ほぼ週刊ハンサム部

Director Seri Kuroawa's blog / 演出家 黒澤世莉のブログ

[画像:c6efcf0a-s.jpg]

黒澤世莉です。縁あって埼玉県の飯能で滞在制作してます。
来るまでピンときてなかったんですが、空気が美味しく、自然が豊かで、食べ物が美味しい、いいところです。
せっかくなので、飯能のオススメスポットをみなさんにシェアしたいと思います。池袋から電車で48分で、ちょっとした観光気分が味わえます。今週末はお天気も良さそうです。飯能へおいでませ。



正直ナメてました。もっと残念な感じかと思ったら、とっても素敵な公園でした。行ったときが雨上がりだったこともあって、うっすら靄がかかったところも幻想的。開園直後は幼稚園児で入場待ちの行列が出来るほどの人気だったというのも納得です。





コシが強くて美味しいおうどん。ボリュームにびっくりするので、大食いの方にはほんとにオススメ。かけより肉がいいと思う。



飯能って林業で栄えた街だそうで、川に丸太を流すとき、河口まで食べられないので、腹持ちのいい軽食を食べた、てのが発祥らしいです。なんならごはん?くらいのボリューム。



オーナーの石黒育さんは、なんと「一休さん」「かぼちゃワイン」のアニメーション監督をされていたかたでした。いやはや、いい話を伺ったので、また別の機会に。



ご近所の方は犬のお散歩で来るくらいなので、ほんと気軽に登れます。高校生がデートしてるのかな。。。ていう気分になってました。



やっぱり喫茶店は濃厚なチーズケーキが正義でした。お姉さんがマイペースで楽しかったです。飯能のことを色々教えてくれました。織物と木材で栄えたそうです。



ガラス張りで木材で天井高いとか俺得かよ、でした。フィンランド関係の資料が充実しているので「行こう!野ウサギ」関連資料には事欠きませんが、そういうの差っ引いても、居心地のいい図書館。蔵書まで見る時間がなかったのが心残り。



美味しかった。ランチ1,080円なんだけど、東京なら1.5倍はする。食べ物はみんな2/3くらいのお値段な気がするなあ。もったいなかったのは、時間がなくて大慌てで食べてしまったこと。nuku nukuは、ゆったりした気持ちで、ゆっくりごはんを食べる場所でしたね。



市民会館からぶらっと行けるけど、「山?」てなるくらい本格的な河原。そんな日本語あるのか知らんけど。石とか投げたくなる。

というわけで、飯能オススメ情報いかがでしたでしょうか。随時更新していきますね。

2017年12月2日(土)18:00・3日(日)14:00には、日本フィンランド演劇プロジェクト「行こう!野ウサギ」の演劇公演が、飯能市市民会館で上演されます。
詳細は http://jftp.info/

私、黒澤世莉がプロデュースしてます。フィンランドのベストセラー小説を、フィンランドの演劇人クリスチャン・スメズが台本にして、フィンランドの演劇人ユハ・マケラが演出して、日本人が出演します。ドタバタコメディかつラストは謎に泣ける作品ですので、お気軽にお越しください。

託児サービスも有りますので、子育て中のご家族も、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園といっしょに足をお運びください。(こちらくわしくは市民会館にお問合わせください。電話: 042-972-3000 )

お席はまだまだたくさんありますので、こぞってお越ししくださいね。遠慮はいりませんよ!















番外編
行きたいけど行けてない編
1:une bagle
R0003236

無常のclosed。「行こう!野ウサギ」メンバーの買い占めにあってclosed、だったらしい。みんないわく「とっても美味しかった」そうです。市民会館から飯能河原に行って徒歩5分。

2:BON TEMPS
R0003225

コーヒー美味しそう、別の日に覗いたらウッドベースがちらっと見えた。時間がなくて中にはいれてないが絶対いい店。市民会館から駅に向かって徒歩10分。

野うさぎ_flyer_表small2
黒澤世莉です。

ぶっ飛んだ良い台本と、魅力的で献身的な8人の俳優と、大先輩の演劇人と、12月に演劇作品をつくります。

稽古が面白いので、公演はもっと刺激的で忘れがたい体験になるでしょう。

お楽しみに。うふふ。

10月中に演劇パスでご予約いただくと、素敵なプレゼントを差し上げます。

ご予約→飯能公演はこちら、早稲田公演はこちら

2017100301


フィンランド独立100周年記念事業
日本フィンランド演劇プロジェクト
「行こう!野ウサギ」
http://jftp.info/
以下webより

原作:アルト・パーシリンナ(日本語版「行こう!野ウサギ」めるくまーる刊)
台本:クリスチャン・スメズ
翻訳:宇井久仁子 / 黒澤世莉
演出:ユハ・マケラ / 黒澤世莉

