ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

May 2010

黒澤世莉の毎月演出シリーズ6月はキコですよ。
盟友、小栗剛の新作を演出します。
愛弟子、もと時間堂のサキヒナタが出る4人芝居だよ。

今度の作品は、ドストレートプレイ、ておぐりんは言う。
彼の作品は、痛みの中に笑いがたくさんあって、そこが好きです。

血と清算の物語を、熱くロマンチックに叩きつける感じになるよ。
わたし、少人数の作品で外したことないです。お楽しみに。

ご予約はこちらから
http://ticket.corich.jp/apply/20251/006/

qui-co.(キコ)企画公演
『カナリアの心臓』
2010.6.11(fri)〜14(mon)
@神楽坂die pratze
脚本:小栗剛(qui-co.)
演出:黒澤世莉(時間堂)

■出演
北川昇吾(スターダス・21)
サキヒナタ
堀奈津美(DULL-COLORED POP)
小栗剛

■日程
11日(金)19:00
12日(土)14:00/19:00
13日(日)14:00/18:00
14日(月)18:00
*全席自由席
開場は開演の30分前です。

■会場
神楽坂die pratze
(新宿区西五軒町2-12
03-3235-7990(火曜定休)
03-3235-2248(公演期間のみ))
東西線、神楽坂駅1番出口より徒歩6分。

■チケット
前売:2500円
当日:2800円
5月15日(土)チケット発売開始!

■お申込み
http://ticket.corich.jp/apply/20251/006/
info@qui-co.net
09065215230
お名前・人数・観劇希望日をご連絡下さい。

■CoRich公演情報
キコ qui-co.「カナリアの心臓」
[PC]http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=20251
[携帯]http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_id=20251
よろしければ、「観たい!」「観てきた!」のクチコミをお願いいたします。

■ものがたり
―――現代。
北関東の古びた町にて。

今年も真新しい夏が近づき、
鬼怒川に架かる小さな鉄の橋の上では
薄着の子供たちがレモン色のアイスキャンディに誇らしげに噛みついている。
それは何の変哲もない日々。

弟の日常は父親の死によって終わった。
火葬場の煙。10年ぶりに帰ってきた兄。うどんを作る妹。
もう二度と会えないと思っていた、あの娘。
カナリアのさえずりが聴こえたら、
愛と憎しみの記憶の冒険が始まる。
大切な心臓を守るための重喜劇ドラマ・プレイ。

時間堂で脚本と演出で出演までしちゃった「池袋から日暮里まで」
で参加させていただいた「15 minutes made volume 8」が無事終演したよ。

関係者のみんな、ご来場のみなさま、さんきゅーさんきゅーでした。

ひさびさに俳優やると、大変ね、俳優って。って思ったよ。
若い人達とたくさんであえて、とても楽しかったよ。

今日はお昼、公園でお弁当を食べました。良い季節になりやがって、季節の野郎やりやがったな。うれしいです。これからキコ企画公演の顔合わせ。明日は10回の集中ワークショップ。5月も働くぞー。

今日18:00の公演で、ひさびさの俳優もおしまいです。

いやあ、俳優、大変。マジ大変。
一日に昼夜公演するのとか、体力的にあり得ないし。お客さまの前に立つのとか超緊張するし。台詞とか覚えられないし。いやもう、日ごろ自分が俳優にどれだけ大変なことを要求しているのか、経験しました。演出家せりが俳優せりを観たらブッ殺してると思います。

でまー、ずいぶん必死だったけど、もっと楽しもうと思います。

もともと俳優がやりたくて演劇をはじめたわけだし、
演出の方が向いてるなと思って転向して、
何の因果かまた俳優をやる機会があって、
せっかくのありがたい時間を満喫したいと思います。

金子久美とガチで共演できることとか、
たくさんのお客さまが来てくださることとか、
そういうことをね。

いやしかし、主催のフィクションズ、ほんと腰が低くて善人すぎる。
社会の荒波を乗り越えていけるのか不安にかられる人の良さ。
しかしまあ「実るほど頭のたれる稲穂かな」つー言葉もあるし、
いいと思います。

ついったーやってるひとは公演ハッシュタグ #15mm8 観てくだされ。
近隣のオススメお店情報をのせてるよ。「すずめや」とか「すずりや」とか
「チャオカリー」とか「500円うな丼」とか。
http://twitter.com/#search?q=%2315mm8

本日13:00も18:00も当日券出るみたいなので、連休真ん中の過ごし方を考えてたら、池袋シアターグリーンで時間堂の短編演劇でも見ておくれよ。そいじゃ、良い連休を。

****
時間堂 次回参加公演
「15 Minutes Made Volume8」

チケットご予約
info@jikando.com 宛メールまたは 070-6659-3841 まで
題名を「チケット予約」として日時、お名前、枚数をお知らせください。

* 時間堂は、黒澤世莉の書下ろし15分短編演劇「池袋から日暮里まで」を、他の5団体とともに上演します。
上演台本を公演最終日まで公開しております。
http://blog.livedoor.jp/handsomebu/archives/51828020.html

脚本/演出/出演 黒澤世莉

出演
金子久美(aji)
大川翔子(劇団競泳水着)
高橋浩利

●参加団体
時間堂、TOKYO PLAYERS COLLECTION、国道五十八号戦線、PLAT-formance、劇団芋屋、Mrs.fictions

●日程
2010年
4月 29日(木・祝)19:00〜
4月 30日(金)14:00〜★/19:00〜
5月 1日(土)14:00〜/19:00〜
5月 2日(日)13:00〜/18:00〜

前売2,500円 当日3,000円(全席自由・日時指定)

※★印の回では平日昼割引(500円割引)を実施致します。この会のチケット料金は前売2,000円、当日2,500円となります。
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前からとなります。
※開演5分前までにご来場頂けない場合、キャンセル扱いとなる場合がございます。
※当日券については下記電話番号までお問い合わせください。
※終演後、「おわりの会」を行います。

●会場
池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATER アクセス
東京都豊島区南池袋2-20-4(JR池袋駅東口より徒歩約6分)

↑このページのトップヘ