ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

BlogPaint
けっこう面倒だった上にお金もかかった黒澤世莉です。

先日のブログで書いたとおり、スペインで悲しいお別れをしてきたキャッシュカード。でもPLUSのATMでお金がおろせて便利だったよ。。。

で、気づいたのが出国するタイミングだったので、帰国即銀行に行って、カードの停止と再発行手続きをしました。が、一筋縄では行かなかったので、情報共有。

(0)新生パワーコールに電話する
http://www.shinseibank.com/call.html#guide
そもそも同じ目にあってる方は、こちらからサクッと電話してカード止めたらいいと思います。なんなら再発行もここから出来るし無料でできます。

(1)新生銀行に行く
http://www.shinseibank.com/
ここから店舗探してください。大手銀行と違って数が少ないよ。

(2)しばらく待つ
ロビーが広いからくつろいで待てます。そのあと商談スペースへ案内されます。なんか高額な金融商品とか買いそうな雰囲気ですが、買いません。

(3)身分証明書とマイナンバーを渡す
ここで引っかかりましたね。いや海外にマイナンバーカード持っていかないし。。。というわけで渡しは翌日カードを握って出直しました。

そもそも私の場合、普通の紛失と違うケースがふたつありました。
a:住所変更の必要がある
b:投資信託総合口座を持っている

a:だけならネット上で変更可能だそうなのですが、b:の場合は郵送とマイナンバーカードが必要になるそうです。めんどい。

さらに、電話と郵送で住所変更とキャッシュカード再発行する場合、2週間かかる代わりに手数料は無料だそうです。店頭で手続きする場合、即日発行できる代わりに1,030円の手数料がかかります。

で、わたしはどちらを選択したかというと、時間をカネで買いました。キャッシュカードにあたまを悩ませる時間が2週間続くコストのほうが高く付くなと思いました。

(4)カードを受け取る
いろいろ書類書いて、30分くらい待って、カードを受け取りました。8色くらいから選べるのかな。黒にしてみました。

ちなみに、即日発行の場合でも、セキュリティの観点で、翌営業日の12時頃から利用可能になるそうです。私の場合、三連休を挟んだので、金曜日に発行しても使えるの火曜日の昼になります。oh...

というわけで、教訓。

クレジットカードはなくさないほうがいい




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

昨日のブログが盛大にアクセス数を稼いでいて憤懣やるかたない黒澤世莉です。

ご期待に応えられて何よりです。ケッ

P_20170317_205639
さて、こちらの写真をご覧ください。自転車のハンドルとネコです。

スペインに行っている間、リアディレイラーの調子が悪いので、おなじみの自転車屋さんにお預けして見てもらってたんですね。

で、ついでにハンドル交換してもらいました。こちら。

P_20170317_204720
じゃじゃーん。ブルホーンになりました。カッコイイわねえ。

リアディレイラーは、本体じゃなくてワイヤーが錆びてたそうです。減ってたブレーキシューも交換してもらって、傷んだペダルも交換してもらって、サドル位置も上げてもらって、見違えるように走りやすくなりました。

これだけやってもらって、修理費用は驚きの5,000円。手袋忘れたって言ったら手袋もくれました。

まあ、いつもこんなに出血大サービスかは分かりませんが、よく見てくださいますし、時間が早かったり遅かったりしても対応してくださいますし、ネコはいますし、わたしは好きなお店、ていうか場所、です。

地図はこちら。初見の人は絶対にたどり着けないので覚悟しておいてください。池袋ジュンク堂のカドをあずま通り商店街に入って、ラシーンズ前のうどん屋の角を入ってしばらく進むとあります。



下北沢に引越したけど、自転車屋さんはサナエさんにお世話になると思います。

さてブルホーンですが、ドロップほどではないですが、やっぱりフラットバーより快適です。オススメ、ハンドル交換。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170312_122818
無事に帰国した黒澤世莉です。

大失敗としては、スペインのATMでキャッシュカード引き取り忘れる、てのがありました。恥を忍んでことの顛末をここに記します。

経緯:帰国前日の夜、ばんごはんを食べるのにATMで20ユーロ引き出す→そのまま取り忘れる

教訓スペインのATMはキャッシュカードの戻りが遅いので、しばらく待つ

発覚:空港のバスで財布の中身を整理して「あれ?」となる。

最終日近くになっていて、旅の疲れがあったり、警戒心の緩みがあったりしたんでしょうねえ。

日本に帰ってきて速攻キャッシュカード止めましたが、すげー不便ですし再発行に時間やお金がかかります。

みなさま、キャッシュカードやクレジットカードは大事にね。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170314_095535
黒澤世莉です。順調に帰路についています。いまは北京首都国際空港。あいかわらずライブドアなど日本のサービスは使えますが、googleなど米国産のサービスはてんでつかえません。