[飯能]2017年12月2日(土)〜12月3日(日)飯能市市民会館 小ホール
[早稲田]12月20日(水)〜12月23 日(土)早稲田小劇場どらま館

●出演:
尾崎冴子(M.M.P)
菊池美里(ECHOES)
木内コギト(\かむがふ/)
小谷真一(J.CLIP)
ヒザイミズキ
松本一歩(平泳ぎ本店)

大浅絹子
野元結水

●公演日程
2017年
[飯能]12月2日(土)〜12月3日(日)飯能市市民会館 小ホール
2日(土) 18:00
3日(日) 14:00

[早稲田]12月20日(水)〜12月23 日(土)早稲田小劇場どらま館
20日(水) 19:30
21日(木) 15:0019:30
22日(金) 15:0019:30
23日(土) 15:30

*両会場とも受付開始は開演の45分前、開場は30分前

●会場
[飯能]飯能市市民会館 小ホール
〒357-0063 埼玉県飯能市飯能226-2
西武池袋線飯能駅北口国際興業バス乗り場より「湯の沢・名栗車庫・名郷・上赤沢・中藤(青石橋)・中沢・西武飯能日高」行きのいずれかに乗車し「天覧山下」徒歩3分

[早稲田]早稲田小劇場どらま館
〒169-0071 東京都新宿区戸塚町1-101
東京メトロ東西線早稲田駅3b出口徒歩5分

●チケット
10月15日(日)10:00発売

[飯能]指定席
前売・当日 2,500
学生 1,000円(要証明)

[早稲田]自由席
前売・当日 3,000
学生 1,000円(要証明)

*未就学児童のご観劇はご遠慮ください

●先行販売特典
演劇パスにて10月31日(火)までにご予約いただいた方に、スペシャルグッズをプレゼント!(お渡しはご観劇当日受付にて)

●取扱い
1.飯能市市民会館窓口(飯能公演のみ・11月4日発売)

2.ネット予約・事前決済:演劇パス
[飯能] http://engeki.jp/pass/events/detail/309
[早稲田] http://engeki.jp/pass/events/detail/317
3.ネット予約・当日精算:カルテットオンライン
[飯能] https://www.quartet-online.net/ticket/jftp17hanno
[早稲田] https://www.quartet-online.net/ticket/jftp17waseda

●お問合せ
日本フィンランド演劇プロジェクト
080-4004-3841
nousagi@jftp.info
http://jftp.jnfo

野うさぎ_flyer_裏small




R0002375

黒澤世莉です。9月のやまだのむらワークショップの模様です。

定期的にワークショップを重ねることで、主宰の二人に実感できる変化が訪れているようです。それを聞いて私も嬉しく思いました。

というわけで、今月もやまだのむらにお世話になります。「成長したいから、定期的に学ぶ場を作る」という思いが、とても素敵ですし、そういう二人に会うことも、いい出会いに繋がると思います。

お待ちしています。ワークショップで会いましょう。

「やまだのむら」WS開催 【11月】 講師:黒澤世莉
http://stage.corich.jp/bbs/43730
やまだのむら主催のWSを開催いたします。

主な目的は
1.
色々な演出家や、団体と関わる中、様々な表現、手法に触れることで、「自分の内面と向き合う」「相手役と対話する」という基礎的な部分がブレる可能性が往々に存在すると思います。WSを通じて、相手役と対話する、自分の中に生まれる感情に正直になる、という基礎であり、根幹部分を見つめ、ブレの修正を行う。

2.
演技というのは一体なんなのか、その場を生きるというのは、どういうことなのか。
「演技」というものに向き合える訓練の場として機能していく。

この二点を主軸にWSを開催いたします。
講師は、引き続き元時間堂の黒澤世莉さんをお招きしております。
野村も、山田も過去WSに参加させていただき、その内容、世莉さんの俳優の内面を見る力に感銘を受け、今回WSの講師を依頼させていただこうと思いました。

