「ハンサム部」こと旅する演出家:黒澤世莉blog

Director Seri Kuroawa's blog / 旅する演出家 黒澤世莉のblog

September 2005

16375121.jpg小さく可愛い空間。タクシーのぞき部屋とかよい。

bf806ebb.jpgひさびさを楽しむ。

きょうのセリラヂオは20:00からです。
とくにイベントはありません。


●セリラヂオ企画
「新しい出会いナイト」

16日(金)、23日(金)のセリラヂオは、20:00から営業。
「新しい出会いナイト」として、20:00から22:00まで、
予約制で知らない人たち同志が出会ってしまう、
という企画をします。

参加条件は、人の話を楽しく聞けるひとで、パートナーがいないひと。
パートナー有りのひとは、通報されちゃうのでご注意。

せりがマッチングをしますので、参加希望のメールをください。
費用は、ふつうのセリラヂオの飲食費用だけです。
13日(火)までにおねがいしますー。

ふるってご参加、おねがいします。

16日(金)、23日(金)ともに、22:00からは、通常営業のセリラヂオ、です。きてねー。

aedaac2e.jpgほぼ日刊イトイ新聞 - ほぼ日手帳2006
「ほぼ日手帳」は、
スケジュール管理のツールとしてだけでなく、
「生活をたのしむ道具」をめざして開発した手帳です。
そのために、仕事の予定だけでなく、
自由な時間をたっぷり使っていただきたいと思い、
余裕を持って書き込めるように
スケジュール欄は、「1日1ページ」、
手帳カバーは、収納スペースがたっぷりの
「たるみ手帳」にしています。
毎年、手帳には悩まされる。というか、こもはやスケジュールをどう管理するのかを考えるのが趣味となっている。ていうよりも、自堕落な性格を直す方が先なんじゃないかと思う。まあそれを言い出すと始まらないので、とりあえず性格の話はおいておく。

えーと、手帳。今年は無印の薄いA5サイズのやつ使った。必要最小限って感じで、これはこれで気に入ってる。ミニマムは美しい。去年までは、無印の文庫本サイズの手帳や、ポケット付きリングノート文庫サイズのやつを、自分で改造してスケジュール帳としてしたてあげていた。手書きが面倒という点を除けば、別に困りもしない方法だった。それ以前はフランクリン手帳とかも利用していた時期があるが、あんまり値段の割には自分にあわなかったので、その期間は短かったかな。

今年は、スコからカレンダー貰ってるからコレを持ち歩こうかなとか、演出者協会からちっこい能率手帳もらえるからそれでいいかなとか、考えていたんですが。

でました、ほぼ日手帳2006。
やっぱええなあ。
身近な人だと工藤りん(照明家)がつかってたなあ。どうなんかなあ。
買っちゃおうかなあ。どうしようかなあ。

使っているひとのご意見求めます。

f78c4cf0.jpg真っ暗でなにも見えない。

ありがとう、とてもうれしかったです。
いやダーツでは寝てしまいましたが。
そういうわけで、合コンなどもしますので、よろしくおねがいいたします。


●9月2日お誕生会スペシャルに来てくださった方。
じんぼっちゃま

詩子
ひろこ@拝島
亮さん
jun-o
むらP
CDJさとる
しほ
こもりん
音詩郎
ゆみさん
バカ修司

●もらったの
ケーキ by 葉、詩子、ひろこ
甲虫手ぬぐい by 葉
ラーメンズのCD-R by こもりん
チーズとクラッカー by 向かいのお店
じゃんがらラーメンちなみにからぼん by 亮さん
トイレットペーパーとティッシュぺーパーちなみにドラえもん柄 by 音詩郎

42499ce4.jpgおとなりからいただきました。

a65f91fc.jpgかしましいです。

fea187ec.jpg詩子と葉とぴろこから。ありがと。

2005年9月1日で29人になりました。

::セリラヂオ::
や っ て ま す 。
お誕生日スペシャル。来たひと全員に、逆プレゼントがあるよ。

2 September Open 20:00~
9 September Open


::雑記::
30人になるまでに、いまよりもっと好きなことに誠実になります。

わたくし、本日29人になりました。

去年のセリマガを読むと、
「2004年はばりばりやるとしだったので、2005年はみんなと遊ぶとしにします」
とか書いてありますが、けっきょくあんまり遊んだ記憶はないです。

理由は二つ。
ひとつは、体力がなくなったから。
もうひとつは、一人の時間が必要だから。

だれかと遊ぼうかなー、とおもっても、
ひとりでグータラするほうを選びがちです。

いままで生きてきて根本的に変わっていない特徴に、
やる気にムラがありすぎるというのがあります。

口で語る目標のために、行動を惜しんでいるつもりはありませんが、
どうしても低くへ低くへ流れがちです。

でも、明日死んじゃうかもしれないから、
もうちょっと、好きで取り組んでいることや、好きな人や、
自分の人生に対して、誠実に取り組んだ方が、ハンサムだと思います。

やりたいことだけやっていて、
適当にグータラしているのだけれども、
やるべきことはきっちりやっている。

そんなくろさわせりに、30人になるまでになる。

↑このページのトップヘ