実はものすごい大失敗をして帰ってきたのですが、それはまたゆっくりしたときに。もうすぐボーディングですからね。

さて、表題の件ですが、ずばり「カンペールの靴を買わなかったこと」です。

P_20170314_173502
95ユーロで買えて、しかも免税になって、しかもこれイルコルテイングレスなんで、10%クーポンバックされるんですよね。10%で1,000円くらい、ハムとかワインとかお菓子とか買えます。

まあほしいのは110ユーロの方なんですけど。


だいたい半額くらいですかね。

節約しなきゃ、て思って、悩んだ末買わなかったんですけど。

あー、買っときゃ良かったなー。

というわけでみなさん、スペインの靴はお買い得ですよ、てはなし。ちなみにイルコルテイングレスはサッカーのユニフォームなんかもいっぱい売ってるので、そういうの買って免税にするとけっこうお得だと思います。

では、そろそろ搭乗してきます。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
現地時刻23:22分、また誰の特になるのか分からない記事を書く黒澤世莉です。

では、さっそく行きましょう。知らない外国の町で、どうやったら現代演劇を観られるでしょうか。

(0)インターネットで調べる
でもこれけっこうハードル高いんですよね。。。結局あんまりうまくいかなかった、というか今回はネットが決め手ではなかったので、他の機会で紹介します。

ちなみに、奥の手に友達に聞く、SNSで聞く、てのがあるんですが、それだけに頼るより、自力で工夫するのも楽しいよ。

image
(1)ツーリストインフォメーションに行く
私はマドリードについてすぐ、アトーチャ駅とソフィア王妃芸術センターの間にあるとこに行きました。ていうか、そこにあった。
なんか扉が閉まってて、やってんのかやってないのか分からないけど、ノックするなり「オラ!」て声かければ開けてくれます。

そこで「2つお願いがあって、町の地図がほしい。あと、演劇が観たいので、情報がほしい」て言う。多分英語が通じる、はず。そうるすと、地図と「esMADRIDmagazine」ていう、文化情報が乗ってるフリーペーパーをくれる。

これがポイント。昔のぴあみたいに、文化情報たいがい載ってる、なんならレストラン情報まで乗ってる。これが一番、頼りになった。

(2)ESCENARIOSの情報を読む
ちゃんと英語で「ON STAGE」て出てるから安心して。
ストレートプレーからコメディ、ミュージカルからライオンキングまであります。わたしはここで「LAS BICICLETAS SON PARA EL VERANO」を選びました。

なんでかっていうと、読んだことあったからです。


こちらの「自転車は夏のために」ですね。

image
(3)google mapで調べる
これはもう簡単です。グーグル先生に「Fernand Gomez. Centro Cultural de la Villa」て聞けば出てくる。

わたしは宿から歩いて20分くらいで、空港へ行くバス停も調べたかったので、歩いていきましたけど、プラド美術館からも10分くらいじゃないかなー。駅も近いし、アクセスしやすいいい立地だと思います。

で、肝心の内容ですが、とても良かったです。1時間45分、まったく退屈せずに観られました。スペインの現代演劇やばいっす。

実は前日にターブラでフラメンコも観てたんですけど、これも良かったです。でも良さは全然対局。フラメンコは情熱的で放埒。現代劇は抑えが効いていて構造的。

いや、実はどっちも「他者とのコミュニケーションの量」が半端じゃないん、なんだとは思ったので、そこは共通してます。

演出も良かったですが、細かく書くともう寝ちゃうのでおやすみなさい。

詳しくはまた今度。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
現在現地時間3月13日23:41、スペイン滞在中、マラガからマドリードに移動した黒澤世莉です。

マラガっていうかフエンギロラっていうか、で、いままでは友だちのお家に泊まってました。マドリードに移動したらとたんにお金かかる。まあ当たり前ですね。

と、言っても一泊16ユーロなんですけど。日本円に直すと2,000円くらいですかね。シングルルームでは難しいかと思います。ドミトリー(大部屋)だからいける価格ですね。