今後、テキストを使ったものなどを織り交ぜる可能性も、もちろんありますが、一旦は6~9月に実施した内容をもっと繰り返しトレーニングし、基礎的な部分を磨いたり、メンテナンスの場として開催できればと思います。

繰り返し参加することに意味がある内容だと思っております。

下記詳細になります。
お時間あえば、ぜひご参加ください。

日時
11/10(金) 18:30-21:30

定員
各回10名(先着順になります)

場所
世田谷区内
参加者へは追ってご連絡いたします。

料金
2500円/コマ

持ち物
動きやすい格好(地面に寝転がったりします)

申し込み先
act.yamada.nomura@gmail.com

こちらのアドレス宛に
件名を「WS参加希望」としていただき、
 ,名前(ふりがな)
◆’齢
 性別
ぁ〇臆担望日
ァ.瓠璽襯▲疋譽(gmailから返信を行います)
Α‥渡暖峭
Аヾ蔽韻雰侘

を記載のうえご連絡ください。
メール送信から3日以内に返信がない場合、お手数おかけしますが、再度ご連絡願います。

ご質問等ある場合も、上記のアドレスへご連絡願います。

各回10名の先着順とさせていただきます。
定員になり次第締め切らせていただきます。

定員制でございますので、
キャンセルの場合は、必ず開催日の3日前までにお願いいたします。
当日、予定が伸びて遅刻しそうな場合も1時間ほど遅刻でもかまいませんので、お越しいただければと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。


やまだのむら Profile

関東でフリーで活動している、野村亮太と山田健太郎が、一緒にお芝居をしたい人とお芝居をするための企画。

目的としては、
俳優としての自力の向上
多くの俳優、脚本家・演出家のマッチング
が主になる。

第1回公演には、
脚本家・演出家に、春陽漁介(劇団5454)と國吉咲貴(くによし組)の2名を招く。


黒澤世莉 Profile

演出家。2016年までの時間堂の劇団活動を通じ、TGR札幌劇場祭作品賞、佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞を受賞。スタニスラフスキーとサンフォードマイズナーを学び、演出家、脚本家、ファシリテーターとして活動。公共劇場との共同制作など外部演出・台本提供も多数。「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。俳優指導者としても新国立劇場演劇研修所、円演劇研究所、ENBUゼミなどで指導を歴任。

やまだのむらHP:https://yamada-nomura.jimdo.com
やまだのむら連絡先:
act.yamada.nomura@gmail.com
050-7125-9794

R0001804
黒澤世莉です。やっと梅雨明けですかね。

来月末、9月30日に、やまだのむらがまたワークショップに呼んでくれました。
基本的に、時間堂のオープンクラス、ベーシッククラスと同じ内容です。
いっしょに演劇しましょう。

【9月】やまだのむら主催ワークショップ
https://yamada-nomura.jimdo.com

ファシリテーター
黒澤世莉

主な目的
1.
色々な演出家や、団体と関わる中、様々な表現、手法に触れることで、「自分の内面と向き合う」「相手役
と対話する」という基礎的な部分がブレる可能性が往々に存在すると思います。WSを通じて、相手役と対
話する、自分の中に生まれる感情に正直になる、という基礎であり、根幹部分を見つめ、ブレの修正を行
う。
2.
演技というのは一体なんなのか、その場を生きるというのは、どういうことなのか。
「演技」というものに向き合える訓練の場として機能していく。

日時:9/30(土) 18:30-21:30
定員:各回10名(先着順になります)
場所:世田谷区(参加者へは追ってご連絡いたします。)
料金:2500円
持ち物:動きやすい格好(地面に寝転がったりします)
申し込み先:act.yamada.nomura@gmail.com

こちらのアドレス宛に
件名を「WS参加希望」としていただき、
 ,名前(ふりがな)
◆’齢
 性別
ぁ〇臆担望日
ァ.瓠璽襯▲疋譽(gmailから返信を行います)
Α‥渡暖峭
Аヾ蔽韻雰侘
を記載のうえご連絡ください。
メール送信から3日以内に返信がない場合、お手数おかけしますが、再度ご連絡願います。
各回10名の先着順とさせていただきます。複数回受講可です。

