ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

January 2009

みなさまのおかげで、「ソヴァージュばあさん / 月並みなはなし」は、昨日無事終演しました。ご来場くださったみなさま、ご声援くださったみなさま、ありがとうございまーす。

とくに月並みチームにけが人が出なくて良かったです。
思い起こせばいろいろな思い出のある公演となりましたが、一番印象深いのは、中屋敷法仁という演劇人と、同じ企画の演出家という形で関われたことです。

演劇に対する考え方、知識、姿勢、行動力。勉強になりました。私が彼を好きだなと思ったところは、自分が喋る時間より出演者にやらせる時間が長いってとこです。喋るの好きな演出家が多いけど、演出家は喋ることより喋らせることの方が大事なんじゃないすかね。

気が向いたら他にもなんか書きますが、とにかく、演劇は観に来てくれた人がいないと成立しないので、ほんとうに、ご来場いただいたあなたに、ありがとうございました、です。

「ソヴァージュばあさん」出演者の上野さんと酒巻さんという俳優さんがいるんだけど、この2人がダイアローグというエクササイズをしていると、無責任で中身のない発言が立て板に水とばかりに流れていくさまを観て、

ああ、このひとたちはぺらぺらだなあ、と思いました。
ゆかいな2人です。大好きですよ。

でまあ、インターネッツていうんですかね。ブログとかミクシーとか。
こいつが生まれてから、まあ世間にはぺらぺらな文章が増えましたね。
弊ブログを筆頭に、まあ読む必要のない駄文が多いこと多いこと。楽しい文章はぺらぺらでもいいんですけどねえ。なんか、苦しくて寂しくてセンチメンタルジャーニー系の文章は、ぺらぺらだと読んでるこっちが苦しくなります。

個人の痛みを娯楽に昇華するのは、なかなか難しいもので、たんに「さびしいよお」っつうのをダダ流すのは意味ない気がしますな。「さびしいよお」が解消されるどころか、よけいに増幅されるだけですから。

ごはんにたとえると、まずい居酒屋のめしをいくら食べてもおなかいっぱいにならないけど、美味しい手作りのごはんは少量でも満腹感あるみたいな。

だから、さびしさをぶつけるブログなりミクシーなりを書くなら、娯楽にしてやるぞぐらいの気合いをもって臨んだ方が、「さびしいよお」を効率的に解消できると思います。なにしろ読んだひとの反応とか、あなたを見る目が変わりますよ。ぺらぺらでうっとうしいヤツから、素敵文章を書くナイスガイまたはレディになります。

そうするとぺらぺらな日記的なものも減って、苦しむ読者も減って、みんなハッピーじゃないですかね。まそれ以前にインタネッツやっても時間の無駄だから極力やらないのが一番素敵な人生です。

黒澤世莉です。お寒うございます。
先月自己ベストを出したばっかりなんですが、あっちゅうまに次の作品です。
演出は「ソヴァージュばあさん」、「proof」と同じく谷賢一作品です。
もう一本、自分の脚本「月並みなはなし」を鬼才、中屋敷法仁が演出します。
2本立てで休憩込み100分くらい、かしら。都合がついたらいらしてください。

4x1h「ソヴァージュばあさん / 月並みなはなし」
1月23(金)~30(金) @ 新宿シアターミラクル

では、充実した2009年を。

seri kurosawa
seri@seriseri.com
070-6659-3841

****
◆公演情報◆
ご予約はこちらをクリック

【脚本 / 演出】
「ソヴァージュばあさん」 谷 賢一(DULL-COLORED POP) / 黒澤 世莉(時間堂) / 原作:ギ・ド・モーパッサン
「月並みなはなし」 黒澤 世莉(時間堂) / 中屋敷 法仁(柿喰う客)
*2作品を同時上演いたします。

【会場】
新宿シアターミラクル
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F

【タイムテーブル】
2009年1月23日(金)~30日(金)
23日(金) 20:00
24日(土) 14:00 / 19:00
25日(日) 14:00 / 19:00
26日(月) 20:00
27日(火) 14:00 / 20:00
28日(水) 20:00
29日(木) 20:00
30日(金) 14:00 / 20:00
*2作品を同時上演いたします。途中15分間の休憩を予定しております。