AirBnBも考えたんですけど、ドミの方が安い、ということに気づいてしまいました。あと、長期滞在ならいざしらず、2泊しかしない、しかも最終日は朝空港に移動、みたいな場合は、街のど真ん中にあるホステルがいいかな、て思った。

宿泊先はこちらです。

image
Room007 Ventura Hostel
http://www.room007.com/

でも、探したのはこちらからです。

Booking.comhttps://www.booking.com/

他にも良さそうなところはあったんですが以下の条件にそぐったのがここでした。

・プラド美術館、ソフィア王妃芸術センターなどの美術館に近い
・アトーチャ駅に近い
・Wi-Fiがある
・一泊20ユーロ程度

結果としては、20ユーロよりだいぶ抑えられたので、良かったです。もうちょっと安くも出来たんですが、8ベッドルームよりは、シャワーやトイレが使いやすいだろうし、窓があるらしい6ベッドルームにしました。一泊1ユーロくらいしか変わんなかったから。

キャンペーンが色々変わるので、こだわり条件をしっかり決めて、じっくり探してみてください。

いまのところ、不便はないです。あとなにしろ便利なとこにあるので便利です(何も言ってない)。Wi-Fiがホテルのロビー以外では上手くつながらない疑惑がありますが、他は概ね満足。

なにしろ32.4ユーロでマドリードのソル駅近くで2泊出来たら、大概のことには目が瞑れますよ。

さらに、この下のリンクから予約すると、1,800円クーポンが貰えるらしいです。よかったらご利用ください。
https://www.booking.com/s/seri0073




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170311_083110
はじめて出会った黒澤世莉です。

そもそも果物に興味ないんですよね。お菓子はチョコレートやアーモンドやチーズなど、くどいものがいい。豆とか乳とか。

スペインのスペシャルだということでいただいてみました。でも果物でしょ? そんな好きじゃないと思うよ?

結果。

スゲー美味しいのでまた食べたいです。

ちょっとググってみたよ。

チェリモヤ Cherimoya:果物ナビ
http://www.kudamononavi.com/zukan/cherimoya.htm
チェリモヤは、パイナップル、マンゴスチンとともに世界三大美果といわれている果物です。


いや、知らないし。世界三大美果って。

まあでも、書いてある通りで、ねっとりとしていて甘みがあって、でも後味爽やかで美味しかったです。書いてあることを読むと南米のひとらしいですが、スペインでもふつーに売ってます。

あ、ちなみに私がスペインていってるのは、アンダルシアのフエンギロラあたりのことなので、マドリーとかバルセロナはまた違うかもしれません。

さて、そんなチリモヤさん、日本では手にはいらないんですよね。

ってそんなことなかった。


Amazonすげえな。なんでも買えるな。でもやっぱ高えな。

スペインでは果物はなんでも安いです。りんご120円、いちご500円です。一キロで。

果物好きはスペインへ移住だね。

ちなみに、他にも乳製品、肉類、パン、オリーブオイル類、ワインはめっちゃ安いです。自炊する分にはほんとお金かからないね。

あとコーヒーも安い。カフェでカフェラテ(スペイン語ではカフェ・コン・レチェ)頼んでも200円くらい。へたすりゃ150円。ちゃんと美味しい。

まあ、たとえば外食とか、ものによっちゃ高いものもあるのでなんでも安いってわけでもないかもだけど。だいたいのものは日本より安いと思って間違いないんじゃないかなあ。すくなくともアンダルシア方面はそうです。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

2017年3月11日土曜日22:30スペイン時間の黒澤世莉です。

リーガエスパニョーラの、マラガ対アラベスの試合を観てきました。チケットの予約が苦戦したので、共有。わたしはこうした、て話なので、うまくいくかどうかは分からない。がんばってね。

(1)viagogoにアクセスする
40
http://www.viagogo.jp/

正確には「マラガFCで検索して出てきた」です。
オフィシャルでは一向に予約できなかったチケットが、このサイトでは一発で予約できた。しかも試合当日の10:00。しかも13ユーロ割引で。

