ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

February 2010

また宣伝かよとお思いでしょうね。それでもクリックしてくれたあなたに、愛を込めて。

今よりすこし未来。月を目指すひとたちの、葛藤と選択の物語。

「380,000キロの恋人たち、選ばれるのは一人」

第7回杉並演劇祭 参加作品
後援 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

時間堂
『月並みなはなし』

●脚本/演出 黒澤 世莉

●場所
座・高円寺2
2010年3月11日(木)〜3月14日(日)

●出演
鈴木 浩司
菅野 貴夫

大川 翔子
園田 裕樹
高島 玲
百花 亜希
金子 久美
木内 コギト
原田 優理子

●日程
3月
11日(木)19:30★
12日(金)19:30★
13日(土)13:00★◎/18:00★
14日(日)13:00
★ポストパフォーマンストーク
◎託児サービス

●チケット
3,300円 前売 / 当日
1,800円 杉並割引 / 学生割引(座・高円寺のある杉並区にお住まい又はお勤めの方と、学生の方は、1,800円)
全席指定

●ワークインプログレス
→作品の創作過程を一般に公開する、発表会のような場です。お気軽にどうぞ。
2月23日(火)、26日(金)、28日(日)、3月2日(火) 全日19:00 王子スタジオ1
入場無料、要予約

●ご予約
http://ticket.corich.jp/apply/16352/001/

●詳細
時間堂
ブログ携帯OK

冬のサミット2009『演劇公演の宣伝について考えるラウンドテーブル』に参加してきたよ。tsudaったので、まとめてみたよ。

『演劇公演の宣伝について考えるラウンドテーブル』まとめ
http://togetter.com/li/7104

『演劇公演の宣伝について考えるラウンドテーブル』ってなにさ、というのはこちら。
http://www.agora-summit.com/2009w/ws_senden.html
めまぐるしく変化する情報環境のなかで、演劇の情報を伝えるそれぞれのメディアの役割、求められるあり方も変化してきているのではないか―。
今回の宣伝美術ワークショップでは、現在、演劇の情報流通に携わりながら、それぞれの現場で新しい試みを進めている方、そして観客の皆さんとともに「現在、そして少し先の未来に向かって、演劇情報のふさわしい流通のあり方はどんなものか」について語り合います。首都圏の小劇場という共通するフィールドに、異なる角度から取り組んでいるパネラーと、当日の参加者で行う、1日限りのブレインストーミング。参加者それぞれの立場で持ち帰れるような、また、まったく新しい試みにつながるアイディアを生み出すような、創造的な作戦会議にしたいと思います。是非ご参加ください。


****
twitterばっかやっててブログはサッパリご無沙汰だよ。
http://twitter.com/serikurosawa

でも、この会は面白かったし、情報は共有したほうが世の中と演劇の役に立ちそうなので、書いておきます。

こういう会は、もちろん会そのものも良いのだけど、終わった後の話が面白いんだよなー。特に、超共感出来る意見が他人の口からバンバン出てくるような場ってすごい貴重で、なんだろ。元気になりました。

↑このページのトップヘ