定員制でございますので、キャンセルの場合は必ず3日前までにご連絡願います。

黒澤世莉 Profile
演出家。2016年までの時間堂の劇団活動を通じ、TGR札幌劇場祭
作品賞、佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞を受賞。スタニスラフスキー
とサンフォードマイズナーを学び、演出家、脚本家、ファシリテー
ターとして活動。公共劇場との共同制作など外部演出・台本提供も
多数。「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、
俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。
俳優指導者としても新国立劇場演劇研修所、円演劇研究所、ENBU
ゼミなどで指導を歴任。

やまだのむら Profile
関東でフリーで活動している、野村亮太と山田健太郎が、一緒にお
芝居をしたい人とお芝居をするための企画。
目的としては、
俳優としての自力の向上
多くの俳優、脚本家・演出家のマッチング
が主になる。
第1回公演には、
脚本家・演出家に、春陽漁介(劇団5454)と國吉咲貴(くによし組)の
2名を招く。

やまだのむらHP:https://yamada-nomura.jimdo.com
やまだのむらtwitter:@yamada_no_mura

05
黒澤世莉です。ほぼ週刊を色んな形で無視していきたいと思っています。

真田さん堀さんには色々と関わりがありまして、読んでいただきました。演出越さんも、ト書きをばっさりカットしたなどとおっしゃっている公演で、楽しみです。

そういうわけでトークゲストをしてまいりますので、岸田國士に興味のある方、よかったら足をお運びください。十色庵です。

演劇異好会ひじてつ「秘密の代償」
https://www.facebook.com/hijitetsu.face/

期間 2017/08/25 (金) 〜 2017/08/27 (日)
劇場 十色庵
出演 坂井和美、真田真、堀りん(田上パル)、森下高志(劇団キンダースペース)
脚本 岸田國士
演出 越寛生

料金
一般    2,500円
高校生以下 2,000円(要学生証)
※前売・当日一律

タイムテーブル 8月25日(金)19:30
8月26日(土)13:00/18:00
8月27日(日)13:00/18:00

真田真と堀りんを中心に、演劇は多様であることを信じ、嗜好も目的も感動のツボも合わなくても、演劇が好きという価値観だけを頼りに何かやってみようとする集まり。
「演劇ってよくわからない」と思っている人たちにも、それとなく受け入れられるといいなと夢想しつつ稽古を重ねている。
なにより現代人を癒したいです。

岸田國士の昭和8年の作。
いま注目の劇団「(劇)ヤリナゲ」の越寛生氏を演出に迎え、各世代の役者を交えた軽妙な人間喜劇をお届けします。

R0001823
黒澤世莉です。ほぼ週刊、てなんなんでしょうね。

さて、今日はフリーでスポットのアルバイトをしてくれる方を探しています。興味があったメッセージください。TwitterでもFacebookでも。

くわしい内容を説明しますので、大丈夫そうならやってください。
https://twitter.com/serikurosawa

お仕事
  1. あるアプリをスマホにインストールする
  2. そのアプリを使って100枚~200枚スクショを撮る


こんな方にお勧め
  1. スマホをいじくるのが好き
  2. instaが好き
  3. へんなアプリを使ってみるのが好き


謝礼・期日
  1. 100円/1枚 *100枚以上
  2. 8月末納品と9月末納品の2回があります


ご連絡お待ちしておりまーす。

P_20170714_200333
黒澤世莉です。夏ですねえ。

東京でのワークショップです。やまだのむらさんが、6月7月につづいて、8月も開催してくださいます。
シンプルに舞台上に立つ、新鮮に他者と関わる。そんな技術を獲得したい方、お役に立ちます。

暑い夏を熱くしましょう。
お待ちしてます。

やまだのむらWS開催 【8月】 講師:黒澤世莉
https://yamada-nomura.jimdo.com/ws/
WS詳細
日時
8/11(金) 18:30-21:30
8/21(月) 18:30-21:30

定員
各回10名(先着順になります)

場所
世田谷区
8/11:京王井の頭線「池ノ上」駅
8/21:東急田園都市線「池尻大橋」駅

料金
2500円/コマ

持ち物
動きやすい格好(地面に寝転がったりします)

申し込み先
act.yamada.nomura@gmail.com
こちらのアドレス宛に
件名を「WS参加希望」としていただき、
 ,名前(ふりがな)
◆’齢
 性別
ぁ〇臆担望日
ァ.瓠璽襯▲疋譽(gmailから返信を行います)
Α‥渡暖峭
Аヾ蔽韻雰侘

