ハンサム部ブログ

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

February 2011

黒澤世莉です。時間堂公式web/blogでも公表されていますが、個人ブログでもお知らせいたします。

****

2011年2月25日付
時間堂 次回公演 演目変更のおしらせ

時間堂では2011年3月30日より、池袋のシアターKASSAIにて谷賢一 新作「歌え! カチューシャ 暁の歌」の上演を予定していましたが、上演作品を三好十郎 作「廃墟」に変更いたします。

時間堂では、台本の読み込み、それをもとにしたディスカッションなど、稽古に充分な時間をかけて、作品の品質を向上させるよう努めています。今回の新作上演にあたって、台本の創作が難航したため、やむなく演目変更の決定をいたしました。

演目変更に伴い、出演予定だった加藤素子氏、吉田能氏には、大変残念ながら降板していただくことになりました。

谷氏の脚本、加藤氏と吉田氏の出演を楽しみにしておられましたみなさまには申し訳ありません。心よりお詫び申し上げます。

「廃墟」は1947年初出で、「猿の図」「その人を知らず」「胎内」と続く、戦後四部作と称されている作品群の最初の一本となります。敗戦直後の東京で、焼け跡の洋間を舞台に、闇に手を出さない父を中心として家族を描く、どっしりとした対話劇です。手ごわい戯曲ですが、重厚な物語を、時間堂ならではの、軽やかな鋭い演技で見せる、ストレートな演劇をお届けします。
三好十郎の世界観が持つ、正しい答えは無い、しかし懸命に探すことはやめてはいけないという、その哲学や姿に深く共感しています。みなさんに劇場で体感していただければ幸いです。

どうぞご期待ください。

時間堂 黒澤世莉

元気です。燃えてます。

食欲と睡眠欲が旺盛で、めったなことでは変わらないんだけど、ここ何日かはちょっと食べられなかったり眠れなかったりします。身体は正直ね。すぐ元に戻ると思います。

20110221
朝から王子。
夜打ち合わせ。

20110220
重要事項決定。
朝、王子。印刷。
時間堂合唱WS、稽古というか話し合い
夜打ち合わせ、飲み会、電話

20110219
朝、目黒区八雲中央図書館
とっても良い図書館。
昼、趣向稽古。酒巻さんが面白かった。
リコの台本を読むと涙を堪えるのに大変。悲しいシーンじゃないのに。
夜、図書館、三軒茶屋で打ち合わせ。果報一つ。わーい。

20110218
朝、雨。都電で移動。王子で印刷。移動して渋谷、打ち合わせ。もう晴れた。
その後、辻村優子一人芝居「極楽」場当たり、ゲネなど、演出をスーパーにバイズする。結局スーパーバイザーってなんだかわかんなかった。そいで、初日。無事幕を開ける。評判も良いようで何よりだね。小屋うちののち、後藤さんモスクワカヌと油そばを食べて帰る。後藤さんスーパー作曲家で、出会えたのは辻子のおかげで、辻子の企画はなんていうか、すごいなあと思ったよ。

20110217
朝、アゴラ5階で、アゴラWS研のプロジェクトのお試しWS三回目。お手伝いいただいた皆様、ありがとー。菱田屋で振り返り、やっぱ菱田屋好き。大急ぎで辻村優子一人芝居「極楽」稽古場へ移動。演出をスーパーにバイズ。ようするに好きなこと言って帰る。

夜、横浜に移動。野毛山の満月は動物園のにおいがした。野毛山下のKIKUYAで、最近出会った中ではあたりのカレーを食べる。
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14004143/
豚バラは重かったので次は野菜にしよう。
はじめてのげシャーレに行って、岡崎藝術座を観劇。すぐにすぐに渋谷に戻って、「極楽」小屋を出る間際に間に合う。その後、打ち合わせ。

週の頭は円演劇研究所34期専攻科の卒業公演「海からくる馬」を見たり、磯貝と久々喋ったりした。みなさん、卒業おめでとうございます。

0203_jkd_ukau_omote-1


演出家として去年8本かな、作品にかかわらせてもらったんですけど、時間堂の公演は7本ぶり、1年ぶりなんだよねえ。劇団員の鈴木浩司とやるのが一年ぶりなんだと思ってびっくりした。

晩ごはんにたとえるなら、ハンバーグにエビフライ付けてデザートにチーズケーキとバニラアイスもつけるよ、みたいな、お誕生会くらいどっさり満腹になるような、演劇をやります。いまは、2時間がっちり重厚な物語を演劇したいの。

ご予約は2月26日(土)10:00から、こちら。
https://ticket.corich.jp/apply/25644/002/

一枚買ったら一枚無料の、Buy1Get1キャンペーン、前回好評だったので今回もやります。3月5日までだから忘れないでねっ。

2ヵ月後の今頃はもう公演終わって一息ついてるころ。そんときに、アレやっときゃ良かった、コレやっときゃ良かった、みたいに言わずにいるために、今、やれることをやりますよ。

****

時間堂
シアターKASSAI提携公演
『歌え! カチューシャ 暁の歌』
脚本 谷賢一
演出 黒澤世莉
2011.03.30(WED)〜04.10(SUN)

時間堂1年振りの本公演は、音楽劇!
楽しい演劇の時間が始まります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
夏と秋の境目は、いつも曖昧に、ゆっくり、滲むようにしてやってきます。その、ゆるやかな変わり様を、私はいつも、好いていました。でも、あの夏は、大正十二年のあの夏は、子供らの蝉追いかけた青葉の森も、サッシに揺れた赤い風鈴も、アイスクリンの登り旗も、ぐらあぐらあと地面が揺れて、気がつけば炎の海に沈んでいました。あの大地震。

校庭には、焼け残った一台の足踏みオルガンだけが、ありました。

蝉も鳴かない、鈴虫も鳴かない奇妙な季節に、私たちは、歌をうたうことにしたのです。

■出演
鈴木浩司
菅野貴夫
浅井浩介
小川あつし
小田さやか
加藤素子
酒巻誉洋
猿田モンキー
高島玲
武井翔子
百花亜希
吉田能

■日程
30日(水)19:30
31日(木)19:30▲
1日(金)19:30▲
2日(土)14:00 / 18:30
3日(日)14:00
4日(月)休演日
5日(火)19:30▲
6日(水)14:30 / 19:30▲
7日(木)19:30
8日(金)19:30
9日(土)14:00 / 18:30
10日(日)14:00

*▲の日程は「ポストパフォーマンストーク(PPT)」があります。
*開場は開演の30分前、全席自由席

■チケット
発売2月26日(土)10:00〜
前売/予約・当日:3000円
学生:1900円(要予約・当日受付にて学生証の提示をお願いいたします)

■BUY 1 GET 1■やります!
3月5日(土)までにご予約(要振込み)でご購入頂いたお客様には、チケットもう1枚プレゼント!ご家族・ご友人と楽しい時間をお過ごしください。(対象公演日:30、31、1、2、3日
各回10組まで)

■会場
シアターKASSAI
東京都豊島区東池袋1-45-2
03-5944-9227

■お申込み
https://ticket.corich.jp/apply/25644/002/
ご来場心よりお待ちしております。

↑このページのトップヘ