく思っています。そういう人が何度目かの挑戦で出演して下さるのも嬉しいです。オーディションでもそうだし、ワークショップや、行っている演劇学校の卒業生とかが来るのはとても嬉しいです。ていうか、もっと来たらいいのに、て思います。うちに魅力がないなら来なくていいけど、出たいなら待たずに門を叩けばいいのに。門はつねにそこにある、叩けよさらば開かれん。

まあ何が言いたいのかって、私の目が黒いうちは時間堂はこれからもオーディションを開催しますので、興味があったらどんどん来てくださいってことです。除く劇団員公演、ですが。
オファーのほうが作品が良くなる、みたいな思い込みをこの世から殲滅しようじゃないですか。

ちょっと話は変わって。




この高野しのぶさんのツイートをみて、そりゃもっともだよなあ、と思いつつ、でもなかなかそうも出来ないよねえ、とも思っています。
小劇場の悪癖として「チケットノルマ」ていう制度があって、これは主に出演者が公演に出る際、あらかじめ決められた枚数のチケットを買い取って、その枚数が売れなければ自分で売上を負担するっていうやつです。たとえば3,000円の公演で30枚のノルマがあって、20枚売れたら、10枚分3万円を負担するってことですね。

私は若いころ、ていうか今でもですけど、このルールが唾棄すべきものだと思っていて、時間堂では1回もやったことないんですが、いまだにやってる劇団は多いです。よそに口出しする問題でもないけど、こういうのはなんか、俳優も仕事って気持ちを生むにはマイナスの効力しかない気がする。

でまあ、オーディション料金については、言われてみりゃ最もだとも思いつつ、企業面接か学校受験かの違いかなー、とか思ってます。仕事の面接に金は払わないわな。でも受験には金払うわな。演劇が仕事だとしたら金払わない方が普通か。こういう慣例にのっとってる事象は、たまに見なおしたほうがいいので、考える切っ掛けをくれたしのぶさんに感謝します。

さて、じゃあ次の時間堂オーディションは無料でやるかっていうと、そこは難しい問題になります。劇団運営はどこも金銭的に厳しいでしょうし、オーディションにはそれなりに経費がかかります。公演予算で賄えよというご意見は最もですが、その公演予算が赤字になってるので、オーディションは赤字にしたくない、ていうのが本音です。理屈としては、ワークショップ部分を充実さているから納得してほしいとは思っているのですが、それも「オーディションだけしてくれりゃいい」て意見には弱いですよね。ま、ただ台詞渡して喋らせるオーディションより、ワークショップを通して見えることが多いので、わざわざそういう形にしてるんですが。

あと、ある程度本気の人を見分けるフィルターにはなってると思うんですよね。でもまあ、これも予想の範囲ですが。次は無料にしてどれくらい来るのか実験してみてもいいかもです。

乱筆乱文失礼しました。

07
海とニューサマー

黒澤世莉と時間堂は、今日利賀村演出助手募集、明日ファン感謝デー、7月オープンワークショップ、8月集中ワークショップ、と情報目白押しです。興味があったら
時間堂web
http://jikando.com/
やフェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/Jikando
をチェックだ。

黒澤世莉です、夏ですね。次回公演オーディションがはじましました。今の劇団員との出会いのような、素晴らしい時間を過ごしています。
image


さて、
【今週は時間堂ウイーク】
ておはなし。

オーディション真っ最中ですが、他にも様々なイベントを開催します。7月3日、4日はワークショップ、5日はファン感謝デー。詳しくはWebをチェックしてください
http://jikando.com

個人的には「テヘランでロリータを読む日本人報告会」をやるので、がんばります。


image

スペシャルイベント開催決定
時間堂2013夏のファン感謝デー

時間堂では、日頃の感謝の気持ちを込めて、ファン感謝デーを開催いたします。

王子スタジオ1を一日カフェとしてオープン。劇団員一同、心をこめて皆様をおもてなしします。
劇団員の隠れた特技炸裂のスペシャルイベントもご用意しております。
途中入退場OK、飛び入り参加もだいたいOKのゆるゆる企画です。

…あ、事前にご予約いただけるとやる気が出るので予約していただけたら嬉しいです。その際こんなことやってとか、要望を出すと叶ってしまうかも。

たくさんのご参加、お待ちしています!!!

■日時:7月5日(金)12:30〜22:00
■会場:王子スタジオ1 北区王子2−30−5
■入場無料 *お買い物、スペシャルイベントには料金がかかります

■劇団員滞在時間
黒澤世莉 ALL
菅野貴夫 ALL
直江里美 ALL
大森晴香 ALL
雨森スウ 12:30~14:00
阿波屋鮎美 16:00~22:00
鈴木浩司 ?
ヒザイミズキ ?
長瀬みなみ ?

■常設イベント
・時間堂カフェ&ショップ
・ビールバスターズ東京支部大会
・時間堂フリーマーケット
・時間堂相談室
カフェではソフトドリンクとお酒、ショップでは好評の時間堂グッズをご用意。ビールバスターズは、敵であるビールをできるだけ消費する戦い、要するに飲み会。フリマはフリマですね、いろいろ持ってきます。相談室は、劇団員に相談したいことを聞くやつです。演劇関係の真面目なことからプライベートな相談まで、なんでも承りますが役に立つかどうかは不明。
カフェには劇団員が必ずいて、おもてなしさせていただきます。ていってもお話したりするだけですけども。

■スペシャルイベント
12:30~14:00 雨森スウの「浴衣着付け講座」♪
14:00,15:00,16:00 大森晴香の「フロアバレエ入門」♪
16:00~18:00 阿波屋鮎美の「ハンドケア講座」♪
20:00~22:00 黒澤世莉の「テヘランでロリータを読む日本人」報告会
♪予約制ですが、飛び入り参加もOKです
※劇団員によるスペシャルイベントです。その他、楽しいイベントが勃発するかも!?

■スペシャルイベント参加費:各投げ銭
※黒澤世莉テヘラン行きをご支援くださった方は、報告会では投げ銭ご遠慮いたします。
※着付け講座をご希望の方は、
ご自分の浴衣と帯、着付けに必要なもの(腰ひも二本、伊達じめ一本)、フェイスタオル一枚、浴衣のしたに着る浴衣スリップ、または肌襦袢と腰巻き、をあるかたはお持ちください。
ないかたはこちらで浴衣と帯、腰ひもなどお貸しします。
浴衣を着たまま帰るなら下駄もお忘れなく!
※フロアバレエ講座をご希望の方は、汗をかきますのでタオルや着替えをお持ち下さい。

■参加申し込み
お名前と参加したいスペシャルイベントをご明記の上、メールにてお申し込みください。
info@jikando.com

↑このページのトップヘ