を記載のうえご連絡ください。

メール送信から3日以内に返信がない場合、お手数おかけしますが、再度ご連絡願います。


やまだのむら主催のWSを開催いたします。
6,7月も開催しておりましたが、
実際に開催させていただき、その反応等を見て、ニーズがある内容だと実感できたため、継続的な開催を予定しております。

主な目的は変わらず、
1.
色々な演出家や、団体と関わる中、様々な表現、手法に触れることで、「自分の内面と向き合う」「相手役と対話する」という基礎的な部分がブレる可能性が往々に存在すると思います。WSを通じて、相手役と対話する、自分の中に生まれる感情に正直になる、という基礎であり、根幹部分を見つめ、ブレの修正を行う。

2.
演技というのは一体なんなのか、その場を生きるというのは、どういうことなのか。
「演技」というものに向き合える訓練の場として機能していく。

この二点を主軸にWSを開催いたします。
講師は、引き続き元時間堂の黒澤世莉さんをお招きしております。

今後、テキストを使ったものなどを織り交ぜる可能性も、もちろんありますが、一旦は6,7月に実施した内容をもっと繰り返しトレーニングし、基礎的な部分を磨いたり、メンテナンスの場として開催できればと思います。


繰り返し参加することに意味がある内容だと思っております。
8月は2回開催を予定しており、1回でもかまいませんし、2回とも参加いただいてもかまいません。

黒澤世莉 Profile
演出家。2016年までの時間堂の劇団活動を通じ、TGR札幌劇場祭作品賞、佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞を受賞。スタニスラフスキーとサンフォードマイズナーを学び、演出家、脚本家、ファシリテーターとして活動。公共劇場との共同制作など外部演出・台本提供も多数。「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。俳優指導者としても新国立劇場演劇研修所、円演劇研究所、ENBUゼミなどで指導を歴任。

P_20170530_205115
黒澤世莉です。

ひさしぶりに東京でワークショップをする運びになりました。
やまだのむらの、山田さんと野村さんが企画してくださいました。ありがたいことです。ありがとうございます。

内容は、お二人のご要望もあり、時間堂ワークショップや、大阪ワークショップでやっていることと、同じ内容です。出来れば継続して参加して、グループとしての成果を出したい、と意気込まれています。

いままで来た方も、お越しください。

初めての方も、いい機会なので、挑戦してください。

写真はやまだのむらのお二人。俳優として向上したい、という熱意に応えるため、がんばります。
お待ちしてます。

やまだのむらWS開催 【6,7月】 講師:黒澤世莉
https://yamada-nomura.jimdo.com/ws/
やまだのむら主催のWSを開催いたします。
主な目的は下記二点になります。

1.
色々な演出家や、団体と関わる中、様々な表現、手法に触れることで、「自分の内面と向き合う」「相手役と対話する」という基礎的な部分がブレる可能性が往々に存在すると思います。WSを通じて、相手役と対話する、自分の中に生まれる感情に正直になる、という基礎であり、根幹部分を見つめ、ブレの修正を行う。

2.
演技というのは一体なんなのか、その場を生きるというのは、どういうことなのか。
「演技」というものに向き合える訓練の場として機能していく。

この二点を主軸にWSを開催いたします。
今回講師に、元時間堂の黒澤世莉さんをお招きしております。
野村も、山田も過去WSに参加させていただき、その内容、世莉さんの俳優の内面を見る力に感銘を受け、今回WSの講師を依頼させていただこうと思いました。

今後月2~4回ほどの継続化を目標としており、内容等にメリットを感じ、継続的に参加する方が増えれば、どんどん内容を発展させていただこうと思っております。
また、基本に立ち返ることで、俳優自身のメンテナンスの場にもなれば、と考えています。

繰り返し参加することに意味がある内容だと思っております。

今回も4回ありますが、どれか1回でもかまいませんし、全て参加いただいてもかまいません。



各回10名の先着順とさせていただきます。
複数回受講可です。
受けた回数分、持ち帰っていただけるものがある内容になっております。

定員になり次第締め切らせていただきます。
できるだけお早めのご連絡お待ちしております。


黒澤世莉 Profile
演出家。2016年までの時間堂の劇団活動を通じ、TGR札幌劇場祭作品賞、佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞を受賞。スタニスラフスキーとサンフォードマイズナーを学び、演出家、脚本家、ファシリテーターとして活動。公共劇場との共同制作など外部演出・台本提供も多数。「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。俳優指導者としても新国立劇場演劇研修所、円演劇研究所、ENBUゼミなどで指導を歴任。