ただし、手数料が12ユーロくらいかかってるから、実際の値段はあんまり変わらない。それでも、2枚で59.77ユーロ、一人30ユーロ弱で予約できたんだから、いいんじゃないかしら。

viagogoの良かったところ
・日本語でおk
・JCB使える


イマイチなところ
・なんか、急かされる

(2)マラガ駅に行く
renfeで行くんです。セルカニアスならセントロまで行ったらいいけど、マリア・サンブラーノからでもバスで行ける。

(3)バスか徒歩でスタジアムに行く
エスタディオ・ラ・ロサレーダまでは、2、17、20のバスが行きます。運転手さんに「エスタディオ・ラ・ロサレーダ」てカタカナで言えば教えてくれるし、試合開始時間の近くだったら、ユニフォーム来て歩いてるひと
P_20170311_172226
についていけば迷わないと思う。

バス代1.3ユーロ。安い。

川沿いを歩いて30分なので、帰りは歩いたほうが早いかなと思います。なんで、行きもなんなら歩ける、という話で。

オフィシャルショップで、ユニフォームが「一着買うともう一着ついてくるよ!」て言われて心動いたんだけど(2着もいらねえよ)てなっちゃって買わなかったです。ただし、一回中に入っちゃうと、中ではグッズは売ってないので気をつけて。

(4)試合を楽しむ
P_20170311_193438
エスタディオ・ラ・ロサレーダは、こじんまりとしていていいスタジアムでした。

結果は、スタジアムの95%が地元サポーターで、相手が10人になり、ポゼッションで圧倒するマラガが、2-1で負けました。サッカーって怖いね。

P_20170311_201608
ロスタイムで勝ち越し点を決めて大喜びのアラベスのみなさま。

アラベスは去年まで2部にいたけど、今年はクラブの歴史上初めてコパ・デル・レイの決勝まで進んだチーム。ぜんぜんそれらしさは無かったけど、少ないカウンターのチャンスからきっちり決めきるあたり今年は持ってるんだろうな、て思いました。決勝がんばってね。

マラガは、途中まではいいんだけど決定力不足で、集中を欠いた守備で失点する、ていう、どこかの国の代表チームのような愛すべきチームでした。

なんていうか、スタジアムものどかで、子どもとお父さんが一緒に応援していて子どもがかわいいとか、いいなー、て思いました。

というわけで、海外旅行に行ったら地元のサッカーの試合を観るのはおすすめです。テヘランに続きマラガからのお知らせでした。次はどの街で観るかなあ。ボスニアとかいいなあ。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170310_093900_vHDR_Auto
滞在してるのはどっちかっつうとフエンギロラの黒澤世莉です。昨日はミハスっつったけど、住所はミハスでも駅的にはフエンギロラ。歩いて1時間かかるけど。

今日はミハスまで行ってきたので、その行き方。

(1)フエンギロラ駅に行く
マラガ駅からrenfeでどうぞ。


(2)バスターミナルまで歩く
P_20170310_095038_vHDR_Auto

がんばってたどり着いて。

(3)バスに乗る
P_20170310_095025_vHDR_Auto
10:00のバスでも満席です。30分ごとぐらいに出てる。€1.55。めっちゃ安いよね。

(4)終点で降りる
P_20170310_102551

一個手前で降りてもいいよ。こんな看板を発見できます。40分くらいかなー。

(5)お楽しみください
P_20170310_111318
白い村と言うだけあって、白いです。

P_20170310_110843
歩いているだけでも地中海が見えて素敵です。

日本語の看板がちょいちょいあって、日本語が通じるお店もあって安心です。そういうのあんまり、という向きもあるかもしれませんが、大丈夫。基本的には文字がないところが素敵だから。

ちなみに帰り方は

(6)歩いて帰る
宿泊先によっては、山道を2時間半トレッキングして帰れます。詳しい人がいない場合はオススメしません。

たぶんバスに乗って帰るのがいいと思います。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

P_20170309_104729_BF
マラガ駅についたときの黒澤世莉です。東京を出て23時間移動の後。

さて、マラガに行くマラガに行くと行っていましたが、お友だちのうちはミハスでした。といっても観光地のミハスからは10キロくらい離れてるんですが、マラガ駅周辺ではないです。

P_20170309_134003_vHDR_Auto
こんなところに泊めていただいてます。

今日は街とビーチをお散歩しました。

P_20170309_122514_vHDR_Auto
食べ物はなんでも美味しいです。ハムもチーズもパンも干しいちじくも美味しい。

スペイン人はパンにめっちゃオリーブオイルかけて食べます。

では、スペイン時間22:50、寝ます。おやすみなさい。




____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ3/21[大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52399388.html


「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

↑このページのトップヘ