チケット購入
前売 / 当日 \2,500- (全席自由)
学生 \2,200-

【作品あらすじ】
「ソヴァージュばあさん」普仏戦争当時の美しいフランス北東部を背景に、一人のフランス人女性と三人のプロシャ軍人の交流を鮮やかに描く。リーディング観客投票にて2位を獲得した作品の演劇初演。
「月並みなはなし」近未来、人類が月への移民をはじめたころ。レストランでの会食の場で、移民の選から漏れたひとびとが再び得た機会とは。380,000キロの恋人達、選ばれるのはひとり。

愛とは行動である。
責任とは継続である。

愛する責任とは、行動の継続である。

愛されるのを待つことは空しい。
愛するために行動することは美しい。

愛は美しい、たとえ社会的に間違っていても。

という言葉にすると山に埋めてもらいたくなるようなことを、
言葉にせずに、言葉よりも腑に落ちるよう伝えたくて、
「ソヴァージュばあさん」という演劇を演出したよ。

本日千秋楽、14時と20時開演@新宿シアターミラクル
当日券出る模様です。観にきてね。

今日寝たら「ソヴァージュばあさん / 月並みなはなし」千秋楽だよ。

いま劇団活動が楽しいの。何年ぶりだろうね、誰かと劇団みたいな感じでうきうきするの。波あれど細く長く、こういう気持ちが続くといいなと思います。

届いてますって手紙が来てたよ。
カード止めた矢先に、若干とほほだよ。

カード止めるのとか、面倒くさいね。
再発行手数料がかかるのね。
番号変わるそうなので、自動引き落としとか、amazonとか、
再登録しないといけないのね。

自業自得とはいえ、面倒くさい。

落とした理由は、
買ったばっかりのパンツのポッケに財布を入れていたから。
浅いのね、このポッケ。気づかなかったよ。

ま、免許証とか入っているので、見つかって良かったです。
届けてくれた親切な方、さんきゅうですさんきゅうです。
日本人すごい。モラルなくなってない。いまだに世界一いいやつ。
私もお財布拾ったら届けるようにします。

****
そんな公演中なわたくしですが、30日までやってますよ。
短編二本立て。お得です。お待ちしてますー。

4x1h「ソヴァージュばあさん / 月並みなはなし」1月23(金)~30(金) @ 新宿シアターミラクル

ご予約はこちらをクリック

某団の太郎さんのmixiにおしえてもらったよ。

第53回岸田國士戯曲賞発表
http://www.hakusuisha.co.jp/kishida/award.php

いまんとこうwebのタイトルが51回になってたりするうっかりした感じですが、日本最高峰の若手新人戯曲賞です。芥川賞的な。

同世代のあのひとがんばってる。わたしもがんばろう。

年をとって、変わったこと。

すこし優しくなりました。

そのぶん、いじわるになりました。

続きを読む

ただいま上演中、4x1h「ソヴァージュばあさん/月並みなはなし」の、「ソヴァージュばあさん」の作家で、去年演出した「proof」の翻訳も手がけた、谷賢一さんのブログが良いブログなのでリンクするよ。

一応作家ということでアフタートークにも出演したのだが、すっごい微妙な空気を作り出してしまってえらい反省したり後悔したり開き直ったりしているので、釈明の意図も込めてレビューを書いておこうと思う。

PLAYNOTE
http://www.playnote.net/archives/001189.html


私も谷さんや休むに似たり。さんと同じく、コウドウとモリが横揺れするシーンが大好きです。はじめて稽古で見たときから、かわいいなあ、とうっとりしてました。

あと、ついでだからこりっち舞台芸術 「ソヴァージュばあさん / 月並みなはなし」観てきた!もリンクしとく。ご来場いただいた上ご感想まで下さる紳士淑女のみなさまに、あざーすあざーす。

興味が湧いちゃったあなた、ご予約はこちらから。3分で予約完了っすよ。

ポストパフォーマンストークで、
「自分が脚本を書いた公演の演出家と、自分が演出をした公演の脚本家と、同時に喋る」
という、的確に形容すると珍妙な日本語になってしまう、希有な経験をさせていただきましたよ。こういう、どっちの立場も実体験で経験して理解しているっつう演劇作家が増えれば、演劇界のイスラエルとパレスチナみたいな問題も解決できるさあ。

じゃ、今日も公演がんばりまっす、おもに出演者が。私は観てるだけなんで。

↑このページのトップヘ