WS詳細
日時
6/16(金) 18:00-21:00
6/23(金) 18:00-21:00
7/14(金) 18:00-21:00
7/24(月) 18:00-21:00


定員
各回10名(先着順になります)

場所
成増駅近辺(参加者へは追ってご連絡いたします。)

料金
2500円/コマ

持ち物
動きやすい格好(地面に寝転がったりします)

申し込み先
act.yamada.nomura@gmail.com
こちらのアドレス宛に
件名を「WS参加希望」としていただき、
 ,名前(ふりがな)
◆’齢
 性別
ぁ〇臆担望日
ァ.瓠璽襯▲疋譽(gmailから返信を行います)
Α‥渡暖峭
Аヾ蔽韻雰侘


を記載のうえご連絡ください。
メール送信から3日以内に返信がない場合、お手数おかけしますが、再度ご連絡願います。





____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ6/10,11[京都]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52408010.html



共同演出します:世莉さんといっしょ「あまりの絆のなさに」[6/13火][大阪]

http://handsomebu.blog.jp/archives/52407482.html



「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

image
黒澤世莉です。初めて京都でワークショップをします。

6月以降、関西でのワークショップは現在予定されておりません。ご興味あったけどいつかいこうかなー、という方、この機会に起こしください。

6月の京都、暑いんだろうな、きっと。

一方関東近郊のみなさま、お待たせしました、2017年下半期には、東京でワークショップがあるかもしれません。こちらも決まったらお知らせしますね。

「シンプルに関わる」
「魅力的に居る」
「身体と呼吸を調整する」


そんなことに興味のある方、演劇で一緒に遊びましょう。お待ちしています。

https://www.facebook.com/events/1926932517518892/
はじめまして!京都で初めてワークショップを開催します。
昨年より大阪で俳優ワークショップを続けてきました。京都でも開催してほしいという声をいただき、ワークショップと6月公演の公開稽古をいたします。

今回は「はじめまして京都!特別価格」です。

今まで興味があったけどなかなか大阪まで来れなかった方、マイズナーは初めてという方もどうぞ気軽にご参加くださいませ。

★ワークショップ
■日 程
6月10日(土)13:30〜16:30 STEP1
6月11日(日)10:30〜13:30 STEP2
6月11日(日)14:00〜17:00 STEP3 ※STEP1.2受講者のみ
■定 員:15名(通しで受講の方優先)
■参加費:STEP1〜3通し 一般6,000円 学生(U-22)5,000円 :1コマ 一般2,300円 学生(U-22)1,800円 
■応募方法:タイトルを「京都WS」としてE-mailにてお申し込みください。
【1】参加希望日時 (全て/STEP1/STEP2)
【2】お名前(ふりがな)
【3】この案内を知った媒体(〇〇さんのTwitterなど)
【4】年齢【5】性別【6】電話番号【7】メールアドレス【8】住所【9】備考(演技経験、健康状態等)
 ※2016年以降、tocotoco主催WSを受講された方は、【1】【2】【3】と変更箇所のみお送りください。

★公開稽古
日 時:6月10日(土)17:00〜20:00 
場 所:京都市左京西部いきいき市民活動センター
定 員:10名 
費 用:500円(昨年10月のカゲキオーディションを受けた方は無料)
申 込:お名前を明記し右記のアドレスにメールを送ってください。 アドレス:tocotocodayo@gmail.com


■ワークショップ応募先:ws@tocotoco.biz

◆応募後、「ws@tocotoco.biz」より自動返信メールがあり参加受付となります。定員となっていた場合や、直前にご案内する事があれば「tocotocodayo@gmail.com」よりご連絡いたします。お手数ですが、両方共メール受信できるように設定お願いいたします。

■応募締切日:6月5日(月)
■会 場:京都市左京西部いきいき市民活動センター
〒606-8201 京都市左京区田中玄京町149
京阪出町柳駅徒歩7分
http://gekken.net/SW_IKIIKI/access.html


■問い合わせ先:info@tocotoco.biz (tocotocoしょうとくりぃむ はたみ)
ホームページも見てね→https://serisanto.tumblr.com/

★tocotocoしょうとくりぃむ
2013年より演劇ユニットとして大阪で活動。又、演劇ワークショップ、複数劇団が参加するミニ演劇祭「演劇動物演」の企画等をしています。
人と人が関わり合い舞台の上で生きるということ。この演劇の根本を学ぶ機会をもっと増やしたく、ワークショップの開催を続けきました。更に作品作りまでを一緒にすることで、成長し共に楽しみたいという思いで2017年6月に新ユニットで公演予定。
----------------------------------------------------------------
●黒澤世莉プロフィール
演出家。佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞受賞。札幌演劇祭TGR2014特別賞(作品賞)受賞。
スタニスラフスキーとサンフォード・マイズナーを学び、2009年に時間堂として活動を開始。2016年12月31日に劇団解散。劇団外部の演出も多数。
「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。
俳優指導者やファシリテーターとしても円演劇研究所やENBUゼミ、PAVLIC他で活動中。


主催:tocotocoしょうとくりぃむ  協力:黒澤世莉 ・ 鎌谷潤吉(僕らの陰謀)





____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ5/28日[大阪]

https://www.facebook.com/events/1646047855703739/



共同演出します:世莉さんといっしょ「あまりの絆のなさに」[6/13火][大阪]
http://handsomebu.blog.jp/archives/52407482.html



「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

1705_kageki_omote
黒澤世莉です。大阪で一日限りの公演がありますよ。

チューズデーずさんと、30分の短編を同時上演します。大阪のインディペンデントシアターがやってる「カゲキ」という企画です。お世話になります。よろしくお願いします。

大阪で何年かワークショップを続けてきて、最近は企画運営をしてくれているtocotocoしょうとくりぃむの声がけで、ずっと参加してくれてるメンバーと、せっかくだから創作しようよ、ていってはじまった企画です。

鎌谷潤吉さんが作演出をされて、わたしは共同演出で、月一回と、公演前の一週間を共に過ごします。

P_20170429_194030
「観た人の価値観がひっくり返る」ような作品にしよう、という野望で、昨年末から一年がかりで進めてきたプロジェクトです。

公演は6月13日(火)の30分2ステージだけですが、贅沢に時間を使った、いい演劇になると思います。多くの人がともに過ごす「家族」という、身近でどこにでも溢れてるけど、一つとして同じものがないものを、母娘の大喧嘩を通して描きます。

お楽しみに。

世莉さんといっしょ「あまりの絆のなさに」https://serisanto.tumblr.com/
1705_kageki_ura

公演情報

火曜日のゲキジョウ6/13(火)[30×30 pair.73]
『チューズデーず × 世莉さんといっしょ』
http://www.ka-geki.com/?cid=1

2017年6月13日(火)
●18:30〜:チューズデーず
●19:10〜:世莉さんといっしょ
●19:50〜:チューズデーず
●20:30〜:世莉さんといっしょ

予約:1,800円/当日:2,000円
(チケット1枚で連続する2本を観劇できます。)
https://www.quartet-online.net/ticket/170613?m=0fcbadb

会場:
in→dependent theatre 1st
〒556-0005
大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目12-4
(大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1B西出口 左手(南)1分)

tocotocoしょうとくりぃむプロデュース
世莉さんといっしょ
『あまりの絆のなさに』

作・演出 鎌谷潤吉
共同演出 黒澤世莉

出演
川島むー(お茶祭り企画)
和田沙織
楠 海緒
たかはしまな
藤澤賢明(虹色結社)

【演出より】企画の作・共同演出をさせていただきます、鎌谷です。
演劇をするということは、人と人との関わりを見つめるということ。
その根本的なところを改めて強く胸に抱きながら皆さんと作品づくりをしていきたいとおもいます。

協力:柳沢恵子 音羽咲夜

プロデューサー:畑見亜紀、酒井周太





____________________おしらせ____________________

黒澤世莉マイズナーテクニックによる俳優ワークショップ5/27土[大阪]

https://www.facebook.com/events/1646047855703739/



「演劇の街」下北沢に「演劇グッズ専門店」【観劇三昧下北沢店】がオープン:毎日いますよ(11:00〜20:00/水曜定休)
http://entre-news.jp/2016/12/35282.html

↑このページのトップヘ